他のバージョンの Office の詳細を確認する

使用している Office のバージョンを確認するには

  1. 既存の Office ドキュメントを開くか、任意の Office アプリケーション (Word、Excel など) を開き、新しいドキュメントを作成します (例として Word を使用します)。

  2. 次に、インストールした Office のバージョンを次のセクションの画面キャプチャと照合します。Office のバージョン情報を確認する基本的な手順は、どの Office アプリケーションを開いても同じです。

ヒント: Outlook の内容をインポートまたはエクスポートするために情報を調べている場合は、「所有している Outlook のバージョンが不明の場合」を参照してください。

Office 365 サブスクリプションでは、[ファイル] タブと、Office Backstage ビュー ([ファイル] をクリックした後に表示される画面) を使用します。[ファイル]、[アカウント] の順に選んだ後に Word で表示される情報を以下に示します。

Office 365 サブスクリプションの [ファイル] > [アカウント]

ピンクの丸の番号 1 サブスクリプション版の Office 製品を使用しているかどうか、またどの Office 製品であるかが示されます。

ピンクの丸の番号 2 完全なバージョン番号が表示されます。

ヒント: 更新プログラムをインストールするには、[更新オプション] を選びます。

ピンクの丸の番号 3 [Word のバージョン情報] をクリックした後、32 ビットと 64 ビットのどちらを実行しているかが表示されます。

[Microsoft Word のバージョン情報] ウィンドウ

ページの先頭へ

Office 2013 と Office 2016 では、[ファイル] タブと、Office Backstage ビュー ([ファイル] をクリックした後に表示される画面) を使用します。[ファイル]、[アカウント] の順に選んだ後に Word 2013 で表示される情報を以下に示します。

注: Outlook では、[ファイル]、[Office アカウント] の順にクリックします。

Word 2013 の [ファイル] > [アカウント]

ピンクの丸の番号 1 パッケージ版の Office 製品を使用しているかどうか、どの Office 製品であるか、また製品がライセンス認証されているかどうかが示されます。

ピンクの丸の番号 2 [Word のバージョン情報] をクリックした後、32 ビットと 64 ビットのどちらを実行しているかが表示されます。

Word 2013 のバージョン情報のウィンドウ

ページの先頭へ

[ファイル]、[設定]、[バージョン情報] を選択すると、Windows 10 デバイスの Office Mobile アプリに以下のように表示されます。

[Word Mobile について] ウィンドウ

ページの先頭へ

[Word] メニュー、[Word について] の順に選んだ後に Word 2016 for Mac で表示される情報を以下に示します。

[Word について] ページを表示している Word 2016 for Mac

ページの先頭へ

[Word] メニュー、[Word について] の順に選んだ後に Word for Mac 2011 で表示される情報を以下に示します。

Word for Mac 2011 で表示される [Word について] ページ

ページの先頭へ

Surface RT では、Office のバージョンは、タブレットの ARM プロセッサ用に設計された Office 2013 RT 1 つのみです。[ファイル]、[アカウント] の順に選んだ後に Word RT で表示されるバージョン情報を以下に示します。

Word RT の [ファイル]、[アカウント] ウィンドウ

ピンクの丸の番号 1 どの Office 製品であるか、また製品がライセンス認証されているかどうかが示されます。

ピンクの丸の番号 2 [Word のバージョン情報] をクリックした後、Office アプリケーションが Office スイートの一部であるかどうかが表示されます。

Word RT のバージョン情報のウィンドウ

ページの先頭へ

Office 2010 では、[ファイル] タブと、Office Backstage ビュー ([ファイル] をクリックした後に表示される画面) が導入されています。[ファイル]、[ヘルプ] の順に選択した後に Word 2010 で表示される情報を以下に示します。

Word 2010 で [ファイル]、[ヘルプ] の順にクリックした後の製品情報

ピンクの丸の番号 1 どの Office 製品であるか、製品がライセンス認証されているかどうか、また Office 製品にどのアプリケーションが含まれるかが示されます。

ピンクの丸の番号 2 完全なバージョン番号と、32 ビットと 64 ビットのどちらの Office を実行しているかが示されます。

ピンクの丸の番号 3 [バージョンと著作権の追加情報] をクリックした後に、Service Pack とライセンスの情報が表示されます。

Word 2010 のバージョン情報のウィンドウ

ページの先頭へ

Office 2007 では、タブと Microsoft Office ボタンが導入されました。 [Microsoft Office ボタン] Microsoft Office ボタン 、[Word のオプション]、[リソース] の順に選んだ後に Word 2007 で表示される情報を以下に示します。

Word 2007 の [Word のオプション] にある [リソース] のウィンドウ

ピンクの丸の番号 1 バージョン番号、完全なバージョン番号、Service Pack が示されます。

ピンクの丸の番号 2 Office アプリケーションが Office スイートの一部であるかどうか、およびライセンス情報が示されます。

注: Office 2007 には 64 ビット版は提供されませんでした。

ページの先頭へ

Office 2003 では、灰色のバー上に [ファイル]、[編集]、[表示]、[挿入]、[書式]、[ツール]、[罫線]、[ウィンドウ]、[ヘルプ] というテキスト ベースのメニューがあります。 [ヘルプ]、[Microsoft Office Word のバージョン番号] の順に選んだ後に Word 2003 で表示される情報を以下に示します。

Word 2003 の [ヘルプ] > [Microsoft Office Word のバージョン情報]

Microsoft Office Word 2003 のバージョン情報のウィンドウ

ピンクの丸の番号 1 バージョン番号、完全なバージョン番号、Service Pack が示されます。

ピンクの丸の番号 2 ライセンス情報が示されます。

注: Office 2003 には 64 ビット版は提供されませんでした。

ページの先頭へ

関連項目

Office 365 または Office 2016 を PC または Mac にダウンロードしてインストールまたは再インストールする

Office 2016、Office 2013 のインストールのトラブルシューティング

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×