仕事フォルダを他のユーザーと共有する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この機能には、Microsoft Exchange または Microsoft Office 365 アカウントが必要です。ほとんどの自宅での個人のアカウントには、Microsoft Exchange または Microsoft Office 365 を使用しないでください。

Microsoft Exchange アカウントで使用する場合は、ユーザー間でタスクを共有できます。仕事の共有では、すべての Outlook プロファイルで作成される既定のタスクのフォルダーだけに限定されません。その他の作業フォルダーを作成するでき、それらのフォルダーを共有する] を選びます。たとえば、特定のプロジェクトの作業フォルダーを作成することができます。タスク リストを確認することができるように、同僚と作業フォルダーへのアクセスを共有することができます。

既定の仕事フォルダを特定の人と共有する

Outlook の既定の [仕事] フォルダは、各 Outlook プロファイルに作成されます。このフォルダは、名前の変更や削除はできません。

  1. ナビゲーション ウィンドウの [タスク] をクリックします。

    既定のフォルダーは、通常、[マイ タスク]タスクとして表示されます。複数のフォルダーがあれば、既定の作業フォルダーを選択することを確認します。

  2. [フォルダー ] をクリックして >の仕事の共有

  3. [宛先] ボックスで、共有への招待のメッセージの受信者の名前を入力します。

    チェック ボックスをタスク フォルダーを表示できるようにする受信者が選択されているご確認ください。

  4. 必要に応じて、[件名] を変更できます。

  5. 必要に応じて、受信者の既定の [仕事] フォルダを表示するアクセス権を要求します。それには、[受信者の仕事フォルダを表示できるように依頼する] チェック ボックスをオンにします。

    注: 既定の [仕事] フォルダ以外の仕事フォルダへのアクセス権を要求する場合は、当該フォルダへのアクセス権を要求する電子メール メッセージを送信する必要があります。

  6. メッセージの本文に、必要な情報を入力します。

  7. [送信] ボタンをクリックします。

  8. 確認のダイアログ ボックスを参照し、正しい場合は [OK] をクリックします。

Outlook の既定の [仕事] フォルダは、各 Outlook プロファイルに作成されます。このフォルダは、名前の変更や削除はできません。

  1. ナビゲーション ウィンドウの [タスク] をクリックします。

    既定のフォルダーは、通常、[マイ タスク]タスクとして表示されます。複数のフォルダーがあれば、既定の作業フォルダーを選択することを確認します。

  2. [フォルダー ] をクリックして >フォルダーのアクセス許可します。

  3. [アクセス権] タブの [名前] ボックスで、[既定] をクリックします。

  4. [アクセス権] の [アクセス許可レベル] の一覧で、アクセス許可レベルを選択します。

    アクセス許可レベルの説明

    アクセス許可レベル (役割)

    以下のことが実行できます。

    所有者

    アイテムやファイルの作成、参照、変更、および削除ができます。また、サブフォルダを作成することもできます。フォルダの所有者として、他の人に対してそのフォルダへの権限を変更することもできます。代理人には適用しません。

    発行編集者

    アイテムやファイルの作成、参照、変更、および削除ができます。また、サブフォルダを作成することもできます。代理人には適用しません。

    編集者

    アイテムやファイルの作成、参照、変更、および削除ができます。

    発行作成者

    アイテムやファイルの作成と参照ができます。また、サブフォルダを作成することもできます。アイテムやファイルを自分が作成した場合は、変更と削除ができます。代理人には適用しません。

    [作成者]

    アイテムやファイルの作成と参照ができます。アイテムやファイルを自分が作成した場合は、変更と削除ができます。

    寄稿者

    アイテムやファイルの作成だけができます。フォルダの内容は表示されません。代理人には適用しません。

    [Reviewer]

    アイテムやファイルの参照だけができます。

    [ユーザー設定]

