中断または Office 365 クラウド アプリのセキュリティのユーザー アカウントを復元します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Office 365 の高度なセキュリティ管理がOffice 365 Cloud App Securityされます。

評価   >

計画   >

展開   >

使用率   

評価します。

計画を開始します。

展開を開始します。

次のとおりです。

次のステップ

Office 365 の組織のユーザー アカウントのいずれかが侵害されている通知を受信するとします。または、問題が発生をユーザー アカウントを示す通知を受信したとします。Office 365 Cloud App Security、ユーザー アカウントを一時停止でき、後で受信するアラートを調査する後に復元できます。

注: Office 365 Cloud App SecurityはOffice 365 Enterprise E5で使用できます。組織が別のOffice 365 Enterpriseサブスクリプションを使用している場合は、アドオンとしてOffice 365 Cloud App Securityを購入することができます。(グローバル管理者は、Office 365 管理センターで、選択課金>サブスクリプションを追加します)。詳細については、次を参照してください。 Office 365 プラットフォーム: Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センター一般法人向け Office 365 のアドオンを購入するとします。

Office 365 Cloud App Securityでユーザー アカウントを停止するには

ユーザー アカウントを中断するときにようにすること、ユーザーから、もう一度サインインします。同じですが、サインイン ブロックにサインインした状態を設定するのには、 Office 365に直接ユーザー アカウントを編集します。

注: ユーザーを停止するか、サインイン状態を編集して、ユーザーの Office 365 へのサインイン アクセスをブロックする場合は、すべてのユーザーのデバイスとクライアントに反映されるまでに約 1 時間かかる可能性があるので気を付けてください (Office 365 のユーザーの編集についてはこちらを参照してください)。ユーザーが Office 365 にサインインしている場合、Office 365 からユーザーの再サインインが要求されるときに、ブロックは有効になります。

  1. グローバル管理者またはのセキュリティ管理者https://protection.office.comに移動し、職場または学校のアカウントを使用してサインインします。(これを行うセキュリティ/コンプライアンス センター。)

  2. セキュリティ/コンプライアンス センターで、[警告]、[高度な警告の管理] の順に選びます。

  3. [Office 365 Cloud App Security に移動する] を選択します。

    セキュリティとコンプライアンス センターで、[Office 365 クラウド アプリのセキュリティに移動する高度な通知の管理] を選びます

  4. ナビゲーション バーで、画面の一番上には、[通知] を選びます。

  5. [通知] 列で特定のユーザー アカウントに関連する警告をダブルクリックします。

  6. [アカウント] で、[状態] 列での選択設定 設定アイコン >中断ユーザー

ユーザー アカウントを復元するには

Office 365 でユーザーを復元するを参照してください。

次のステップ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×