上付き文字の書式設定を削除する

スライド テキストの書式を 2nd ではなく、2nd に設定する必要がある場合があります。しかし、かなりのフラストレーションになるため、PowerPoint で該当する数字の上付き文字の書式を設定することができます。

PowerPoint では、序数の最後に上付き文字の書式設定が自動的に適用されます。これらは、21st、22nd、23rd、24th など、基準からの相対位置を順に表すものです。

プレゼンテーションを閉じ、上付き文字モードを取り消すことで、オートフォーマットを停止することができます。手順は次のとおりです。

  1. PowerPoint 2016、2013、または 2010 を使用している場合は、[ファイル]、[オプション] の順にクリックします。

    PowerPoint 2007 を使用している場合は、Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[PowerPoint のオプション] をクリックします。

  2. [文章校正]をクリックし、[オートコレクトのオプション] で [オートコレクトのオプション] をクリックします。

  3. [入力オートフォーマット] タブをクリックし、[序数 (1st, 2nd, 3rd, ...) を上付き文字に変更する] チェック ボックスをオフにして、PowerPoint で数字に上付き文字の書式が適用されないようにします。

    ヒント: 上付き文字または下付き文字の書式設定をオン/オフにする方法など、PowerPoint での上付き文字または下付き文字の操作の詳細については、「上付き文字または下付き文字としてテキストを書式設定する」をご覧ください。

ページの先頭へ

関連項目

テキストに上付き、下付きの書式を設定する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×