人または原料の、単価に基づくコストを入力する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ほとんどのプロジェクトでは、人 (時間単価型リソース) にかかるリソース コストがコストの大部分を占めます。プロジェクトでこのようなコストを記録する場合、通常は、関与する人への支払い単価を入力することから開始します。次に、関与する人をタスクに割り当てるときには、Microsoft Project が入力された支払い単価を使って、関与する人の割り当てのコストを計算します。

次に、人への支払い単価を入力する方法について説明します。

  1. [表示]、[リソース シート] の順にクリックします。

    [表示] タブのリソース シート

  2. [入力] テーブルが表示されない場合は、[表示]、[テーブル]、[入力] の順にクリックします。

    [表示] タブの [テーブル] ボタン

  3. [リソース名] フィールドで、人の名前を入力するか、その人が既にリソース シートに記入されている場合はその名前を選びます。

  4. [種類] フィールドに [時間単価型] が表示されていることを確認します。

    [時間単価型] を示す [種類] フィールド

  5. [標準 単価] フィールドに、その人の標準の支払い単価を入力します。たとえば、「2,500 円/時間」、「20,000 円/日」のように入力します。

    このフィールドが表示されない場合は、Tab キーを押してこのフィールドに移動します。

  6. プロジェクトで超過勤務を記録し、超過勤務が可能な場合は、[超過 単価] フィールドに超過単価を入力します。

  7. [計上の時期] フィールドは既定で [達成率に比例] になっていますが、[開始日] または [終了日] を選んで、プロジェクトの開始日または終了日に単価に基づくリソース コストを計上することもできます。

注:  コストの計上時期の設定によって、Microsoft Project が、そのタスクに割り当てられた単価に基づくリソースのコスト合計をいつ計算するかが決まります。

  1. リソースをタスクに割り当てます。Microsoft Project では、その割り当てのリソース コストが自動的に計算されます。

    ヒント:  リソースごとに複数の単価を入力する方法については、この記事の最後にある「人または原料のリソースの、複数の単価を入力する」をご覧ください。

原料の単価を入力する

プロジェクトを完了させるのに必要な原料 (数量単価型リソース) のコストを記録するには、入力した単価を使って計算します。たとえば、建築プロジェクトで使うセメントや鉄筋の単価を入力できます。

  1. [表示]、[リソース シート] の順にクリックします。

    [表示] タブのリソース シート

  2. [リソース名] フィールドで、数量単価型リソースの名前を入力するか、数量単価型リソースが既に入力されている場合はそれを選びます。

  3. 新しい数量単価型リソースの場合は、[種類] フィールドの矢印をクリックし、[数量単価型] を選びます。

    [時間単価型] を示す [種類] フィールド

  4. 数量単価型] フィールドでは、単位の名前を入力します。たとえば、点灯している(リットル)、立方メートル)、( cu.mまたはea (ごと) を入力します。

  5. [標準 単価] フィールドに、数量単価型リソースの単価を入力します。

このフィールドが表示されない場合は、Tab キーを押してこのフィールドに移動します。

  1. [計上の時期] フィールドは既定で [達成率に比例] になっていますが、[開始日] または [終了日] を選んで、プロジェクトの開始日または終了日に単価に基づくリソース コストを計上することもできます。

    [計上の時期] フィールドに [達成率に比例] と表示される

  2. リソースをタスクに割り当てます。Microsoft Project では、その割り当てのリソース コストが自動的に計算されます。

人または原料のリソースの、複数の単価を入力する

標準の支払単価と超過単価の 1 セットでは十分でない場合や、数量単価型リソースに複数の単価がある場合は、コスト単価表を使って複数の単価 (ブレンド単価) を入力できます。

たとえば、リソースが行う作業の種類、作業の場所、特定のタスクを行うためのスキル レベルに対して複数の単価を入力したり、原料のグレードに応じて単価をリストしたり、原料単価の変更に対応したりできます。

  1. [表示]、[リソース シート] の順にクリックします。

    [表示] タブのリソース シート

  2. 時間単価型リソースまたは数量単価型リソースを右クリックし、[情報] を選びます。

    リソースの右クリック メニュー

  3. [リソース情報] ダイアログ ボックスの [コスト] タブをクリックします。

[リソース情報] ダイアログ ボックスの [コスト] タブ

  1. [コスト単価表] の [A (既定)] タブをクリックします。

  2. 時間単価型リソースについては、以下を行います。

    1. [標準単価] 列に単価を入力します。

    2. [超過単価] 列に単価を入力します (省略可能)。

    3. 以降の各行に、必要な数の新しい標準単価と超過単価を入力します。

  3. 数量単価型リソースについては、以下を行います。

    1. [標準単価] 列に単価を入力します。

    2. 次の行の [標準単価] 列に、新しい単価または変化率を入力します。たとえば、前の単価を 10% 引き上げるには、「+10%」と入力します。

    3. 以降の各行に、必要な数の新しい単価または変化率を入力します。

  4. [有効日] 列に、新しい単価が有効になる日付を入力します。

  5. 人または原料のリソースについて追加の単価セットを入力するには、単価と有効日を別のタブ (BCD、または E) に入力します。

注: 

  • 時間単価型リソースまたは数量単価型リソースの導入コストをコスト単価表に入力することもできます。これらのコストは一般的に一回限りのコストであり、単価に基づくものではありません。たとえば、原料の配達手数料があります。コスト額を時間単価型リソースまたは数量単価型リソースの [導入コスト] 列に入力します。

  • 時間単価型リソースまたは数量単価型リソースの複数の単価を入力した後で、割り当てのリソース単価を変更できます。これを行うには、[タスク配分状況] ビューで別のコスト単価表を適用します (割り当てられたリソースを右クリックし、[情報]、[コスト] タブの順にクリック)。

  • コスト単価表を定期的に使う場合は、[コスト単価表] 列を [タスク配分状況] ビューに追加できます。[タスク配分状況] ビューで、[新しい列の追加] 見出しの横にある矢印をクリックし、[コスト単価表] を選びます。

  • 既定のコスト単価表 ([A (既定)] タブ) でリソースの標準単価を変更すると、同じリソースが割り当てられている完了済みタスクのコストに影響が生じます。この問題を回避するには、既定では適用されない別のコスト単価表 (BCD、または E) で、標準単価を変更します。

コストの詳細

機器のコストとその他のコスト リソースを入力する

タスクの固定コストを入力する

実績コストを手動で入力する

プロジェクト コストの合計を表示する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×