不在時に自動応答を送信する (トレーニング)

不在時のアシスタントの操作に慣れている場合は、自動応答機能の使い方は同じなので、簡単に使用できます。このコースでは、他のユーザーからメールが Exchange アカウントや POP3 または IMAP のアカウント (Hotmail や Gmail など) に送信されたときに、自動的に応答する方法について説明します。また、不在中でも受信メッセージを容易に管理できるルールを作成する方法についても説明します。このビデオをスキップして、文書での手順に移動する場合は、「Send automatic out of office replies from Outlook (Outlook から不在時の返信を自動的に送信する)」を参照してください。

Exchange Server アカウントによる自動応答を使用する

Microsoft Exchange Server アカウントを使用している場合に自動応答を作成して送信する。(3:40)

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Exchange を使わずに自動応答を使う

Exchange アカウントを持っていない場合に自動応答を作成して送信する (Hotmail、Gmail、ISP のメール サービスなどのサービスを利用する)。(3:35)

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

メールを管理するルールの作成方法

不在中でも受信メッセージを容易に管理できるルールを作成する。(3:54)

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

始める前に

Exchange Server アカウントを持っていない場合に応答を送信するには、Microsoft Office 2010 32 ビット版の Service Pack 1 または Microsoft Office 2010 64 ビット版の Service Pack 1 をインストールする必要があります。

クイック リファレンス カード

このコースの重要なポイントを簡単に確認できるクイック リファレンス カードを参照してください。

他のコースは、Microsoft Office トレーニングに用意されています。

関連項目

Send automatic out of office replies from Outlook (Outlook から不在時の返信を自動的に送信する)

Manage email messages by using rules (ルールを使用して、メール メッセージを管理する)

Best practices for Outlook 2010 (Outlook 2010 のベスト プラクティス)

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×