    フォルダの所有者が定義した操作を実行できます。代理人には適用しません。

    None/なし

    権限がなく、フォルダーを開くことができません。

    [アクセス権] で、チェック ボックスをオンにしたり、オプションを選択したりすることによって、カスタムのアクセス権を作成できます。

Outlook の既定の [仕事] フォルダは、各 Outlook プロファイルに作成されます。このフォルダは、名前の変更や削除はできません。仕事フォルダは他にも作成することができ、それらは名前の変更や削除が可能です。このセクションでは、自分で作成したカスタムの仕事フォルダを共有する手順を説明します。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、[タスク] をクリックし、共有するフォルダーを右クリックし、します。

  2. [共有] をポイント >の仕事の共有します。

  3. [宛先] ボックスで、共有への招待のメッセージの受信者の名前を入力します。

  4. 必要に応じて、[件名] を変更できます。

  5. 必要に応じて、[受信者がこの仕事フォルダに含まれるアイテムを追加、編集、および削除できるようにします] チェック ボックスをオンにして、仕事アイテムを変更する権限を受信者に付与できます。

  6. メッセージの本文に、必要な情報を入力します。

  7. [送信] ボタンをクリックします。

  8. 確認のダイアログ ボックスを参照し、正しい場合は [OK] をクリックします。

Outlook の既定の [仕事] フォルダは、各 Outlook プロファイルに作成されます。このフォルダは、名前の変更や削除はできません。仕事フォルダは他にも作成することができ、それらは名前の変更や削除が可能です。このセクションでは、自分で作成したカスタムの仕事フォルダを共有する手順を説明します。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、[タスク] をクリックし、共有するタスク フォルダーを右クリックします。

  2. [共有] をポイント >フォルダーのアクセス許可します。

  3. [アクセス権] タブの [名前] ボックスで、[既定] をクリックします。

  4. [アクセス権] の [アクセス許可レベル] の一覧で、アクセス許可レベルを選択します。

    アクセス許可レベルの説明

    アクセス許可レベル (役割)

    以下のことが実行できます。

    所有者

    アイテムやファイルの作成、参照、変更、および削除ができます。また、サブフォルダを作成することもできます。フォルダの所有者として、他の人に対してそのフォルダへの権限を変更することもできます。代理人には適用しません。

    発行編集者

    アイテムやファイルの作成、参照、変更、および削除ができます。また、サブフォルダを作成することもできます。代理人には適用しません。

    編集者

    アイテムやファイルの作成、参照、変更、および削除ができます。

    発行作成者

    アイテムやファイルの作成と参照ができます。また、サブフォルダを作成することもできます。アイテムやファイルを自分が作成した場合は、変更と削除ができます。代理人には適用しません。

    [作成者]

    アイテムやファイルの作成と参照ができます。アイテムやファイルを自分が作成した場合は、変更と削除ができます。

    寄稿者

    アイテムやファイルの作成だけができます。フォルダの内容は表示されません。代理人には適用しません。

    [Reviewer]

    アイテムやファイルの参照だけができます。

    [ユーザー設定]

    フォルダの所有者が定義した操作を実行できます。代理人には適用しません。

    None/なし

    権限がなく、フォルダーを開くことができません。

    [アクセス権] で、チェック ボックスをオンにしたり、オプションを選択したりすることによって、カスタムのアクセス権を作成できます。

Microsoft Exchange アカウントで使用する場合は、ユーザー間でタスクを共有できます。仕事の共有では、すべての Outlook プロファイルで作成される既定のタスクのフォルダーだけに限定されません。その他の作業フォルダーを作成するでき、それらのフォルダーを共有する] を選びます。たとえば、特定のプロジェクトの作業フォルダーを作成することができます。タスク リストを確認することができるように、同僚と作業フォルダーへのアクセスを共有することができます。

他の人への仕事の依頼など、仕事の共有をより快適に行うために、Windows SharePoint Services 3.0 のタスク機能を使用することをお勧めします。SharePoint の仕事は Microsoft Office Outlook 2007 から表示できます。

