主キーを計画する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

すべてのデータベース テーブルには主キーが必要です

すべてのテーブルの [クリティカル] フィールド

計画の次の手順は、各テーブルに主キー フィールドを追加することです。 主キーはフィールドまたはフィールドの組み合わせであり、テーブルの各行のレコードを一意にする値が含まれています。 たとえば、電話会社は "山田 太郎" というすべての名前を、一意の主キー値を使って識別することで管理しています。

ほかに、データベース内の各レコードを特定するには、使用することも主キーのリレーションシップのテーブル間。それらのルールがある主キーには、重要な実際のところ、: データベース内のすべてのテーブルは、主キーを設定する必要があります。しなくても、リレーションシップを作成し、データから意味のある情報を抽出することはできません、レコードを複製する可能性が高くを強調して、データがられます困難を使用するには

Access には、主キーを作成するのには、いくつかの方法が用意されています。だけ起動するため、最も簡単な方法は、テーブルの各"AssetID"または「仕入先コード」など、"ID"フィールドを計画し、[オート ナンバー データ型にフィールドを設定するには新しいレコードを追加するときにいつでもアクセスは 1 つずつ、そのフィールドの値をインクリメントします。またにデータベースを SharePoint に発行を計画している場合は、すべてのテーブルの主キーとしてオート ナンバー型フィールドを使用する必要があります。

このシリーズの次のコースでは、主キーを作成するには、アクセスできるようにする方法、および自分で作成する方法を説明します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×