一般法人向け Office 365 のサブスクリプションが終了したとき、データとアクセスはどうなりますか?

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

期限切れまたはキャンセルにより、Office 365 サブスクリプションが終了する場合、サブスクリプションが完全に無効になる (サービス提供が停止される) 前に、Office 365 サービス、アプリケーション、顧客データへのアクセスは、複数の段階を経て処理されます。この過程を認識していると、より適切にサブスクリプションをアクティブな状態に戻すことができ、手遅れになることがありません。また Office 365 の使用を終了する場合でも、データが完全に削除される前に、データをバックアップしておくことができます。

一般法人向け Office 365:サブスクリプションのライフサイクル

以下の図は、購入した一般法人向け 一般法人向け Office 365 のサブスクリプションの有効期限が切れたときの流れを示しています。

一般法人向け Office 365 サブスクリプションの期限切れ後の 3 つの段階 (期限切れ、無効、サービス提供の停止) を示す図。

注: 「顧客データ」とは顧客データについては、Microsoft オンライン サービス条件で定義されており、Office 365 のサービスの顧客の利用を通じて、顧客またはその代理人によって Microsoft に提供されるすべてのテキスト、音声、画像ファイルを含むすべてのデータのことを指します。Office 365 での顧客データの保護の詳細については、「Microsoft Service Trust Portal の使用を開始する」を参照してください。

この記事の内容

サブスクリプションの有効期限切れが近い場合

サブスクリプションの有効期限切れが近い場合

サブスクリプションの有効期限切れが近い場合

サブスクリプションの有効期限が切れた場合

サブスクリプションをキャンセルした場合

契約期間の途中でサブスクリプションが無効になった場合

試用期間が終了した場合

サブスクリプションの有効期限切れが近い場合

サブスクリプションの有効期間中、自分と自分が管理するユーザーは、自分のデータ、Office 365 サービス (メール、OneDrive for Business など)、Office アプリケーションに通常どおりアクセスできます。Office 365 の管理者には、サブスクリプションの期限日が近いことが、メールと Office 365 管理センター経由で通知されます。

実際にサブスクリプションの期限日になる前は、以下のことを行うことができます。

  • サブスクリプションの支払いを定期的なを有効にします。   

    • 定期的な請求が既に有効である場合は、任意のアクションを実行する必要はありません。サブスクリプション請求の対象に、次に、請求日を使用して、現在の支払い頻度によって、その他の年、月の課金されます。何らかの理由で定期的な請求を有効にした、できます常に定期的に課金を有効にします

    • プリペイド_カードをOffice 365 Businessを購入した場合できます定期課金を有効にするサブスクリプションの。

    • サブスクリプションの購入、1 年間、オープン ボリューム ライセンス ユーザーの場合、新しいプロダクト キーを購入するパートナーに問い合わせてください。メール経由でボリューム ライセンス サービス センターで、キーのライセンス認証の手順が表示されます。新しいパートナー、または、過去に協力したことのパートナーを見つける方法については、 Office 365 パートナーまたはリセラーを検索するを参照してください。

    • Office 365 Businessを使っている場合は、サブスクリプションの支払いを定期的な管理を参照してください。

  • そのままサブスクリプションを期限切れにする   

    • クレジット_カードまたは請求書で支払っている無効課金定期を有効にするサブスクリプションを続行したくない場合。サブスクリプションの有効期限は、有効期限日と、すべての関連の電子メール通知を無視することができます。

    • パートナーと連携オープン ボリューム ライセンス ユーザーの場合、期限切れにアクションを取らなければ、サブスクリプションすることができます。

    • 場合Office 365 Small Business Premium顧客、 Office 365の支払い、プロダクト キーを使ってアクティブ化されている場合、期限切れにアクションを取らなければ、サブスクリプションが生じることができます。

  • サブスクリプションの有効期限が切れる前にキャンセルする      詳細については、「一般法人向け Office 365 サブスクリプションをキャンセルする」を参照してください。

ヒント: [サブスクリプション] ページのOffice 365 管理センターでサブスクリプションの請求次に日付を表示できます。

定期的な請求がオンになっているサブスクリプション カードの拡大します。

サブスクリプションの有効期限切れが近い場合

サブスクリプションの有効期間中、自分と自分が管理するユーザーは、自分のデータ、Office 365 サービス (メール、OneDrive for Business など)、Office アプリケーションに通常どおりアクセスできます。Office 365 の管理者には、サブスクリプションの期限日が近いことが、メールと Office 365 管理センター経由で通知されます。

