不審な Web サイトへのリンクやそうしたサイトからのファイルについてのセキュリティの警告を有効または無効にする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

使用しているドキュメントには、不審な web サイトからファイルを開こうとするときにまたは不審な web サイトへのリンクが含まれている場合は、関連するリスクを説明します。Microsoft Office で、セキュリティ センターの設定でこのようなリスクから保護します。Office 2013 で、2010、および 2007 では、これらの設定を変更できます。これらの設定を変更するのには新しいバージョンの Microsoft Office では使用できません。

Office では、不審な Web サイトへのリンクの検出が既定で有効になっています。セキュリティの警告が表示されないように検出を無効にすることができます。しかし、このような設定はお勧めできません。

  1. Office プログラムで、[ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックします。

  4. [プライバシー オプション] をクリックします。

  5. [プライバシー オプション] の [不審な Web サイトからの Microsoft Office ドキュメント、またはそのような Web サイトにリンクしている Microsoft Office ドキュメントをチェックする] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

  6. [OK] をクリックします。

次の画像は、セキュリティ センターの [プライバシー オプション] 領域の例です。

セキュリティ センターの [プライバシー オプション] 領域

ページの先頭へ

不審な Web サイトへのリンクであるかどうかを判断することは困難です。ただし、Office のセキュリティ機能は、悪意のある Web サイトへのリンクをクリックして生じる問題を防ぐことができます。

次の画像は、不審なリンクがクリックされたときに表示される Outlook 警告の例です。

不審なサイトへのリンクがクリックされたときに表示される Outlook メッセージ

同形異義語攻撃または偽装された Web サイト

セキュリティ センターのオプションは、同形異義語攻撃 (他の言語のアルファベット文字を使用した Web アドレス) などの悪意のある攻撃からユーザーを保護する際に役立ちます。その Web アドレスは正しいアドレスのように見えますが、悪意のあるサイトを開く可能性があります。

たとえば、Web アドレス www.microsoft.com はまるで本物のように見えますが、実は "i" の文字がウクライナ語のキリル文字になっている偽物です。

警告メッセージが表示された場合の対処

偽装している可能性のあるドメイン名を使用している Web サイトへのリンクをクリックすると、警告メッセージが表示されます。サイトにアクセスするように選択することもできますが、警告メッセージで [いいえ] をクリックすることをお勧めします。

安全性とオンライン詐欺の詳細

オンライン詐欺の詳細については、「フィッシング詐欺やその他の形式のオンライン詐欺から身を守る」を参照してください。

ネットいじめの被害を最小限に抑える、子供がソーシャル ネットワーク サイトをもっと安全に使用して家族がより安全にオンライン保つための Microsoft 製品ペアレンタル コントロールを使用して: Microsoft セーフティします。

ページの先頭へ

特定の Web サイトが信頼できるサイトであることがわかっている場合は、Web サイトを Internet Explorer の信頼済みサイトゾーンに追加して、警告を無効にすることができます。信頼されたサイトとは、ユーザーの組織のイントラネット上に存在するサイトや、信頼できる情報源から教えてもらったサイトなどです。

  1. Internet Explorer の [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ] タブの [信頼済みサイト] をクリックし、[サイト] をクリックします。

  3. [次の Web サイトをゾーンに追加する] ボックスに追加する Web サイトのアドレスを入力または選択し、[追加] をクリックします。

    注: 選択したゾーンの Web サイトに接続する前に、ゾーンに追加した各 Web サイトのサーバーが安全かどうか確認する場合は、[このゾーンのサイトにはすべてサーバーの確認 (https:) を必要とする] チェック ボックスをオンにします。

  4. [OK] をクリックします。

注: 既定では、信頼済みサイト ゾーンに割り当てられている Web サイトはなく、信頼済みサイト ゾーンのセキュリティ レベルは [] に設定されています。

ページの先頭へ

同形異義語では、別の単語のスペル ミスと同じではなく、さまざまな意味の単語です。コンピューターでは、フィッシングは、使い慣れた Web アドレスのように見えますが、実際に変更する Web アドレスです。これは、 ドメイン名がアルファベット文字は、英語だけでなく、別の言語を使用して作成されたときに発生します。たとえば、次の Web アドレスに本物思うかもしれませんが、"i"が、ウクライナ語のキリル文字は、何が表示されません。

www.microsoft.com

フィッシングは、使い慣れた Web サイトに移動することにコンシューマーに銀行や他の会社のドメイン名を偽装します。偽装しているドメイン名の Web アドレスを検出するには、特別なソフトウェアが必要です。2007 Office リリースで不審な Web サイトに誘導するリンクからユーザーを保護する方法の詳細については、次のセクションを参照してください。