ヒント: Outlook のメッセージ、連絡先、または仕事は、ファイルを共有するときに他の人に対して表示されないよう、非公開に設定することもできます。

仕事の共有は、共有への招待と共有の依頼の電子メール メッセージを通じて行われます。共有への招待の受信者には、仕事フォルダへのアクセス権が与えられます。自分の既定の [仕事] フォルダについて、共有への招待を送信するときは、その受信者の既定の [仕事] フォルダの共有も要求できます。

注: 受信者が作成したその他の仕事フォルダ (既定の [仕事] フォルダ以外のフォルダ) へのアクセス権を要求する場合は、そのフォルダの使用許可を求める電子メール メッセージを送信する必要があります。受信者は、それに対して、既定以外の仕事フォルダの共有への招待を返信できます。

既定の仕事フォルダを特定の人と共有する

Outlook の既定の [仕事] フォルダは、各 Outlook プロファイルに作成されます。このフォルダは、名前の変更や削除はできません。

  1. ナビゲーション ウィンドウの [仕事] で、[個人用の仕事フォルダの共有] をクリックします。

    注: ナビゲーション ウィンドウの表示を最小化している場合には、ナビゲーション ウィンドウの [仕事] をクリックし、[個人用の仕事フォルダの共有] をクリックします。

  2. [宛先] ボックスで、共有への招待のメッセージの受信者の名前を入力します。

  3. 必要に応じて、[件名] を変更できます。

  4. 必要に応じて、受信者の既定の [仕事] フォルダを表示するアクセス権を要求します。それには、[受信者の仕事フォルダを表示できるように依頼する] チェック ボックスをオンにします。

    注: 既定の [仕事] フォルダ以外の仕事フォルダへのアクセス権を要求する場合は、当該フォルダへのアクセス権を要求する電子メール メッセージを送信する必要があります。

  5. メッセージの本文に、必要な情報を入力します。

  6. [送信] ボタンをクリックします。

  7. 確認のダイアログ ボックスを参照し、正しい場合は [OK] をクリックします。

Outlook の既定の [仕事] フォルダは、各 Outlook プロファイルに作成されます。このフォルダは、名前の変更や削除はできません。

  1. ナビゲーション ウィンドウの [仕事] で、既定の [仕事] フォルダをマウスの右ボタンでクリックします。

    これは通常は [個人用の仕事] の下にあり、[仕事] として表示されます。

  2. ナビゲーション ウィンドウの表示を最小化している場合には、ナビゲーション ウィンドウの [仕事] をクリックし、既定の [仕事] フォルダをマウスの右ボタンでクリックします。

    これは通常は [個人用の仕事] の下にあり、[仕事] として表示されます。

  3. [共有アクセス権の変更] をクリックします。

  4. [アクセス権] タブの [名前] ボックスで、[既定] をクリックします。

  5. [アクセス権] の [アクセス許可レベル] の一覧で、アクセス許可レベルを選択します。

    アクセス許可レベルの説明

    アクセス許可レベル (役割)

    以下のことが実行できます。

    所有者

    アイテムやファイルの作成、参照、変更、および削除ができます。また、サブフォルダを作成することもできます。フォルダの所有者として、他の人に対してそのフォルダへの権限を変更することもできます。代理人には適用しません。

    発行編集者

    アイテムやファイルの作成、参照、変更、および削除ができます。また、サブフォルダを作成することもできます。代理人には適用しません。

    編集者

    アイテムやファイルの作成、参照、変更、および削除ができます。

    発行作成者

    アイテムやファイルの作成と参照ができます。また、サブフォルダを作成することもできます。アイテムやファイルを自分が作成した場合は、変更と削除ができます。代理人には適用しません。

    [作成者]

    アイテムやファイルの作成と参照ができます。アイテムやファイルを自分が作成した場合は、変更と削除ができます。

    寄稿者

    アイテムやファイルの作成だけができます。フォルダの内容は表示されません。代理人には適用しません。

    [Reviewer]