実際にサブスクリプションの期限日になる前は、以下のことを行うことができます。

  • サブスクリプションの支払いを定期的なを管理します。   

    • 定期的な請求が既に有効である場合は、任意のアクションを実行する必要はありません。サブスクリプション請求の対象に、次に、請求日を使用して、現在の支払い頻度によって、その他の年、月の課金されます。何らかの理由では、定期的な請求をオフになっている、できます常に定期的に課金を有効にします

    • プリペイド_カードをOffice 365 Businessを購入した場合できます定期課金を有効にするサブスクリプションの。

    • サブスクリプションの購入、1 年間、オープン ボリューム ライセンス ユーザーの場合、新しいプロダクト キーを購入するパートナーに問い合わせてください。メール経由でボリューム ライセンス サービス センターで、キーのライセンス認証の手順が表示されます。新しいパートナー、または、過去に協力したことのパートナーを見つける方法については、 Office 365 パートナーまたはリセラーを検索するを参照してください。

    • Office 365 Business をご使用の場合は、「一般法人向け Office 365 の更新」を参照してください。

  • そのままサブスクリプションを期限切れにする   

    • クレジット_カードまたは請求書で支払っている無効課金定期を有効にするサブスクリプションを続行したくない場合。サブスクリプションの有効期限は、有効期限日と、すべての関連の電子メール通知を無視することができます。

    • パートナーと連携オープン ボリューム ライセンス ユーザーの場合、期限切れにアクションを取らなければ、サブスクリプションすることができます。

    • 場合Office 365 Small Business Premium顧客、 Office 365の支払い、プロダクト キーを使ってアクティブ化されている場合、期限切れにアクションを取らなければ、サブスクリプションが生じることができます。

  • サブスクリプションの有効期限が切れる前にキャンセルする      詳細については、「一般法人向け Office 365 サブスクリプションをキャンセルする」を参照してください。

ヒント: [サブスクリプション] ページのOffice 365 管理センターでサブスクリプションの請求次に日付を表示できます。

定期的な請求がオンになっているサブスクリプション カードの拡大します。

サブスクリプションの有効期限切れが近い場合

サブスクリプションの有効期間中、自分と自分が管理するユーザーは、自分のデータ、Office 365 サービス (メール、OneDrive for Business など)、Office アプリケーションに通常どおりアクセスできます。Office 365 の管理者には、サブスクリプションの期限日が近いことが、メールと Office 365 管理センター経由で通知されます。

実際にサブスクリプションの期限日になる前は、以下のことを行うことができます。

  • サブスクリプションを更新する   。  定期的な請求が既に有効である場合は、任意のアクションを実行する必要はありません。サブスクリプション請求の対象に、次に、請求日を使用して、現在の支払い頻度によって、その他の年、月の課金されます。何らかの理由では、定期的な請求をオフになっている、できます常に定期的に課金を有効にします

  • サブスクリプションを期限切れ   。  クレジット_カードまたは請求書で支払っている無効課金定期を有効にするサブスクリプションを続行したくない場合。サブスクリプションの有効期限は、有効期限日と、すべての関連の電子メール通知を無視することができます。

  • サブスクリプションの有効期限が切れる前にキャンセルする      詳細については、「一般法人向け Office 365 サブスクリプションをキャンセルする」を参照してください。

ヒント: [サブスクリプション] ページのページのOffice 365 管理センターでサブスクリプションの請求次に日付を表示できます。

定期的な請求がオンになっているサブスクリプション カードの拡大します。

サブスクリプションの有効期限が切れた場合

サブスクリプションを期限切れにする場合、サブスクリプションが完全に削除されるまでに複数の段階があるので、Office 365 管理者には、サービスを継続する場合は再アクティブ化する時間、今後サブスクリプションを使用しない場合はデータをバックアップする時間があります。

サブスクリプションの各状態で想定される動作について説明します。

状態:    猶予期間

想定される動作:      期限切れの状態は、Microsoft Open 経由で購入したサブスクリプションを含む、ほとんどのサブスクリプションおよびほとんどの国と地域で 30 日間です。ボリューム ライセンス製品の場合、Microsoft Open を除いて、期限切れの状態は 90 日間です。

想定される動作:      期限切れの状態は、Microsoft Open 経由で購入したサブスクリプションを含む、ほとんどのサブスクリプションおよびほとんどの国と地域で 30 日間です。ボリューム ライセンス製品の場合、Microsoft Open を除いて、期限切れの状態は 90 日間です。

想定される動作:      猶予期間は、ほとんどのサブスクリプションおよび大部分の国と地域で 30 日間です。

この状態で、ユーザーは、Office 365 ポータル、Office アプリケーション、サービス (メールや SharePoint Online など) に正常にアクセスできます。