ページの先頭へ

既定では、 2007 Office リリースには、次のような状況でセキュリティの警告が表示されます。

  • 文書を開いて、アドレスを持つ可能性のある偽装しているドメイン名を持つ Web サイトへのリンクをクリックします。

  • アドレスを持つ可能性のある偽装しているドメイン名を持つ Web サイトからファイルを開きます。

偽装している可能性のあるドメイン名を使用している Web サイトへのリンクをクリックしたときに表示される警告を次に示します。

Microsoft Office のセキュリティに関する注意

引き続き Web サイトにアクセスするかどうかを選択できます。このような場合は、 [いいえ] をクリックすることをお勧めします。これらの通知を受信しない場合は、それらを無効にすることができます。詳細については、次の 2 つのセクションを参照してください。

ページの先頭へ

偽装している可能性のあるドメイン名の検出は既定でオンにします。セキュリティの警告が表示されないもお勧めできません。 このように、検出を無効にできます。これらの2007 Microsoft Office systemプログラムで、次の操作を行います。

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Access のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックします。次に、[プライバシー オプション] をクリックします。

  3. 確認の Office ドキュメントまたは不審な Web サイトへのリンク] チェック ボックスをオフにします。

  1. [ヘルプ] メニューには、お客様のフィードバックのオプションをクリックします。

  2. Web リンク プライバシー] で [チェックの Office ドキュメントをからまたは不審な Web サイトにリンクする] チェック ボックスをオフにします。

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックします。次に、[プライバシー オプション] をクリックします。

  3. 確認の Office ドキュメントまたは不審な Web サイトへのリンク] チェック ボックスをオフにします。

  1. [ツール] メニューで、[セキュリティ センター]、[プライバシー オプション] の順にクリックします。

  2. 確認の Office ドキュメントまたは不審な Web サイトへのリンク] チェック ボックスをオフにします。

  1. [ヘルプ] メニューには、お客様のフィードバックのオプションをクリックします。

  2. Web リンク プライバシー] で [チェックの Office ドキュメントをからまたは不審な Web サイトにリンクする] チェック ボックスをオフにします。

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[PowerPoint のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックします。次に、[プライバシー オプション] をクリックします。

  3. 確認の Office ドキュメントまたは不審な Web サイトへのリンク] チェック ボックスをオフにします。

  1. [ヘルプ] メニューには、お客様のフィードバックのオプションをクリックします。

  2. Web リンク プライバシー] で [チェックの Office ドキュメントをからまたは不審な Web サイトにリンクする] チェック ボックスをオフにします。

  1. [ヘルプ] メニューには、お客様のフィードバックのオプションをクリックします。

  2. Web リンク プライバシー] で [チェックの Office ドキュメントをからまたは不審な Web サイトにリンクする] チェック ボックスをオフにします。

  1. [ツール] メニューで、[セキュリティ センター]、[プライバシー オプション] の順にクリックします。

  2. 確認の Office ドキュメントまたは不審な Web サイトへのリンク] チェック ボックスをオフにします。

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックします。次に、[プライバシー オプション] をクリックします。

  3. 確認の Office ドキュメントまたは不審な Web サイトへのリンク] チェック ボックスをオフにします。

特定の Web サイトが信頼できる場合は、Web サイトを Windows Internet Explorer では、信頼済みサイト ゾーンに追加して、通知を無効にすることができます。信頼済みサイト ゾーンには、組織のイントラネット上に置かれているサイトまたはサイトを信頼することがあるとその人たちが確立されているソースからについて学習するなど、安全であると考えられる Web サイトが含まれています。Web サイトを信頼済みサイト ゾーンに追加すると、ファイルをダウンロードまたはその Web サイトから実行するが、コンピューターやデータを損なわずに考慮することを示します。既定では、Web サイトが信頼済みサイト ゾーンに割り当てられていないと、信頼済みサイト ゾーンのセキュリティ レベルが低] に設定します。

Web サイトを信頼済みサイト ゾーンに割り当てる

  1. Internet Explorer のバージョン 5、6、7、[ツール] メニューで、 [インターネット オプション]をクリックします。

  2. [セキュリティ] タブの [信頼済みサイト] をクリックし、[サイト] をクリックします。

  3. Web サイトをゾーンに追加] ボックスに入力するか、Web サイトのアドレスを選択して、[追加] をクリックします。

  4. Internet Explorer で、サーバー、このゾーン内のすべての Web サイトに接続する前に、このゾーンの各 Web サイトはセキュリティで保護された] を選択することを確認する場合、サーバーの確認 (https:) このゾーン内のすべてのサイトのチェック ボックスをオンします。

  5. [OK] を 2 回クリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×