一般法人向け Office 365 のセットアップ

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

次の 5 つの手順を取得する会社や非営利事業起動や実行でOffice 365 Business Premiumします。

Business ではないですか。Office 365 Personal または Office 365 Home の設定を参照してください。

次の手順は企業や非営利団体向けを持つ、 Office 365 Business Premium の計画

1. サインアップします。

  1. Office 365 business プランのサインアップには、 Office 製品サイトに移動しを今すぐ購入] を選びます。

  2. Office 365 Business Premiumにサインアップするプランを選択します。

  3. Office 365のビジネス プランにサインアップするユーザーを追加し、ドメインに接続する手順に従います。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Office 365 Business Premium にサインアップします。

2. Office をインストールする

  1. Office アプリをインストールするのには、管理センターに移動します。

    Office 365 Germanyを使用している場合は、この管理センターに移動します。

    21Vianet が運営する Office 365を使用している場合は、この管理センター

  2. ウィザードを開始するには、[セットアップに移動] を選びます。

  3. Office アプリをインストールして、[はじめに] を選びます。

  4. Microsoft Office Professional Plus、[今すぐインストール] を選びます。

  5. 言語、および [インストール] を選びます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

詳細にOffice をインストールしてください。

3. メール用に Outlook を設定します。

  1. Windows の [スタート] メニューで、Outlook を検索し、選択します

    (Mac を使用している場合は、ツールバーから Outlook を開くか、または Finder を使用して Outlook を検索します)。

    Outlook のインストールが完了したら、[ようこそ] ページで、[次へ] を選択します。

  2. [ファイル]、[情報]、[アカウントの追加] の順に選択します。

  3. Office 365 のメール アドレスを入力し、[接続] を選択します。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Outlook のメールを設定します。

4. メールをインポートします。

別のメール アカウントに Outlook を使用していた場合は、新しい Office 365 アカウントに、前のメール、予定表、および連絡先をインポートできます。

  1. 古いメールをエクスポートします。   

    Outlook で [ファイル]、[開く/エクスポート]、[インポート/エクスポート] の順に選択します。

    ファイルにエクスポートするを選択し、[Outlook データ ファイル (.pst) とそのサブフォルダーをエクスポートする手順を実行します。

  2. 古いメールをインポートします。   

    Outlook では、[ファイル] を選びます >開く/エクスポート>インポート/エクスポートをもう一度します。

    現時点では、他のプログラムまたはファイルからインポート] を選択し、古いメールをエクスポートするときに作成したバックアップ ファイルをインポートする手順を実行します。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Outlook でメールをインポートします。

5. 一般向け web サイトを使用します。

Office 365 には、ビジネスに使用するための一般向け Web サイトは含まれていません。Web サイトをセットアップする場合は、GoDaddy や WIX などの Microsoft パートナーの使用を検討してください。

  1. 管理センターでは、リソースに移動し、[一般向け web サイト] を選びます。

  2. いずれかのオプションの [詳細情報] を選択して、Web サイト パートナーにサインアップし、ツールを使用してサイトをセットアップおよびデザインします。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

一般向け web サイトを使用します。

Office 365 Business Essentials サブスクリプションを設定するには、次の手順を使用します。このプランを使用する Office 365 に接続オンラインします。Office アプリをインストールしないでください。

1. Office 365 アカウントを作成し、ドメインを追加する

この手順では、セットアップ ウィザードを使用して組織のユーザーの Office 365 アカウントを作成し、組織の独自のドメインを追加します。このウィザードでは、すべてのユーザーのユーザー ID とメール アドレスを、rob@contoso.com のようにカスタマイズできます。

  1. 管理センターに移動します。

    Office 365 Germanyを使用している場合は、この管理センターに移動します。

    21Vianet が運営する Office 365を使用している場合は、この管理センター。します。

  2. ウィザードを開始するには、[セットアップに移動] を選びます。

詳細については、「ユーザーとドメインを Office 365 に追加する」を参照してください。

2. メールをインポートする

別のメール システムから既存のメールと連絡先を Office 365 メールボックスに移行すると、すべてのアイテムを 1 か所に表示することができます。

移行オプションについては、「Office 365 へのメールと連絡先の移行」を参照してください。

3. メール アカウントを関連付ける

Office 365 のメールを Outlook で管理するほか、Gmail や Yahoo など、他のメール アカウントを Outlook に関連付けることができます。この方法ですべてのメールを 1 か所にまとめて管理でき、最大で 5 つのメール アカウントを Outlook に関連付けることができます。

  1. Https://www.office.com/signinで自分の職場または学校のアカウントで Office 365 にサインインします。

    Office 365 Germanyを使用している場合、 https://portal.office.deにサインインします。

    21Vianet が運営する Office 365を使用している場合、 https://portal.partner.microsoftonline.cnにサインインします。

