予定表を外部ユーザーと共有する

多くの場合、組織外のユーザーとの会議をスケジュールする必要があります。 互いに合意できる会議時間を見つけるプロセスを簡単にするために、Office 365 では "外部ユーザー" が予定表を表示できるようにすることができます。この外部ユーザーとは、空き時間情報を確認する必要があるが、Office 365 環境のユーザー アカウントを持っていないユーザーのことです。

予定表の共有はグローバル設定です。つまり Office 365 の管理者は、テナント内のすべてのユーザーに対して予定表の共有を有効にできます。 共有が有効になると、ユーザーは Outlook Web App を使用して組織内外のユーザーと予定表を共有できます。 組織内のユーザーは、共有された予定表と自分自身の予定表を並べて表示できます。 組織外のユーザーには、予定表を表示するために使用できる URL が送信されます。 ユーザーは共有時間、共有範囲、予定表を非公開にする時間を決定します。

注: Exchange Server 2013 (オンプレミスのソリューション) を使用する組織と予定表を共有する場合は、Exchange 管理者がクラウドとの認証リレーションシップをセットアップする必要があります。これは “フェデレーション” と呼ばれるもので、ソフトウェアの最小要件を満たす必要があります。詳細については、「共有」を参照してください。

Office 365 管理センター を使って予定表の共有を有効にする

  1. 職場または学校のアカウントを使用して、Office 365 にサインインします

  2. アプリ ランチャー アイコン アプリ起動ツール ボタン を選び、[管理] を選びます。

  3. [設定] > [サービスとアドイン] に移動します。

    左側のナビゲーション ウィンドウで、[設定] をクリックして、[サービスとアドイン] をクリックします。
  4. [サービスとアドイン] ページで、[予定表] をクリックします。

    [サービスとアドイン] ページで、[予定表] をクリックします。
  5. 表示される [予定表] ページで、次のいずれかを行います。

    • 予定表の共有を有効にするには、[ユーザーが Office 365 の Exchange を持つ外部ユーザーと予定表を共有できるようにする] のスライダーを [オン] に移動します。

    • 予定表の共有を無効にするには、[ユーザーが Office 365 の Exchange を持つ外部ユーザーと予定表を共有できるようにする] のスライダーを [オフ] に移動します。

  6. 招待メールを受け取った匿名ユーザー (ログオン資格情報を持たないユーザー) が予定表にアクセスできるようにする場合は、[招待メールを受け取った匿名ユーザーによる予定表へのアクセスを許可する] のスライダーを [オン] に移動します。

    [予定表] ページで、状況に合わせて設定を構成します。

    匿名ユーザーを許可するチェック ボックスをオンにするときは、ユーザーが使用できるようにする予定表の情報の種類を決定する必要があります。すべての情報を許可することも、制限することもできます。これらの選択では、ユーザーが表示できる情報量を個別に指定します。次のいずれかを選びます。

    • 時間だけの予定表の空き時間情報

    • 時間、件名、場所を含む予定表の空き時間情報

    • すべての予定表の予定情報

テナントで共有が有効になると、予定表の所有者は特定のユーザーを招待できます。手順については、「予定表を共有する」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×