予定表内を移動する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

日数の表示を変更します。

日付にジャンプします。

次または前の予定に移動します。

表示される日数を変更する

日、週、月のボタンでは、予定表に表示される日数を選択することができます。

予定表の表示ボタン

日ビューには、一度に 1 日が表示されます。前日または翌日に移動するには、背面を使用することができ、ナビゲーション ボタン [前へ] ボタンと [次へ] ボタン します。

週単位の表示では、3 種類の表示形式を選択できます。稼働日のみの表示では、[予定表オプション] ダイアログ ボックスで選択した曜日が表示されます。既定ではこの表示が使用されます。稼働日として表示する曜日を変更するには、次の操作を行います。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [予定表] の [予定表オプション] をクリックします。

  3. [予定表オプション] ダイアログ ボックスの [稼働日の設定] で、表示する曜日のチェック ボックスをオン、非表示にするチェック ボックスをオフにします。

予定表の稼働日のオプションのスクリーン ショット

週単位の表示では、すべての曜日を表示することもできます。稼働日表示とすべての曜日表示を切り替えるには、[]、[]、[] のボタンの横で、該当するオプションを選択します。

週単位の表示では、一度に 1 ~ 10 日を表示することもできます。8 日表示にするには、予定表のグリッドをクリックし、Alt キーを押しながら 8 キーを押します。カスタム表示で一度に 1 ~ 10 日を表示するには、Alt キーを押しながら 09 の該当するキーを押します。

月単位の表示では、予定表のグリッドに表示する情報の量を、次の 3 つのオプションの中から選択することができます。

  • [低]     予定表にイベントのみを表示します。イベントとは終日かかるものであり、その開始時間や終了時間が決まっているわけではありません。

  • [中]     イベントと予定を表示します。一日の予定作業時間のうち、そのイベントに割り当てられた時間に相当するセルに実線が引かれます。各曜日の正午のセルには細い線が水平に引かれます。

  • [高]     イベントと予定を表示します。予定は開始時刻と件名、場所が一緒に表示されます。

    注: [] を選択した場合、予定ウィンドウの幅によっては、3 種類の情報を一度に見ることができないこともあります。

ページの先頭へ

特定の日付にジャンプする

予定表で特定の日付に移動するには、カレンダー ナビゲータ上でその日付をクリックします。

カレンダー ナビゲータ

他に、Ctrl キーを押しながら G キーを押して [指定の日付へ移動] ダイアログ ボックスを表示するという方法もあります。

[指定の日付へ移動] ダイアログ ボックス

ページの先頭へ

前または次の予定に移動する

[前の予定] ボタン [次の予定] ボタン 現在の予定表ビューに予定が含まれていない場合は、予定表の端に 1 つまたは両方の予定ナビゲーション ボタンが表示されます。これらのボタンのいずれかをクリックしたときに、予定表は、次または前の予定に変更を表示します。

注: 次の予定または前の予定が存在しない場合、それに該当する移動ボタンは使用できません。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×