  2. [メール] を選びます。

  3. Outlook のナビゲーション バーで、[設定] 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します 、[オプション] の順にクリックします。

  4. 左側のウィンドウで、[メール] を選び、[アカウント] で [接続されているアカウント] を選びます。

    リージョンによっては使用できない機能があります。[接続されているアカウント] オプションが表示されない場合、そのアカウントで使用できない機能である可能性があります。

  5. [メール アカウントの接続] ページで、完全なメール アドレス (rob@contoso.com など) と、Outlook に接続するメール アカウントのパスワードを入力します。

  6. [OK] を選びます。

    重要: Outlook で他のアカウントのサーバーに接続できませんでしたというメッセージが表示された場合は、[戻る] を選択してから、そのアカウントのメール アドレスとパスワードが正しく入力されていることを確認します。入力ミスは非常によく発生します。

詳細な手順またはヘルプが必要な場合は、「Outlook on the web でメール アカウントを接続する (Office 365)」を参照してください。

4. Skype for Business をインストールする

チーム メンバーは、PC、Mac、タブレット、スマートフォンのすべてに Skype for Business をダウンロードしてインストールすることができます。これをインストールすると、同僚のオンライン状態の確認、別の Office アプリケーションでのチャットの開始、最大 250 人が参加できるビデオ会議の開催が可能になります。

  1. https://portal.office.com/OLS/MySoftware.aspx に移動します。

    Office 365 Germanyを使用している場合は、 https://portal.office.de/OLS/MySoftware.aspxに移動します。

    21Vianet が運営する Office 365を使用している場合は、 https://portal.partner.microsoftonline.cn/OLS/MySoftware.aspxに移動します。

  2. 職場または学校のアカウントを使用してサインインします。

  3. [Skype for Business] を選んで、[インストール] を選びます。

5. ファイルをオンラインで保存する

Office 365 では、ファイルを簡単にオンラインで保存できます。ビジネスに最適な保存場所については、「Office 365 でドキュメントを保存する場所」を参照してください。

管理者がユーザーの Office 365 アカウントを作成すると、ユーザーには自動的に OneDrive クラウド ストレージの場所が付与されます。OneDrive を使用すると、コンピューター、スマートフォン、タブレットのどのデバイスでもファイルにアクセスすることができます。

  1. お使いのコンピューター上には、[エクスプ ローラーを使用して、OneDrive を開きます。または、 Office 365では、アプリ起動ツールからOneDriveを開きます。

  2. 参照、個人ファイルをアップロードして共有] をクリックし、ドキュメントを表示する他のユーザーを招待またはリンクを送信するドキュメントやフォルダーを共有します。詳細については、共有 OneDrive のファイルとフォルダーを参照してください。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ライブラリにファイルをアップロードで詳しく説明します。

Office の使用を開始する

Office 365 のツアーを見て、すべての Office モバイル アプリの使用方法を確認するには、「Office の使用を開始する」を参照してください。

Office 365 のビジネス プラン のプランでは、Office 365 のメールまたはSkype for Businessは含まれません。セットアップ手順の方法を紹介 (Gmail) などの既存の電子メール アカウントを Outlook に追加します。

1. ユーザーを追加する

この手順では、セットアップ ウィザードを使用してアカウントを作成し、組織独自のドメインを追加します。このウィザードでは、組織のすべてのユーザーのユーザー ID と電子メールを、rob@contoso.com のようにカスタマイズできます。

  1. 管理センターに移動します。

    Office 365 Germanyを使用している場合は、この管理センターに移動します。

    21Vianet が運営する Office 365を使用している場合は、この管理センター。します。

  2. ウィザードを開始するには、[セットアップに移動] を選びます。

2. Office をインストールする

社内のユーザー用のアカウント作成が完了すると、ユーザーが通常のデスクトップ版 Office (Word、Excel、Outlook など) をインストールできるようになります。ユーザー 1 人につき最大 5 台の PC または Mac に Office をインストールできます。

  1. https://portal.office.com/OLS/MySoftware.aspx に移動します。

    Office 365 Germanyを使用している場合は、 https://portal.office.de/OLS/MySoftware.aspxに移動します。

    21Vianet が運営する Office 365を使用している場合は、 https://portal.partner.microsoftonline.cn/OLS/MySoftware.aspxに移動します。

  2. 職場または学校のアカウントを使用してサインインします。

  3. [インストール] を選びます。

詳細な手順が必要な場合または 64 ビット版の Office をインストールする場合は、「ステップ バイ ステップのインストール手順」を参照してください。

3. モバイル デバイスをセットアップする

モバイル デバイスに Office をインストールし、新しい Office 365 メールボックスを使用するための Outlook のセットアップを行います。チーム全員がそれぞれ次の手順を実行する必要があります。各ユーザーは、最大 5 台のスマートフォンと 5 台のタブレットに、Office モバイル アプリをインストールできます。