    アイテムやファイルの参照だけができます。

    [ユーザー設定]

    フォルダの所有者が定義した操作を実行できます。代理人には適用しません。

    None/なし

    権限がなく、フォルダーを開くことができません。

    [アクセス権] で、チェック ボックスをオンにしたり、オプションを選択したりすることによって、カスタムのアクセス権を作成できます。

Outlook の既定の [仕事] フォルダは、各 Outlook プロファイルに作成されます。このフォルダは、名前の変更や削除はできません。仕事フォルダは他にも作成することができ、それらは名前の変更や削除が可能です。このセクションでは、自分で作成したカスタムの仕事フォルダを共有する手順を説明します。

  1. ナビゲーション ウィンドウの [仕事] で、共有する仕事フォルダをマウスの右ボタンでクリックします。

    注: ナビゲーション ウィンドウの表示を最小化している場合には、ナビゲーション ウィンドウの [仕事] をクリックし、共有する仕事フォルダをマウスの右ボタンでクリックします。

  2. [<フォルダ名> の共有] をクリックします。

  3. [宛先] ボックスで、共有への招待のメッセージの受信者の名前を入力します。

  4. 必要に応じて、[件名] を変更できます。

  5. 必要に応じて、[受信者がこの仕事フォルダに含まれるアイテムを追加、編集、および削除できるようにします] チェック ボックスをオンにして、仕事アイテムを変更する権限を受信者に付与できます。

  6. メッセージの本文に、必要な情報を入力します。

  7. [送信] ボタンをクリックします。

  8. 確認のダイアログ ボックスを参照し、正しい場合は [OK] をクリックします。

Outlook の既定の [仕事] フォルダは、各 Outlook プロファイルに作成されます。このフォルダは、名前の変更や削除はできません。仕事フォルダは他にも作成することができ、それらは名前の変更や削除が可能です。このセクションでは、自分で作成したカスタムの仕事フォルダを共有する手順を説明します。

  1. ナビゲーション ウィンドウの [仕事] で、共有する仕事フォルダをマウスの右ボタンでクリックします。

    注: ナビゲーション ウィンドウの表示を最小化している場合には、ナビゲーション ウィンドウの [仕事] をクリックし、共有する仕事フォルダをマウスの右ボタンでクリックします。

  2. [共有アクセス権の変更] をクリックします。

  3. [アクセス権] タブの [名前] ボックスで、[既定] をクリックします。

  4. [アクセス権] の [アクセス許可レベル] の一覧で、アクセス許可レベルを選択します。

    アクセス許可レベルの説明

    アクセス許可レベル (役割)

    以下のことが実行できます。

    所有者

    アイテムやファイルの作成、参照、変更、および削除ができます。また、サブフォルダを作成することもできます。フォルダの所有者として、他の人に対してそのフォルダへの権限を変更することもできます。代理人には適用しません。

    発行編集者

    アイテムやファイルの作成、参照、変更、および削除ができます。また、サブフォルダを作成することもできます。代理人には適用しません。

    編集者

    アイテムやファイルの作成、参照、変更、および削除ができます。

    発行作成者

    アイテムやファイルの作成と参照ができます。また、サブフォルダを作成することもできます。アイテムやファイルを自分が作成した場合は、変更と削除ができます。代理人には適用しません。

    [作成者]

    アイテムやファイルの作成と参照ができます。アイテムやファイルを自分が作成した場合は、変更と削除ができます。

    寄稿者

    アイテムやファイルの作成だけができます。フォルダの内容は表示されません。代理人には適用しません。

    [Reviewer]

    アイテムやファイルの参照だけができます。

    [ユーザー設定]

