上位または下位 100 のチャートを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Power Map に大量のデータが存在し、そのデータが複数の地理的な場所に分散している場合、最上位や最下位のデータを見つけることは難しくなります。 また上位または下位 100 のチャートを使うと、視覚的な比較が簡単にできます。 二次元 (2-D) チャートを追加すると、特定のシーン内のすべてのレイヤーで、上位 100 または下位 100 のデータがどこにあるかを簡単に確認できます。 3-D チャートの場合、奥行きがあるため、どの値が上位にあるか判断が難しい場合がありますが、2-D チャートで奥行きをなくすと、楽に判断できるようになります。

上位 100 のチャート
地理的な場所ごとに左から右に上位データを表示する、上位 100 のチャート。
  1. [ホーム] > [2-D グラフ] の順にクリックします。

    Power Map の [ホーム] タブの [2-D グラフ] ボタン

  2. 横棒グラフなど別の種類のグラフに変更するには、グラフの右上隅のアイコンをクリックし、目的のグラフの種類を選びます。

    上位 100 のグラフの [グラフの変更] オプション

  3. 上位 100 と下位 100 のデータを切り替えるには、グラフの上にある [上位] または [下位] のリンクをクリックします。

    上位 100 と下位 100 のグラフを切り替えるリンク

    注記: 

    • 特定のシーンにレイヤーが 1 つしか存在しない場合、グラフは自動的に生成されます 複数のレイヤーが存在する場合、グラフに表示するレイヤーを選びます。

    • サイズ変更ハンドルをドラッグすることで、グラフのサイズを変更できます。 これにより、列の幅のサイズも変更されます。

    • 個々のバーをクリックすると、そのデータがどこにあるかを示すため、他のバーが灰色に変わり、地球儀上のバーに「ブラシ」がかけられます。 また、地球儀または地図が回転して拡大され、地図の中心にブラシがかけられた位置が表示されます。 クリックしたバーが 3-D マップに表示されていない場合、地球儀が回転してその場所が表示されます。

    • レイヤーに複数の値が表示されている場合、フィールド リストで並べ替えのベースとなる項目を変更することで、順番を変えることができます。 たとえば、特定の郵便番号内で販売されたチケットの数によってデータを並べ替えている場合、その郵便番号における各チケットの割引額順に並べ替えることもできます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×