他のバージョンの Office の詳細情報を探す

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ある Office のバージョンを確認します。

  1. 既存の Office ドキュメントを開くし、Word や Excel などの任意の Office アプリケーションを開くまたは (Word で使用例) 新しいドキュメントを作成します。

  2. 次に、以下のセクションで画面のキャプチャがインストールされているバージョンの Office に一致します。Office のバージョン情報を検索するための基本的な手順は、開いた Office アプリケーションに関係なく同じです。

ヒント: Outlook の内容をインポートまたはエクスポートするために情報を調べている場合は、「所有している Outlook のバージョンが不明の場合」を参照してください。

[ファイル] タブと、Office Backstage ビューを表示する内容 office 365 サブスクリプションを使用してファイルをクリックした後でします。ここでは、ファイルを選択した後は、Word でが表示 >アカウント

Office 365 サブスクリプションの [ファイル] > [アカウント]

ピンクの丸の番号 1 サブスクリプション版の Office 製品を使用しているかどうか、またどの Office 製品であるかが示されます。

ピンクの丸の番号 2 完全なバージョン番号が表示されます。

ヒント: 更新プログラムをインストールするには、[更新オプション] を選びます。

ピンクの丸の番号 3 [Word のバージョン情報] をクリックした後、32 ビットと 64 ビットのどちらを実行しているかが表示されます。

[Microsoft Word のバージョン情報] ウィンドウ

ページの先頭へ

Office 2013 および 2016ファイルを使用] タブの [Office Backstage ビューが表示した後は、ファイルをクリックします。ここではどのようなWord 2013の後に発生したファイルを選択する >アカウント

注: Outlook では、[ファイル]、[Office アカウント] の順にクリックします。

Word 2013 の [ファイル] > [アカウント]

ピンクの丸の番号 1 パッケージ版の Office 製品を使用しているかどうか、どの Office 製品であるか、また製品がライセンス認証されているかどうかが示されます。

ピンクの丸の番号 2 [Word のバージョン情報] をクリックした後、32 ビットと 64 ビットのどちらを実行しているかが表示されます。

Word 2013 のバージョン情報のウィンドウ

ページの先頭へ

[ファイル]、[設定]、[バージョン情報] を選択すると、Windows 10 デバイスの Office Mobile アプリに以下のように表示されます。

[Word Mobile について] ウィンドウ

ページの先頭へ

[Word] メニュー、[Word について] の順に選んだ後に Word 2016 for Mac で表示される情報を以下に示します。

[Word について] ページを表示している Word 2016 for Mac

ページの先頭へ

[Word] メニュー、[Word について] の順に選んだ後に Word for Mac 2011 で表示される情報を以下に示します。

Word for Mac 2011 で表示される [Word について] ページ

ページの先頭へ

Surface RT には、1 つだけのバージョンの Office タブレットの ARM プロセッサ、Office 2013 RT. の実行に用意されていますここではファイルを選択すると、Word RT のバージョン情報 >アカウント

Word RT の [ファイル]、[アカウント] ウィンドウ

ピンクの丸の番号 1 どの Office 製品であるか、また製品がライセンス認証されているかどうかが示されます。

ピンクの丸の番号 2 [Word のバージョン情報] をクリックした後、Office アプリケーションが Office スイートの一部であるかどうかが表示されます。

Word RT のバージョン情報のウィンドウ

ページの先頭へ

Office 2010 では、[ファイル] タブと、Office Backstage ビューを表示する内容ファイルをクリック後します。ここではファイルを選択すると表示 Word 2010 で >支援します。

Word 2010 で [ファイル]、[ヘルプ] の順にクリックした後の製品情報

ピンクの丸の番号 1 どの Office 製品であるか、製品がライセンス認証されているかどうか、また Office 製品にどのアプリケーションが含まれるかが示されます。

ピンクの丸の番号 2 完全なバージョン番号と、32 ビットと 64 ビットのどちらの Office を実行しているかが示されます。

ピンクの丸の番号 3 [バージョンと著作権の追加情報] をクリックした後に、Service Pack とライセンスの情報が表示されます。

Word 2010 のバージョン情報のウィンドウ

ページの先頭へ

Office 2007 では、タブと Microsoft Office ボタンが導入されました。 [Microsoft Office ボタン] Microsoft Office ボタン 、[Word のオプション]、[リソース] の順に選んだ後に Word 2007 で表示される情報を以下に示します。

Word 2007 の [Word のオプション] にある [リソース] のウィンドウ

ピンクの丸の番号 1 バージョン番号、完全なバージョン番号、Service Pack が示されます。

ピンクの丸の番号 2 Office アプリケーションが Office スイートの一部であるかどうか、およびライセンス情報が示されます。

注: Office 2007 には 64 ビット版は提供されませんでした。

ページの先頭へ

Office 2003 では、灰色のバー上に [ファイル]、[編集]、[表示]、[挿入]、[書式]、[ツール]、[罫線]、[ウィンドウ]、[ヘルプ] というテキスト ベースのメニューがあります。 [ヘルプ]、[Microsoft Office Word のバージョン番号] の順に選んだ後に Word 2003 で表示される情報を以下に示します。

Word 2003 の [ヘルプ] > [Microsoft Office Word のバージョン情報]

Microsoft Office Word 2003 のバージョン情報のウィンドウ

ピンクの丸の番号 1 バージョン番号、完全なバージョン番号、Service Pack が示されます。

ピンクの丸の番号 2 ライセンス情報が示されます。

注: Office 2003 には 64 ビット版は提供されませんでした。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

ダウンロードしインストールまたは Office 365 または PC または Mac に Office 2016 を再インストールします。

トラブルシューティング: Office 2016、Office 2013 をインストールします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×