一部の Office 365 ユーザーに対して検索、メールヒント、空き時間情報が機能しません

最終更新日: 2018 年 5 月 1 日

問題

メールヒントまたは空き時間情報が検索できなかったり、表示されなかったりすることがあります。

空き時間情報を表示すると、次のエラーが表示されることがあります。

"空き時間情報を取得できませんでした。サーバーの場所を確認できませんでした。"

この問題はビルド 8420.xxxx 以降で発生します。Outlook 2016 の最近の変更によりユーザー エージェントが変わり、それが Exchange EWSAllowOutlook 機能の問題を引き起こします。

変更前のエージェント:

ユーザー エージェント: Microsoft Office/16.0 (Windows NT 10.0、Microsoft Outlook 16.0.8201、Pro)

変更後のエージェント:

ユーザー エージェント: Microsoft Office/16.0 (Windows NT 10.0、MAPI 16.0.8528、Pro)

注: EWSAllowOutlook は "MAPI" ではなく "Microsoft Outlook" を探します。Exchange サーバーの設定に EWSAllowOutlook を指定しても、Outlook で EWS を使用できるようになりません。クライアントに 403 エラーが返されます。EWS と REST が停止します。

この問題は、月次チャネル バージョン 1804 (ビルド 9226.2114) 以降で修正されています。最新の更新プログラムを今すぐ入手するには、Outlook を開いて [ファイル]、[Office アカウント]、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選択します。

半期チャネルについては、2018 年 5 月 8 日のビルド 8431.2250 以降で修正が行われる見込みです。それまでの間、次の回避策を使用できます。

Exchange サーバーで、以下のコマンドレットを使用し、問題を回避してください。

注: これらのコマンドを実行するには、PowerShell を使用する必要があります。詳細については、「Exchange Online PowerShell への接続」を参照してください。

設定がユーザー別の場合に使用するコマンド:Set-CASMailbox user -EwsAllowList @{add="*MAPI*"}

設定が適用されたことを確認するためのコマンド: get-casmailbox user | fl *ews*

設定が組織レベルの場合に使用するコマンド:Set-OrganizationConfig -EwsAllowList @{add="*MAPI*"}

設定が適用されたことを確認するためのコマンド: get-organizationconfig | fl *ews*

その他のリソース

エキスパートのアイコン (脳、歯車)

エキスパートに質問する

エキスパートとつながり、最新の Outlook のニュースおよびベスト プラクティスについて議論し、ブログを参照します。

Outlook 技術コミュニティ

コミュニティのアイコン

コミュニティでサポートを得る

サポート担当者、MVP、エンジニア、および Outlook ユーザーに質問し、解決策を見つけます。

Answers の Outlook フォーラム

機能リクエストのアイコン (電球、アイデア)

新機能の提案

ご意見ご感想をお待ちしております。ご意見をお聞かせください。ご意見をお待ちしています。

Outlook UserVoice

関連項目

最近の Outlook for Windows の問題に関する修正プログラムと解決策

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×