仕事フォルダを他のユーザーと共有する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

この機能には、Microsoft Exchange または Microsoft Office 365 アカウントが必要です。ほとんどの自宅での個人のアカウントには、Microsoft Exchange または Microsoft Office 365 を使用しないでください。

Microsoft Exchange アカウントで使用する場合は、ユーザー間でタスクを共有できます。仕事の共有では、すべての Outlook プロファイルで作成される既定のタスクのフォルダーだけに限定されません。その他の作業フォルダーを作成するでき、それらのフォルダーを共有する] を選びます。たとえば、特定のプロジェクトの作業フォルダーを作成することができます。タスク リストを確認することができるように、同僚と作業フォルダーへのアクセスを共有することができます。

特定のユーザーと、既定の作業フォルダーを共有します。

Outlook で既定の作業フォルダーは、Outlook プロファイルごとに作成されます。このフォルダーの名前を変更または削除できません。

  1. ナビゲーション ウィンドウの [タスク] をクリックします。

    既定のフォルダーは、通常、[マイ タスク]タスクとして表示されます。複数のフォルダーがあれば、既定の作業フォルダーを選択することを確認します。

  2. [フォルダー ] をクリックして >の仕事の共有

  3. [宛先] ボックスで、共有への招待メッセージの受信者の名前を入力します。

    チェック ボックスをタスク フォルダーを表示できるようにする受信者が選択されているご確認ください。

  4. 必要に応じて、件名を変更することができます。

  5. 必要に応じて、受信者の既定の作業フォルダーを表示するアクセス許可を要求することができます。これを行うには、受信者の作業フォルダーを表示する権限を要求する] チェック ボックスを選択します。

    注: タスクの既定のフォルダー以外の作業フォルダーへのアクセスを要求する場合は、特定フォルダーへのアクセス許可を求める電子メール メッセージを送信する必要があります。

  6. メッセージの本文に、必要な情報を入力します。

  7. [送信] をクリックします。

  8. 確認のダイアログ ボックスを参照し、正しい場合は [OK] をクリックします。

Outlook で既定の作業フォルダーは、Outlook プロファイルごとに作成されます。このフォルダーの名前を変更または削除できません。

  1. ナビゲーション ウィンドウの [タスク] をクリックします。

    既定のフォルダーは、通常、[マイ タスク]タスクとして表示されます。複数のフォルダーがあれば、既定の作業フォルダーを選択することを確認します。

  2. [フォルダー ] をクリックして >フォルダーのアクセス許可します。

  3. [アクセス許可] タブの [名前] ボックスで、[既定] をクリックします。

  4. [権限] の [アクセス許可レベル] ボックスの一覧で、[アクセス許可レベルを選択します。

    アクセス許可レベルの説明

    権限レベル (役割)

    説明

    所有者

    すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、および削除、ならびにサブフォルダーの作成を行います。フォルダーの所有者として、フォルダーに対して他のユーザーが保持する権限レベルを変更することができます (代理人には適用されません)。

    発行編集者

    すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、および削除、ならびにサブフォルダーの作成を行います (代理人には適用されません)。

    編集者

    すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、削除を行います。

    発行作成者

    アイテムやファイルの作成および閲覧、サブフォルダーの作成、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います (代理人には適用されません)。

    作成者

    アイテムやファイルの作成および閲覧と、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。

    投稿者

    アイテムやファイルの作成のみを行います。フォルダーの内容は表示されません (代理人には適用されません)。

    レビュー担当者

    アイテムやファイルの参照だけができます。

    ユーザー設定

    フォルダーの所有者によって定義された操作を実行します (代理人には適用されません)。

    なし

    権限はありません。フォルダーを開くことはできません。

    固有の権限を作成するには、チェック ボックスと [権限] でオプションを選択します。

Outlook で既定の作業フォルダーは、Outlook プロファイルごとに作成されます。このフォルダーの名前を変更または削除できません。名前を変更または削除できるその他のタスク フォルダーを作成できます。ここでは、ユーザー設定のタスク フォルダーを作成するための手順を説明します。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、[タスク] をクリックし、共有するフォルダーを右クリックし、します。

  2. [共有] をポイント >の仕事の共有します。

  3. [宛先] ボックスで、[共有の招待メッセージの受信者の名前を入力します。

  4. 必要に応じて、件名を変更することができます。

  5. 必要に応じて、追加、編集、およびタスク フォルダーでアイテムを削除することが受信者のチェック ボックスをオンして、タスクのアイテムを変更するには、その受信者に権限を割り当てることができます。

