予定表のバックアップを取る

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Outlook から予定表を削除できます。削除を実行する前に、後で参照できるようにスケジュールのバックアップ コピーを作成します。

さらに詳しく

予定表の基本

予定表に祝日を追加する

ツアーが完了したら、Outlook から予定表を削除して、他の予定のためにスペースを空けます。

ただしその前に、スケジュールのコピーをバックアップして、将来の参照用に取っておきましょう。

予定表を選びます。 次に、[ファイル]、[開く/エクスポート]、[インポート/エクスポート] の順にクリックします。

[ファイルにエクスポート]、[次へ] の順にクリックします。

[Outlook データ ファイル]、[次へ] の順にクリックします。

予定表が選択されていることを確認して、 [次へ] をクリックします。

次に、ファイルの保存場所を参照してファイル名を入力し、[OK] をクリックします。

[完了] をクリックします。

予定表へのアクセスを制限したい場合は、パスワードを入力し、確認のため再入力します。 ここでは空白にして [OK] をクリックします。

予定表をバックアップしたので、フォルダー一覧で予定表を右クリックして [予定表の削除] をクリックします。

[はい] をクリックして [削除済みアイテム] フォルダーに送ります。

気が変わったら、[削除済みアイテム] を空にする前に予定表を取得できます。

ナビゲーション バーの省略記号と [フォルダー] をクリックします。

[削除済みアイテム] で予定表を見つけ、アクティブな予定表に戻します。

今は実行しませんが、将来バックアップした予定表を開きたいことがあるかもしれません。

このためには、[ファイル]、[開く/エクスポート]、[インポート/エクスポート] の順にクリックします。

今回は、[他のプログラムまたはファイルからのインポート] をクリックし、[次へ] をクリックします。

[Outlook データ ファイル]、[次へ] の順にクリックします。

PST ファイルを参照し、選択して開きます。 [次へ] をクリックします。

データ ファイルを開いて、予定表をクリックします。

予定表をエクスポート元と同じ場所にインポートします。 [完了] をクリックします。

予定表に移動して開きます。

これで、Outlook 予定表の機能がより詳しくおわかりになったと思います。

次は、自分の予定表を作成して実際にツールを使ってみましょう。

詳しくは、コースのまとめにあるリンクをご確認ください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×