お使いのデバイスの手順が表示されます。Android | iOS | Windows Phone

4. ファイルをオンラインで保存する

Office 365 では、ファイルを簡単にオンラインで保存できます。ビジネスに最適な保存場所については、「Office 365 でドキュメントを保存する場所」を参照してください。

管理者がユーザーの Office 365 アカウントを作成すると、ユーザーには自動的に OneDrive クラウド ストレージの場所が付与されます。OneDrive を使用すると、コンピューター、スマートフォン、タブレットのどのデバイスでもファイルにアクセスすることができます。

  1. お使いのコンピューター上には、[エクスプ ローラーを使用して、OneDrive を開きます。または、 Office 365では、アプリ起動ツールからOneDriveを開きます。

  2. 参照、個人ファイルをアップロードして共有] をクリックし、ドキュメントを表示する他のユーザーを招待またはリンクを送信するドキュメントやフォルダーを共有します。詳細については、共有 OneDrive のファイルとフォルダーを参照してください。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ライブラリにファイルをアップロードで詳しく説明します。

Office の使用を開始する

Office 365 のツアーを見て、すべての Office モバイル アプリの使用方法を確認するには、「Office の使用を開始する」を参照してください。

次の手順では、学校から開始する、 Office 365 Education の計画の設定既定の機能を使用するため。

Office 365 を準備する

  • 最初に、教育機関向けサブスクリプションの条件を満たしていることを確認します。   手順に従ってドメインのレコードを追加し、Office 365 の教育機関向けプランを使用できるようにします。その後、この記事の説明に従って Office 365 を学校用にセットアップすることができます。

  • ヘルプを表示するか?   高度な展開について、 FastTrackについては、まずします。パートナーを検索できるようにすることもできます。

  • 計画    次のツールおよびリソースを使用すると、Office 365 を使用するためのネットワーク、ディレクトリ、エンド ユーザーの準備を行うことができます。組織で Office 365 Enterprise を使用するための準備を行います

1. 学校ドメインを追加する、または、ディレクトリを接続します。

この手順では、「 Office 365ポータルにサインインし、、 Office 365サブスクリプションに、学校のドメインを追加します。これは確認を Microsoft に、教育機関向けサブスクリプションの条件を満たしているします。

  1. 管理センターに移動します。

    Office 365 Germanyを使用している場合は、この管理センターに移動します。

    21Vianet が運営する Office 365を使用している場合は、この管理センター。します。

  2. ウィザードを開始するには、[セットアップに移動] を選びます。

ウィザードで実行される手順については、「Office 365 のセットアップ ウィザードを使う」を参照してください。

オンプレミス ディレクトリからユーザーを同期する必要があるか、シングル サインオンを利用する必要がある場合は、セットアップ ウィザードを使用してユーザーを追加しないでください。代わりに、このガイドを読んでオプションを理解してください。ディレクトリを Office 365 に接続します。いずれかをセットアップします。

  • 同期 ID: オンプレミス ディレクトリ と同期し、ユーザーをオンプレミスで管理します。また、ユーザーがオンプレミスとクラウドで同じパスワードを使用できるように、パスワードを同期させることもできます。ただし、Office 365 を使用するには、もう一度サインインする必要があります。

  • フェデレーション ID: オンプレミス ディレクトリと同期し、ユーザーをオンプレミスで管理します。ユーザーは、オンプレミスとクラウドで同じパスワードを使用でき、Office 365 を使用するために、もう一度サインインする必要はありません。これは、よくシングル サインオンとも呼ばれます。

2. サービスをセットアップする

メール、ファイルの共有、インスタント メッセージング、およびその他のOffice 365サービス、アプリケーションを設定する: Office 365 サービスとアプリケーションを設定します。

この手順で、ユーザー 1 人につき最大 5 台の PC またはノート PC に Office 365 をインストールできます。

3. データを移行する

サービスを構成したら、メールやファイルなどのデータの移行を開始することができます。Office 365 にデータを移行する

学生や教職員に Student Information System (SIS) を使う場合は、SIS 統合のセットアップについて理解してください。

ユーザーをトレーニングする

組織のユーザーがOffice 365を使用して信頼性を高めるために、これらのリソースをご覧ください。

ヘルプが必要な場合は、Microsoft にご連絡ください。

管理者に進む準備ができたら、アカウントの詳細があるは、Microsoft サポートに電話する場合。

米国にお住まいの方は、1 800 865 9408 にお電話ください。

オーストラリアにお住まいの方は、1 800 197 503 にお電話ください。

カナダにお住まいの方は、1 800 865 9408 にお電話ください。

英国にお住まいの方は、0800 032 6417 にお電話ください。

その他の国の場合は、「一般法人向けサポートへのお問い合わせ - 管理者向けヘルプ」を参照してください。

関連項目

Office 365 for business のトレーニング

ビデオ: Office 365 Business Premium セットアップ

Office 365 Personal または Office 365 Home を設定します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×