乗算および Excel で数値を除算します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Excel では、計算するための単純な式を作成することで乗算や除算を簡単に実行できます。 ただし、Excel のすべての数式は等号 (=) で始まることにご注意ください。数式は数式バーを使用して作成できます。

数値の積を求める

たとえば、顧客との会議にミネラル ウォーターが何本必要かを計算したり (出席者数 × 4 日間 × 1 日 3 本)、出張費の仮払い清算をしたり (合計キロメートル数 × 0.46) する場合を考えてみましょう。これらの場合、いくつかの方法で数値の積を求めることができます。

セル内の数値の積を求める

この処理を実行するには、* (アスタリスク) 算術演算子を使用します。

たとえば、セルに「=5*10」と入力すると、結果 50 が表示されます。

数値の列と定数との積を求める

たとえば、7 列の各セルと別のセルに含まれる数値との積を求めるとします。この例では、セル C2 に入力されている値 "3" との積を求めます。

定数で数値を乗算します。
  1. 種類= A2 * $B$ 2 (上記の例は、列 D を使用)、スプレッドシートに新しい列にします。必ず、数式の B の前に、2 の前に $ 記号を追加し、ENTER キーを押します。

    注: ドル記号と特殊文字を使用して Excel に指示 B2 への参照がある「絶対」別のセルに数式をコピーする場合、参照常にされるセル B2 にことを意味します。= A3 の場合は、数式に $ 記号を使用していない、数式をセル B3 まで下にドラッグして、Excel の数式には変更 * C3、B3 の値がないために、機能はありません。

  2. 数式を列の他のセルまで下にドラッグします。

    注: Windows 版のExcel 2016セルが自動的に表示されます。

数式を使って複数のセルに入力された数値の積を求める

数値、セルおよびセル範囲を乗算するのには、 PRODUCT 関数を使用することができます。

PRODUCT 関数を使用して数値を乗算します。

PRODUCT関数では、最大 255 数値またはセル参照の任意の組み合わせを使用できます。たとえば、数式=PRODUCT(A2,A4:A15,12,E3:E5,150,G4,H4:J6)では、1 つの 2 つのセル (A2 および G4)、2 つの数値 (12 と 150)、および (A4:A15、E3:E5、および H4:J6) の 3 つの範囲を乗算します。

数値を除算する

プロジェクト (project は合計時間 ÷ 合計にユーザー プロジェクト) または最近使用した横断旅行 (マイル数の合計数を総ガロン) を 1 ガロンあたり実績マイルが完了するにかかった人の時間数を確認したいとします。数値を除算するいくつかの方法があります。

単一のセル内で数値を除算する

この処理を実行するには、/ (スラッシュ) 算術演算子を使用します。

たとえば、セルに「=10/5」と入力した場合、2 と表示されます。

重要: セル内に数値や / 演算子を入力する前に等号 (=) を入力してください。このように入力しないと、入力する内容が Excel では日付と解釈されます。たとえば、セルに「7/30」と入力した場合、30-Jul と表示される場合があります。または、セルに「12/36」と入力した場合、その値は最初に 12/1/1936 に変換され、1-Dec と表示されます。

注:  Excel には DIVIDE 関数はありません。

セル参照を使用して数値を除算する

数式に数値を直接入力する代わりに、A2 や A3 などのセル参照を使用して、割る数と割られる数を参照できます。

例:

使用例を新規のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

使用例をコピーする方法

  1. 新しいブックまたはワークシートを作成します。

  2. ヘルプ トピックから使用例を選びます。

    注: 行見出しまたは列見出しは選ばないでください。

    ヘルプから使用例を選ぶ

    ヘルプから使用例を選択する

  3. Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

  4. ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

  5. 結果を表示して、結果を返す数式の表示を切り替えるには、ctrl キーを押します。 ' (アクサン グラーブ)、または [数式] タブで、数式の表示] をクリックします。

A

B

C

1

データ

数式

説明 (計算結果)

2

15000

=A2/A3

15000 を 12 で除算します (1250)

3

12

数値の列を定数で除算する

7 個の数値がある列の各セルを、別のセルに入力されている数値で除算するとします。次の例では、セル C2 に入力されている値 "3" で除算します。

A

B

C

1

データ

数式

定数

2

15000

=A2/$C$2

3

3

12

=A3/$C$2

4

48

=A4/$C$2

5

729

=A5/$C$2

6

1534

=A6/$C$2

7

288

=A7/$C$2

8

4306

=A8/$C$2

  1. 種類= A2/$C$ 2セル B2 にします。数式に C の前に、2 の前に $ 記号を含めることを確認します。

  2. B2 の数式を列 B の他のセルへドラッグします。

注: ドル記号と特殊文字を使用して Excel に指示 C2 への参照がある「絶対」を別のセルに数式をコピーするときに参照は常にするセル C2 ことを意味します。数式に $ 記号を使用していない、数式をセル B3 まで下にドラッグして、Excel を変更する数式 = A3 機能は、C3、C3 の値がないためです。

関連項目

演算子と演算の順序

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×