    フォルダの所有者が定義した操作を実行できます。代理人には適用しません。

    None/なし

    権限がなく、フォルダーを開くことができません。

    [アクセス権] で、チェック ボックスをオンにしたり、オプションを選択したりすることによって、カスタムのアクセス権を作成できます。

自分の仕事フォルダに対する他の人のアクセス権は、いつでも取り消しまたは変更することができます。

  1. ナビゲーション ウィンドウの [仕事] で、アクセス権を変更する仕事フォルダをマウスの右ボタンでクリックします。

    注: ナビゲーション ウィンドウの表示を最小化している場合には、ナビゲーション ウィンドウの [仕事] をクリックし、アクセス権を変更する仕事フォルダをマウスの右ボタンでクリックします。

  2. [共有アクセス権の変更] をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • すべてのユーザーのアクセス許可を変更します。   

      1. [アクセス権] タブの [名前] ボックスで、[既定] をクリックします。

      2. [アクセス権] の [アクセス許可レベル] の一覧で、アクセス許可レベルを選択します。

        アクセス許可レベルの説明

        この permissi と [レベル (役割)

        以下のことが実行できます。

        所有者

        アイテムやファイルの作成、参照、変更、および削除ができます。また、サブフォルダを作成することもできます。フォルダの所有者として、他の人に対してそのフォルダへの権限を変更することもできます。代理人には適用しません。

        発行編集者

        アイテムやファイルの作成、参照、変更、および削除ができます。また、サブフォルダを作成することもできます。代理人には適用しません。

        編集者

        アイテムやファイルの作成、参照、変更、および削除ができます。

        発行作成者

        アイテムやファイルの作成と参照ができます。また、サブフォルダを作成することもできます。アイテムやファイルを自分が作成した場合は、変更と削除ができます。代理人には適用しません。

        [作成者]

        アイテムやファイルの作成と参照ができます。アイテムやファイルを自分が作成した場合は、変更と削除ができます。

        寄稿者

        アイテムやファイルの作成だけができます。フォルダの内容は表示されません。代理人には適用しません。

        [Reviewer]

        アイテムやファイルの参照だけができます。

        [ユーザー設定]

        フォルダの所有者が定義した操作を実行できます。代理人には適用しません。

        None/なし

        権限がなく、フォルダーを開くことができません。

        [アクセス権] で、チェック ボックスをオンにしたり、オプションを選択したりすることによって、カスタムのアクセス権を作成できます。

    • 特定の人のアクセス許可を変更します。   

      1. [アクセス権] タブの [名前] ボックスで、アクセス権を変更する人の名前をクリックします。

      2. [アクセス権] の [アクセス許可レベル] の一覧で、アクセス許可レベルを選択します。

        アクセス許可レベルの説明

        アクセス許可レベル (役割)

        以下のことが実行できます。

        所有者

        アイテムやファイルの作成、参照、変更、および削除ができます。また、サブフォルダを作成することもできます。フォルダの所有者として、他の人に対してそのフォルダへの権限を変更することもできます。代理人には適用しません。

        発行編集者

        アイテムやファイルの作成、参照、変更、および削除ができます。また、サブフォルダを作成することもできます。代理人には適用しません。

        編集者

        アイテムやファイルの作成、参照、変更、および削除ができます。

        発行作成者

        アイテムやファイルの作成と参照ができます。また、サブフォルダを作成することもできます。アイテムやファイルを自分が作成した場合は、変更と削除ができます。代理人には適用しません。

        [作成者]

        アイテムやファイルの作成と参照ができます。アイテムやファイルを自分が作成した場合は、変更と削除ができます。

        寄稿者

        アイテムやファイルの作成だけができます。フォルダの内容は表示されません。代理人には適用しません。

        [Reviewer]

        アイテムやファイルの参照だけができます。

        [ユーザー設定]

        フォルダの所有者が定義した操作を実行できます。代理人には適用しません。

        None/なし

        権限がなく、フォルダーを開くことができません。

        [アクセス権] で、チェック ボックスをオンにしたり、オプションを選択したりすることによって、カスタムのアクセス権を作成できます。

      3. アクセス権を変更するそれぞれの人について、手順 2. を繰り返します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×