  6. メッセージの本文に、必要な情報を入力します。

  7. [送信] をクリックします。

  8. 確認のダイアログ ボックスを参照し、正しい場合は [OK] をクリックします。

Outlook で既定の作業フォルダーは、Outlook プロファイルごとに作成されます。このフォルダーの名前を変更または削除できません。名前を変更または削除できるその他のタスク フォルダーを作成できます。ここでは、ユーザー設定のタスク フォルダーを作成するための手順を説明します。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、[タスク] をクリックし、共有するタスク フォルダーを右クリックします。

  2. [共有] をポイント >フォルダーのアクセス許可します。

  3. [権限] タブの [名前] ボックスで、[既定] をクリックします。

  4. [権限] の [アクセス許可レベル] ボックスの一覧で、[アクセス許可レベルを選択します。

    アクセス許可レベルの説明

    権限レベル (役割)

    説明

    所有者

    すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、および削除、ならびにサブフォルダーの作成を行います。フォルダーの所有者として、フォルダーに対して他のユーザーが保持する権限レベルを変更することができます (代理人には適用されません)。

    発行編集者

    すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、および削除、ならびにサブフォルダーの作成を行います (代理人には適用されません)。

    編集者

    すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、削除を行います。

    発行作成者

    アイテムやファイルの作成および閲覧、サブフォルダーの作成、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います (代理人には適用されません)。

    作成者

    アイテムやファイルの作成および閲覧と、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。

    投稿者

    アイテムやファイルの作成のみを行います。フォルダーの内容は表示されません (代理人には適用されません)。

    レビュー担当者

    アイテムやファイルの参照だけができます。

    ユーザー設定

    フォルダーの所有者によって定義された操作を実行します (代理人には適用されません)。

    なし

    権限はありません。フォルダーを開くことはできません。

    固有の権限を作成するには、チェック ボックスと [権限] でオプションを選択します。

Microsoft Exchange アカウントで使用する場合は、ユーザー間でタスクを共有できます。仕事の共有では、すべての Outlook プロファイルで作成される既定のタスクのフォルダーだけに限定されません。その他の作業フォルダーを作成するでき、それらのフォルダーを共有する] を選びます。たとえば、特定のプロジェクトの作業フォルダーを作成することができます。タスク リストを確認することができるように、同僚と作業フォルダーへのアクセスを共有することができます。

仕事の共有のタスクの委任などの所有権をエクスペリエンスを向上させるWindows SharePoint Services 3.0のタスクの機能を使用することをお勧めします。SharePoint のタスクは、 Microsoft Office Outlook 2007内からは表示できます。

ヒント: フォルダーを共有している場合、アイテムを表示他のユーザーがされないように非公開で [すべてのメッセージ、連絡先、または Outlook での作業ができます。

仕事の共有は、共有の招待と共有の依頼電子メール メッセージで動作します。共有への招待は、受信者、タスク フォルダーへのアクセスを提供します。タスクの既定のフォルダーの共有の招待状を送信するときは、受信者が、既定の作業フォルダーを共有することも要求できます。

注: 受信者が作成したタスク フォルダーへのアクセスを要求する場合は-の既定のタスクフォルダーではなく、そのフォルダーを使用するアクセス許可を求めるを電子メール メッセージを送信する必要があります。受信者が、[送信した既定以外の作業フォルダーの共有への招待。

特定のユーザーと、既定の作業フォルダーを共有します。

Outlook で既定の作業フォルダーは、Outlook プロファイルごとに作成されます。このフォルダーの名前を変更または削除できません。

  1. [タスク] で、ナビゲーション ウィンドウで、自分の仕事の共有フォルダーをクリックします。

    注: ナビゲーション ウィンドウでの表示を最小化ナビゲーション ウィンドウを使用している場合は、ナビゲーション ウィンドウをクリックし、[個人用の仕事の共有フォルダー] をクリックします。

  2. [宛先] ボックスで、共有への招待メッセージの受信者の名前を入力します。

  3. 必要に応じて、件名を変更することができます。

  4. 必要に応じて、受信者の既定の作業フォルダーを表示するアクセス許可を要求することができます。これを行うには、受信者の作業フォルダーを表示する権限を要求する] チェック ボックスを選択します。