管理者は、引き続き Office 365 管理センターにアクセスできます。期限が切れても心配はいりません。全体管理者または課金管理者は、サブスクリプションを再アクティブ化し、Office 365 を使い続けることができます。それ以外の場合は、必ずデータをバックアップしてください。

状態:    無効

想定される動作:      期限切れ状態のときにサブスクリプションを再アクティブ化しなければ、無効状態に移行します。この期間は、ほとんどのサブスクリプションおよびほとんどの国と地域で 90 日間です。ボリューム ライセンス製品の場合、無効状態の期間は 30 日間です。

想定される動作:      期限切れ状態のときにサブスクリプションを再アクティブ化しなければ、無効状態に移行します。この期間は、ほとんどのサブスクリプションおよびほとんどの国と地域で 90 日間です。ボリューム ライセンス製品の場合、無効状態の期間は 30 日間です。

想定される動作:      期限切れ状態のときにサブスクリプションを再アクティブ化しなければ、無効状態に移行します。期間は、ほとんどのサブスクリプションおよび大部分の国と地域で 90 日間です。

この状態では、アクセスが大幅に縮小されます。ユーザーは、サインインや、Office 365 サービス (メール、SharePoint Online など) へのアクセスを行うことができなくなり、Office アプリケーションは、最終的に読み取り専用の機能制限モードになり、ライセンスのない製品通知が表示されます。管理者は、引き続きサインインして Office 365 管理センターにアクセスできますが、ライセンスをユーザーに割り当てることはできません。チーム サイトのすべてのユーザー データ、メール、ファイルを含む顧客データには、管理者だけがアクセスできます。

全体管理者または課金管理者は、サブスクリプションを再アクティブ化し、すべての顧客データをそのまま残して Office 365 を引き続き使用することができます。再アクティブ化しない場合は、必ずデータをバックアップしてください。

全体管理者または課金管理者は、サブスクリプションを再アクティブ化し、すべての顧客データをそのまま残して Office 365 を引き続き使用することができます。再アクティブ化しない場合は、必ずデータをバックアップしてください。

全体管理者または課金管理者は、サブスクリプションを再アクティブ化し、すべての顧客データをそのまま残して Office 365 を引き続き使用することができます。再アクティブ化しない場合は、必ずデータをバックアップしてください。

状態:    サービス提供の停止

想定される動作:      猶予状態または無効状態でサブスクリプションを再アクティブ化しない場合は、サブスクリプションのサービス提供が停止されます。

管理者とユーザーは、サブスクリプションに付属するサービスや Office アプリケーションへアクセスすることができなくなります。すべての顧客データ (ユーザー データ、ドキュメント、メールなど) は完全に削除され、いかなる方法でも復元することはできません。

この段階で、サブスクリプションを再アクティブ化することはできません。 しかし、全体管理者または課金管理者は、引き続き Office 365 管理センター にアクセスして、他のサブスクリプションの管理や、ビジネス ニーズに合わせた新しいサブスクリプションの購入を行うことができます。

注: サービス提供が停止されているものと同じ種類の新しいサブスクリプションを追加しても、サービス提供が停止されているサブスクリプションと関連付けられたデータが復元されることはありません。

サブスクリプションをキャンセルした場合

警告: 契約期間が終了する前にサブスクリプションをキャンセルすると、期限前契約解除の手数料の適用対象になる場合があります。

契約終了日前に Office 365 サブスクリプションをキャンセルすると、サブスクリプションは期限切れ状態をスキップして、直接無効状態になります。無効状態は、ほとんどのサブスクリプションおよびほとんどの国と地域で 90 日間です。キャンセルする前にデータをバックアップしておくことをお勧めします。ただし、管理者であれば、無効状態中に、組織のデータにアクセスしてバックアップすることができます。残した顧客データは、90 日後に削除される可能性があり、キャンセルしてから 180 日以内にすべて削除されます。

サブスクリプションをキャンセルした場合に想定される動作を説明します。

  • 管理者アクセス      管理者は、サインインして Office 365 管理センターにアクセスでき、必要に応じて、他の Office 365 サブスクリプションを購入できます。全体管理者または課金管理者の場合は、すべてのデータを維持したままサブスクリプションを再アクティブ化できる期間が 90 日間あります。

  • ユーザー アクセス      ユーザーは、OneDrive for Business などの Office 365 サービスの使用や、顧客データ (チーム サイトのメール、ドキュメントなど) へのアクセスができなくなります。Word、Excel などの Office アプリケーションは、最終的に読み取り専用の機能制限モードになり、ライセンスのない製品通知が表示されます。

