スキップしてメイン コンテンツへ
予定表でスクリーンリーダーを利用する基本的な作業

予定表でスクリーンリーダーを利用する基本的な作業

キーボードとスクリーンリーダーで Windows 10 の予定表 を使って、必要な基本タスクを実行します。 これはナレーターでテストしましたが、一般的なアクセシビリティ標準や手法に従う限り、他のスクリーンリーダーと連携する可能性があります。 カレンダーイベントを開いて編集したり、オンライン会議に参加したりすることができます。

注: 

この記事の内容

予定表ビューを設定する

予定表を表示するには、[]、[]、[]、または [] ビューの4つのオプションのいずれかを選ぶことができます。 既定のオプションは [] です。

  1. "[今日へ移動] ボタン" と読み上げられるまで F6 キーを押します。

  2. 目的のオプションが読み上げられるまで Tab キーを押し、読み上げられたら enter キーを押します。 目的のオプションが読み上げられない場合は、[表示] メニュー内で非表示になっています。 "表示ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、enter キーを押してメニューを開き、目的のメニューオプションが読み上げられるまで Tab キーを押します。 Enter キーを押してオプションを選択します。

予定表イベントを開き、読んで編集する

空き時間情報スケジュールを維持するために、イベントの詳細をすぐに閲覧し、編集できます。

注: 自分が作成したイベントのみを編集できます。 たとえば、他のユーザーから受信した会議出席依頼を編集することはできません。

  1. [メインコンテンツ] 領域で、曜日とイベントを参照するには、目的の日付が読み上げられるまで Tab キーを押すか、Shift キーを押しながら Tab キーを押します。次に、開くイベントが読み上げられるまで Tab キーを押します。

  2. イベントを詳しく確認するには、Enter キーを押します。 [イベントの詳細] ウィンドウが開きます。

  3. Tab キーを押すか、Shift キーを押しながら Tab キーを押して、イベントの詳細を移動します。 イベントを所有している場合は、キーボードを使用して、必要に応じてイベントテキストフィールドの内容を編集することができます。

  4. Ctrl キーを押しながら S キーを押して、変更内容を保存します。 会議を編集している場合、会議を保存すると、すべての出席者に更新された招待状も送信されます。

予定表から Skype for Business 会議に参加する

注: 以下で説明するように Skype for Business 会議に参加するには、お使いのコンピューターに Skype for Business アプリがインストールされていること、アプリが実行中であること、職場または学校のアカウントで Skype for Business にサインインしていることを確認してください。 職場または学校のアカウントを使用せずに会議に参加するには、「ゲストとして会議に参加する」を参照してください。

  1. 会議イベントの詳細を 予定表で開きます。

  2. Alt キーを押してフォーカスをリボンに移動し、下方向キーを1回押します。 "[オンラインで参加] ボタン" と読み上げられるまで右方向キーを押し、enter キーを押します。

  3. Skype for Business アプリが表示されます。 "会話ウィンドウ" と読み上げられ、会議に接続されています。

    ヒント: [ミュート]、[ミュート解除]、[通話の終了] など、会議ウィンドウ内のボタン間を移動するには、目的の音声が聞こえるまで Tab キーを押します。 ボタンを押すには、enter キーを押します。

ゲストとして会議に参加する

ゲストとして Skype for Business 会議に参加できます。つまり、職場または学校のアカウントの資格情報で Skype for Business にサインインしない場合でも、 Skype for Business アプリをインストールする必要があります。

  1. 会議イベントの詳細を 予定表で開きます。

  2. Alt キーを押してフォーカスをリボンに移動し、下方向キーを1回押します。 "[オンラインで参加] ボタン" と読み上げられるまで右方向キーを押し、enter キーを押します。

  3. Skype for Business アプリが表示されます。 "会話ウィンドウ" と読み上げられます。 "ゲストとして参加、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、enter キーを押します。

  4. "名前を入力してください" という音声が聞こえるまで Tab キーを押し、会議に表示させる名前を入力して、enter キーを押して会議に接続します。

    ヒント: [ミュート]、[ミュート解除]、[通話の終了] など、会議ウィンドウ内のボタン間を移動するには、目的の音声が聞こえるまで Tab キーを押します。 ボタンを押すには、enter キーを押します。

予定表を印刷する

選択した日、週、またはカレンダーの月を予定表に印刷します。

  1. メインコンテンツ領域で、"今日に移動ボタン" と読み上げられるまで F6 キーを押します。

  2. "表示ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、enter キーを押します。

  3. "印刷ボタン" と読み上げられるまで下方向キーを押し、enter キーを押します。 [ビューの印刷] ダイアログが開きます。

  4. 印刷する予定表のビューを選択するには、<"現在のビューの選択>、読み取り専用コンボボックス" という音声が聞こえるまで Tab キーを押し、目的のものが読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押します。

  5. ビューの開始日を選択するには、"差出人" と既定の日付が聞こえるまで Tab キーを押し、"日付の選択" と読み上げられるまで SR キーを押しながら右方向キーを押し、次に SR キー + Enter キーを押して日付の選択コントロールを開きます。 日付の選択コントロールで、現在の日付が読み上げられるまで Tab キーを押した後、方向キーを使用して目的の日付にフォーカスを移動し、enter キーを押して選択します。

  6. [印刷] ダイアログボックスを開くには、"プレビュー" と読み上げられるまで Tab キーを押し、聞こえたら Enter キーを押します。

  7. Tab キーを押して、印刷オプションを参照します。 完了したら、"印刷ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、読み上げられたら enter キーを押します。 予定表が印刷されます。

関連項目

スクリーンリーダーを使用して予定表を検索して移動する

予定表のショートカットキー

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×