スキップしてメイン コンテンツへ

他のアプリケーションから PowerPoint にコンテンツをインポートする

他のプログラムのコンテンツをプレゼンテーションにインポートすることができます。 これには、他の Microsoft Office プログラムで作成されたファイルや、オブジェクトのリンクと埋め込みをサポートする他のプログラムのファイルが含まれます (OLE)。

注: コンテンツは、OLE をサポートし、コンピューターにインストールされているプログラムからのみ挿入できます。 挿入できるコンテンツの種類を確認するには、[挿入] タブの [テキスト] グループで [オブジェクト] をクリックします。 [オブジェクトの挿入] ボックスには、使用できるオブジェクトの種類が一覧表示されます。

PowerPoint プレゼンテーションにコンテンツオブジェクトを挿入するには、次の2つの方法があります。

  • リンク オブジェクト    ソースファイルが変更された場合、リンクオブジェクトが更新されます。 たとえば、Excel のデータが変更された場合、Microsoft Excel のデータから作成されたリンクされたグラフが変更されます。 挿入されたオブジェクトとソースデータの間のリンクを維持するには、コンピューターまたはネットワーク上でソースファイルが利用可能である必要があります。 ソースデータセットが大規模または複雑な場合は、リンクされたオブジェクトを挿入することをお勧めします。

  • 埋め込みオブジェクト    ソースデータはプレゼンテーションに埋め込まれます。 ソースデータはプレゼンテーションファイルに含まれているため、埋め込みオブジェクトを別のコンピューターに表示することができます。 埋め込みオブジェクトの場合、通常はリンクオブジェクトよりもディスク領域が必要です。

  1. PowerPoint 以外のプログラムで、オブジェクトとして挿入する情報を選択してコピーします。

  2. PowerPoint で、オブジェクトを表示する場所をクリックします。

  3. [ホーム] タブの [クリップボード] で、[貼り付け] の下にある矢印をクリックし、[形式を選択して貼り付け] をクリックします。

    [形式を選択して貼り付け] を選ぶ

  4. [形式を選択して貼り付け] ダイアログボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • リンクオブジェクトとして情報を貼り付けるには、[リンク貼り付け] をクリックします。

    • 埋め込みオブジェクトとして情報を貼り付けるには、[貼り付け] をクリックします。 [宛先] ボックスで、名前に "object" という単語が含まれる項目をクリックします。 たとえば、Word 文書から情報をコピーした場合は、[ Microsoft Word 文書オブジェクト] をクリックします。

      注: Word 文書の一部の単語や Excel ワークシートのセルの数字など、選択範囲が非常に小さい場合は、オブジェクトとして保存する必要がないことがあります。 この場合は、[貼り付ける形式] ボックスで指定されているオプションのいずれかをクリックするか、コンテンツを直接貼り付けます。

ページの先頭へ

  1. オブジェクトを配置するスライドをクリックします。

  2. [挿入] タブの [テキスト] グループで [オブジェクト] をクリックします。

    オブジェクトを選ぶ

  3. [ファイルから作成] をクリックします。

    [ファイルから作成] をクリックする

  4. [ファイル] ボックスにファイルの名前を入力するか、[参照] をクリックして一覧から選択します。

  5. [リンク] チェックボックスをオンにします。

  6. 次のいずれかの操作を行います。

    • プレゼンテーションのコンテンツを表示するには、[アイコンで表示] チェックボックスをオフにします。

    • クリックしてオブジェクトを表示するアイコンを表示するには、[アイコンで表示] チェックボックスをオンにします。
      既定のアイコンの画像またはラベルを変更するには、[アイコンの変更] をクリックし、[アイコン] ボックスの一覧から目的のアイコンをクリックします。 必要に応じて、[図表番号] ボックスにラベルを入力することができます。

ページの先頭へ

  1. オブジェクトを配置するスライドをクリックします。

  2. [挿入] タブの [テキスト] グループで [オブジェクト] をクリックします。

    オブジェクトを選ぶ

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • オブジェクトがまだ存在しない場合は、[新規作成] をクリックします。 [オブジェクトの種類] ボックスで、作成するオブジェクトの種類をクリックします。

    • オブジェクトが既に存在する場合は、[ファイルから作成] をクリックします。 [ファイル] ボックスにファイルの名前を入力するか、[参照] をクリックして一覧から選択します。 [リンク] チェックボックスをオフにします。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • プレゼンテーションのコンテンツを表示するには、[アイコンで表示] チェックボックスをオフにします。

    • クリックしてオブジェクトを表示するアイコンを表示するには、[アイコンで表示] チェックボックスをオンにします。
      既定のアイコンの画像またはラベルを変更するには、[アイコンの変更] をクリックし、[アイコン] ボックスの一覧から目的のアイコンをクリックします。 必要に応じて、[図表番号] ボックスにラベルを入力することができます。

ページの先頭へ

関連項目

Excel ワークシートを PowerPoint に挿入する

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×