キャンセルする方法については、「一般法人向け Office 365 サブスクリプションをキャンセルする」を参照してください。

重要   : 一般的な無効期間が終了する前にサブスクリプション データを削除する場合は、プロビジョニングの優先解除を依頼できます。プロビジョニングの優先解除を依頼した場合、サブスクリプション データはキャンセルから 3 日以内に削除されます。プロビジョニングの優先解除を利用する場合は、Microsoft サポートに連絡してください

重要   : 一般的な無効期間が終了する前にサブスクリプション データを削除する場合は、プロビジョニングの優先解除を依頼できます。プロビジョニングの優先解除を依頼した場合、サブスクリプション データはキャンセルから 3 日以内に削除されます。プロビジョニングの優先解除を利用する場合は、Microsoft サポートに連絡してください

重要   : 一般的な無効期間が終了する前にサブスクリプション データを削除する場合は、プロビジョニングの優先解除を依頼できます。プロビジョニングの優先解除を依頼した場合、サブスクリプション データはキャンセルから 3 日以内に削除されます。プロビジョニングの優先解除を利用する場合は、21Vianet サポートに連絡してください

支払いを忘れるとサブスクリプションはどうなりますか。

小切手または電子資金移動による支払いで支払いを忘れた場合、サブスクリプションはすぐに期限切れの状態に移り、[サブスクリプション] ページに「未支払いのため有効期限が切れています」というテキストが表示されます。また、[請求書] の下に [受け取っていない支払] が表示されます。

小切手または電子資金移動による支払いで支払いを忘れた場合、サブスクリプションはすぐに期限切れの状態に移り、[サブスクリプション] ページに「未支払いのため有効期限が切れています」というテキストが表示されます。また、[請求書] の下に [受け取っていない支払] が表示されます。

小切手または電子資金移動による支払いで支払いを忘れた場合、サブスクリプションはすぐに期限切れの状態に移り、[サブスクリプション] ページに「未支払いのため有効期限が切れています」というテキストが表示されます。また、[請求書] の下に [受け取っていない支払] が表示されます。

(大部分の国と地域で) 30 日以内に支払いを受領しない場合、サブスクリプションは無効になります。また、ユーザーはメール、SharePoint Online などの Office 365 サービスにアクセスできなくなります。Office アプリケーションは最終的に読み取り専用の機能制限モードに移り、ライセンスのない製品通知が表示されます。

サービスの中断を避けるためには、請求書の支払い手順に従います。支払いを受領すると、サブスクリプションがアクティブ状態に戻ります。

    請求書の支払いから 5 日経過した後に引き続き「未支払いのため有効期限が切れています」が表示される場合は、サポートにお問い合わせください

    請求書の支払いから 5 日経過した後に引き続き「未支払いのため有効期限が切れています」が表示される場合は、サポートにお問い合わせください

    請求書の支払いから 5 日経過した後に引き続き「未支払いのため有効期限が切れています」が表示される場合は、21Vianet サポートにお問い合わせください

試用期間が終了した場合

一般法人向け Office 365 の試用版が終了すると、Office 365 を無料で使えなくなります。この場合、いくつかの選択肢があります。

  • 購入するOffice 365。     試用期間が経過すると、猶予期間に入り、Office 365 を購入するまでの期間がさらに 30 日間与えられます (大部分の国と地域のほとんどの試用版が対象)。

    試用版を有料サブスクリプションに切り替える方法については、「一般法人向け Office 365 の試用版を購入する」を参照してください。

    試用版を有料サブスクリプションに切り替える方法については、「一般法人向け Office 365 の試用版を購入する」を参照してください。

    試用版を有料サブスクリプションに切り替える方法については、「Buy or try subscriptions for Office 365 operated by 21Vianet」(21Vianet が運営する Office 365 のサブスクリプションを購入する、または試用する) を参照してください。

  • 試用期間を延長する   Office 365 を評価する時間がさらに必要なときには、試用期間を延長できる場合があります。試用期間を延長する方法を確認してください。

  • 試用版をキャンセルするか期限切れにする   Office 365 を購入しない場合は、試用版を期限切れにするか、キャンセルすることができます。必要なデータは必ずバックアップしてください。30 日の猶予期間の終了直後に、試用版のアカウント情報とデータは完全に削除されます。

注: このページに記載された情報には、「Microsoft ポリシーの免責事項および変更に関する通知 (英語)」が適用されます。 このサイトに定期的にアクセスして、変更がないか確認してください。

サポート情報を入手する

Office 365 コミュニティ フォーラムで情報を入手 管理者向け: サインインとサービス リクエストの作成 管理者向け: 電話サポート

関連項目

一般法人向け Office 365 の請求書 - 管理者向けヘルプ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×