予定表の基本

予定表ビュー

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

このビデオでは、予定表の表示を変更し、スケジュールを操作する方法について紹介します。

予定表を表示する方法を変更する

  • たとえば、[ホーム] タブの [配置] ボタンを使用してみます。

  • 1 日、週、営業日 (土曜日と日曜日を除く)、または月全体を表示します。

  • スケジュール ビューは、予定表を横方向のタイムラインに表示します。

さらに詳しく

予定表に祝日を追加する

予定と会議を示す予定表を印刷する

他のユーザーと Outlook 予定表を共有する

予定表を管理できるようになるには、予定表ビューを変更できなければなりません。

まず [ホーム] タブの [表示形式] ボタンを使用します。

日単位、週単位、土曜日と日曜日を除く稼働日、または月単位で表示できます。

[グループ スケジュール] では、予定表が横方向のタイムラインで表示されます。

ダイアログ ボックス起動ツールをクリックすると、稼働時間などの表示設定を変更できます。

[表示] タブに移動すると、レイアウトを変更できます。

たとえば、閲覧ウィンドウを追加できます。

これは、予定表と個々のアイテムを横に並べて表示する場合に便利です。

ここで、[表示] タブのその他のオプションも見てみましょう。まず、タイム スケールです。

これを使うと、時間の表示単位を変更できます。

たとえば、15 分単位で時間を表示できます。

予定表の情報量が増えてくると、アイテムの移動や検索には Outlook のツールとオプションを使うと便利です。

この上部の矢印では、過去や未来の予定表に移動できます。

選択した表示に応じて、日単位、週単位、月単位で移動します。

もっと速く移動するには、カレンダーの日付をクリックします。

日付を選択するには、[ホーム] タブにある [移動] ダイアログ ボックス起動ツールをクリックする方法もあります。

多くの場合、予定や会議を最もすばやく見つける方法は検索です。ここにテキストを入力して、Enter キーを押します。

テキストが含まれるアイテムが一覧に表示されます。

アイテムをダブルクリックして開きます。

予定表に戻るには、検索ボックスの X ボタンをクリックします。

次のビデオでは、最初のビデオで作成した予定に戻り、その予定を会議に変更します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×