スキップしてメイン コンテンツへ
人事データの機密を保持してセキュリティで保護する

人事データの機密を保持してセキュリティで保護する

人事データには機密性の高い重要な情報が含まれており、侵害を受けると、法的な問題およびビジネス上の問題につながる可能性があります。 ただし、仕事をするには、このデータにアクセスする必要があります。 データのセキュリティを確保し、適切なユーザーが簡単にアクセスできるようにするための簡単な方法が必要です。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

詳細  

Office 365 のコンプライアンス マネージャーで、機密情報を保護するコンプライアンスおよびセキュリティ ポリシーを適用します。 また、従業員にアクセス許可を付与することで、データを保護しながら、自分の仕事ができるようになります。 たとえば、表示される情報 (姓や名) や、保護されている情報 (社会保障番号など) を管理できます。 

Office 365 で実装されるセキュリティ、プライバシー、コンプライアンスのコントロールについての詳細な情報を共有することで、会社のセキュリティ ポリシーが周知されるようにします。 従業員とレポートを共有することで、従業員は自分のデータが保護されていることを確認できます。 また、Office 365 のセキュリティは、モバイルを含めすべてのデバイスで機能します。 モバイル デバイス管理を使用してセキュリティ ポリシーとアクセス ルールを設定すると、デバイスを紛失したり盗難にあったりした場合に、メモリをリモートでワイプして情報を保護することができます。

ハイライト

  • 会社のセキュリティ ポリシーが世界のコンプライアンス法に準拠するようにします。

  • 透明性のあるセキュリティ ポリシーで従業員の信頼を獲得します。

  • 会社のセキュリティ ポリシーを複数のデバイスで管理します。

詳細情報

コンプライアンスを通じて信頼と革新性を強化する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×