テンプレートとひな形

テンプレートを作成する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

基本的な情報 (招待者、件名など) が含まれた会議の出席依頼テンプレートを作成して、進捗会議を開くたびに使うと、時間の節約になります。

チームのとあるプロジェクトで、進捗を報告する会議を、定期的ではなく、

必要に応じて随時開催しようと考えています。

なので、今回は定期的な会議の機能は使いません。

頻繁に開催することは分かっていますが、いつ開催するかは分かりません。

手間を省くため、

必要な情報を入力した会議出席依頼のテンプレートを作成します。

出席者、

件名、

場所、

そして、ひな形となる文章を入力しておき、

会議を設定する段になったら、すぐに使えるようにしておきます。

これは、ビデオ 1「テンプレートとひな形」で作成した

メールのテンプレートとよく似ていて、

通常の会議出席依頼を作成したら、テンプレートとして保存します。

[ファイル]、

[名前を付けて保存] の順にクリックして、

[ファイルの種類] から [Outlook テンプレート] をクリックします。

テンプレートの保存場所は、変更しないでください。

覚えやすい名前を付けて、

[保存] をクリックします。

会議出席依頼を閉じるときに、ダイアログが表示されます。

[変更内容を保存しない] が選択されている状態で、[OK] をクリックします。

会議を設定するときは、

[新しい会議] ではなく

[新しいアイテム] をクリックします。

[その他のアイテム] から [フォームの選択] をクリックます。

[フォルダーの場所] の横にある下矢印をクリックして、

[ファイル システム内のユーザー テンプレート] をクリックすると、

テンプレートが表示されます。

テンプレートが見つからない場合は、前の手順をもう一度行って、

[ファイル システム内のユーザー テンプレート] を選んでいることを確認してください。

会議出席依頼を開いたら、会議の日時を設定し、

新しい情報を追加して、

送信します。

タスクや連絡先のテンプレートを作成する場合も、同じ手順で行えます。

連絡先の場合は、

[同じ勤務先の連絡先] という機能を使うと、さらに簡単です。

テンプレートとして使う連絡先を選びます。

[新しいアイテム] をクリックして、

[同じ勤務先の連絡先] をクリックします。

必要な情報を追加したり編集して、

[保存して閉じる] をクリックすると、

その連絡先が追加されます。

次は、メールにひな形に追加する方法を説明します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×