    注: タスクの既定のフォルダー以外の作業フォルダーへのアクセスを要求する場合は、特定フォルダーへのアクセス許可を求める電子メール メッセージを送信する必要があります。

  5. メッセージの本文に、必要な情報を入力します。

  6. [送信] をクリックします。

  7. 確認のダイアログ ボックスを参照し、正しい場合は [OK] をクリックします。

Outlook で既定の作業フォルダーは、Outlook プロファイルごとに作成されます。このフォルダーの名前を変更または削除できません。

  1. [タスク] で、ナビゲーション ウィンドウで、既定の作業フォルダーを右クリックします。

    これは、通常、[マイ タスク]タスクとして表示されます。

  2. ナビゲーション ウィンドウでの表示を最小化ナビゲーション ウィンドウを使用している場合は、ナビゲーション ウィンドウをクリックし、タスクの既定のフォルダーを右クリックします。

    これは、通常、[マイ タスク]タスクとして表示されます。

  3. [共有アクセス権の変更] をクリックします。

  4. [アクセス許可] タブの [名前] ボックスで、[既定] をクリックします。

  5. [権限] の [アクセス許可レベル] ボックスの一覧で、[アクセス許可レベルを選択します。

    アクセス許可レベルの説明

    権限レベル (役割)

    説明

    所有者

    すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、および削除、ならびにサブフォルダーの作成を行います。フォルダーの所有者として、フォルダーに対して他のユーザーが保持する権限レベルを変更することができます (代理人には適用されません)。

    発行編集者

    すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、および削除、ならびにサブフォルダーの作成を行います (代理人には適用されません)。

    編集者

    すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、削除を行います。

    発行作成者

    アイテムやファイルの作成および閲覧、サブフォルダーの作成、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います (代理人には適用されません)。

    作成者

    アイテムやファイルの作成および閲覧と、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。

    投稿者

    アイテムやファイルの作成のみを行います。フォルダーの内容は表示されません (代理人には適用されません)。

    レビュー担当者

    アイテムやファイルの参照だけができます。

    ユーザー設定

    フォルダーの所有者によって定義された操作を実行します (代理人には適用されません)。

    なし

    権限はありません。フォルダーを開くことはできません。

    固有の権限を作成するには、チェック ボックスと [権限] でオプションを選択します。

Outlook で既定の作業フォルダーは、Outlook プロファイルごとに作成されます。このフォルダーの名前を変更または削除できません。名前を変更または削除できるその他のタスク フォルダーを作成できます。ここでは、ユーザー設定のタスク フォルダーを作成するための手順を説明します。

  1. [タスク] で、ナビゲーション ウィンドウで、タスク フォルダーを共有するを右クリックします。

    注: ナビゲーション ウィンドウでの表示を最小化ナビゲーション ウィンドウを使用している場合は、ナビゲーション ウィンドウをクリックし、共有するタスク フォルダーを右クリックし、します。

  2. [フォルダー名の共有] をクリックします。

  3. [宛先] ボックスで、[共有の招待メッセージの受信者の名前を入力します。

  4. 必要に応じて、件名を変更することができます。

  5. 必要に応じて、追加、編集、およびタスク フォルダーでアイテムを削除することが受信者のチェック ボックスをオンして、タスクのアイテムを変更するには、その受信者に権限を割り当てることができます。

  6. メッセージの本文に、必要な情報を入力します。

  7. [送信] をクリックします。

  8. 確認のダイアログ ボックスを参照し、正しい場合は [OK] をクリックします。

Outlook で既定の作業フォルダーは、Outlook プロファイルごとに作成されます。このフォルダーの名前を変更または削除できません。名前を変更または削除できるその他のタスク フォルダーを作成できます。ここでは、ユーザー設定のタスク フォルダーを作成するための手順を説明します。

  1. [タスク] で、ナビゲーション ウィンドウで、共有するタスク フォルダーを右クリックします。

    注: ナビゲーション ウィンドウでの表示を最小化ナビゲーション ウィンドウを使用している場合は、ナビゲーション ウィンドウをクリックし、共有するタスク フォルダーを右クリックし、します。

  2. [共有アクセス権の変更] をクリックします。

  3. [アクセス許可] タブの [名前] ボックスで、[既定] をクリックします。

  4. [権限] の [アクセス許可レベル] ボックスの一覧で、[アクセス許可レベルを選択します。

    アクセス許可レベルの説明

    権限レベル (役割)

