上付き文字または下付き文字の文字列を挿入する

上付きまたは下付きとは、行の文字列よりやや高い、またはやや低い位置に配置された数字を指します。たとえば、脚注または文末脚注の番号が上付きの例です (脚注1)。化学式では下付きの文字列が使用される場合もあります (H2O)。

上付き文字または下付き文字の書式設定の例

文字列を上付き文字または下付き文字にする

  1. 上付き文字または下付き文字として書式設定する文字列を選びます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • [ホーム] タブの [フォント] で、[下付き] をクリックします。または Ctrl キーを押しながら = キーを押します。

      フォント グループの下付きコマンド

    • [ホーム] タブの [フォント] で、[上付き] をクリックします。または Ctrl + Shift + = キーを押します。

      フォント グループの上付きコマンド

    注: Word Online を使用している場合、キーボード ショートカットは機能しません。

  3. 書式を元に戻すには、もう一度 [下付き] または [上付き] ボタンをクリックするか、ショートカット キーを繰り返し押します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×