スキップしてメイン コンテンツへ

予約の作成とスタッフの割り当て

予約のスケジュールとスタッフの割り当てには 2 つの方法があります。 1 つ目は、スタンドアロンの予約ページまたは Web サイトに統合された埋め込みの予約ページを顧客が使用する方法です。 もう1つの方法としては、ユーザーが予約を手動で入力する場合 (たとえば、web サイトを通じて会議を要求するのではなく、予定の場合など) があります。 この記事は手動のシナリオについて説明します。

注: [予約] は、 Office 365 Business Premium、または Office 365 A3、 Office 365 A5 サブスクリプションをお持ちのお客様には、既定で有効になっています。 予約は Office 365 Enterprise E3 と Office 365 Enterprise E5を持っているお客様も利用できますが、既定では無効になっています。 オンにする方法については、「Get access to the Office 365 business apps for enterprise subscriptions」 (Enterprise サブスクリプションで Office 365 Business アプリにアクセスする) をご覧ください。

  1. Office 365 でアプリ起動ツールを選び、[Bookings] を選びます。

    [Bookings] タイルが強調表示されたアプリ起動ツール

  2. ナビゲーション ウィンドウで [予定表]、[新しい予約] の順に選びます。

    Bookings の [予定表] ページの [新しい予約] ボタン

  3. 提供するサービスを選びます。 サービスのセットアップ手順については、「サービスの提供内容を定義する」を参照してください。

  4. 顧客情報 (名前、メール アドレス、電話番号などの関連情報) を入力します。

  5. サービスを提供するスタッフ メンバーを選びます。 表示されるスタッフ メンバー リストは、[サービス] ページでセットアップした内容によって決まります。

    この予約で選ぶスタッフ メンバー リスト

  6. サービスの詳細情報 (日付、時刻、場所などの関連情報) を入力します。 顧客の有効なメール アドレスを入力すると、[保存] ボタンが [送信] に変わり、確認が顧客に送信されるという注意が表示されます。 顧客の確認には、予定表に追加する予定に関する添付ファイルも含まれます。 選んだスタッフ メンバーにも、予定情報が記載された会議の招待が送信されるので、スタッフも自分の予定表に予定を追加できます。

  7. [メール アラームを追加する] を選びます。

  8. アラームを送信するタイミング、送信先 ([顧客]、[スタッフ]、[すべての参加者])、アラーム メッセージの内容を指定します。

  9. [保存]、[送信] の順に選びます。

    お客様が受け取るリマインダーのメール例を以下に示します。

    メールで顧客に送信されるリマインダーの例

関連項目

スタッフ リストを作成する

従業員の稼働時間を設定する

休業、休暇、休暇期間のスケジュール

Microsoft Bookings の概要

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×