    説明

    所有者

    すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、および削除、ならびにサブフォルダーの作成を行います。フォルダーの所有者として、フォルダーに対して他のユーザーが保持する権限レベルを変更することができます (代理人には適用されません)。

    発行編集者

    すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、および削除、ならびにサブフォルダーの作成を行います (代理人には適用されません)。

    編集者

    すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、削除を行います。

    発行作成者

    アイテムやファイルの作成および閲覧、サブフォルダーの作成、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います (代理人には適用されません)。

    作成者

    アイテムやファイルの作成および閲覧と、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。

    投稿者

    アイテムやファイルの作成のみを行います。フォルダーの内容は表示されません (代理人には適用されません)。

    レビュー担当者

    アイテムやファイルの参照だけができます。

    ユーザー設定

    フォルダーの所有者によって定義された操作を実行します (代理人には適用されません)。

    なし

    権限はありません。フォルダーを開くことはできません。

    固有の権限を作成するには、チェック ボックスと [権限] でオプションを選択します。

変更したり、いつでも、タスク フォルダーを他のユーザーのアクセス許可を取り消します。

  1. [タスク] で、ナビゲーション ウィンドウで、権限を変更するタスク フォルダーを右クリックします。

    注: ナビゲーション ウィンドウでの表示を最小化ナビゲーション ウィンドウを使用している場合は、ナビゲーション ウィンドウ] をクリックし、権限を変更するタスク フォルダーを右クリックし、します。

  2. [共有アクセス権の変更] をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • すべてのユーザーのアクセス許可を変更します。   

      1. [アクセス許可] タブの [名前] ボックスで、[既定] をクリックします。

      2. [権限] の [アクセス許可レベル] ボックスの一覧で、[アクセス許可レベルを選択します。

        アクセス許可レベルの説明

        この permissi と [レベル (役割)

        説明

        所有者

        すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、および削除、ならびにサブフォルダーの作成を行います。フォルダーの所有者として、フォルダーに対して他のユーザーが保持する権限レベルを変更することができます (代理人には適用されません)。

        発行編集者

        すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、および削除、ならびにサブフォルダーの作成を行います (代理人には適用されません)。

        編集者

        すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、削除を行います。

        発行作成者

        アイテムやファイルの作成および閲覧、サブフォルダーの作成、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います (代理人には適用されません)。

        作成者

        アイテムやファイルの作成および閲覧と、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。

        投稿者

        アイテムやファイルの作成のみを行います。フォルダーの内容は表示されません (代理人には適用されません)。

        レビュー担当者

        アイテムやファイルの参照だけができます。

        ユーザー設定

        フォルダーの所有者によって定義された操作を実行します (代理人には適用されません)。

        なし

        権限はありません。フォルダーを開くことはできません。

        固有の権限を作成するには、チェック ボックスと [権限] でオプションを選択します。

    • 特定の人のアクセス許可を変更します。   

      1. [権限] タブの [名前] ボックスで、アクセス権を変更する人の名前をクリックします。

      2. [権限] の [アクセス許可レベル] ボックスの一覧で、[アクセス許可レベルを選択します。

        アクセス許可レベルの説明

        権限レベル (役割)

        説明

        所有者

        すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、および削除、ならびにサブフォルダーの作成を行います。フォルダーの所有者として、フォルダーに対して他のユーザーが保持する権限レベルを変更することができます (代理人には適用されません)。

        発行編集者

        すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、および削除、ならびにサブフォルダーの作成を行います (代理人には適用されません)。

        編集者

        すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、削除を行います。

        発行作成者

        アイテムやファイルの作成および閲覧、サブフォルダーの作成、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います (代理人には適用されません)。

        作成者

        アイテムやファイルの作成および閲覧と、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。

        投稿者

        アイテムやファイルの作成のみを行います。フォルダーの内容は表示されません (代理人には適用されません)。

        レビュー担当者

        アイテムやファイルの参照だけができます。

        ユーザー設定

        フォルダーの所有者によって定義された操作を実行します (代理人には適用されません)。

        なし

        権限はありません。フォルダーを開くことはできません。

        固有の権限を作成するには、チェック ボックスと [権限] で選択したオプションを選択します。

      3. 各ユーザーについて、手順 2 では、変更するアクセスが一覧表示されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×