スキップしてメイン コンテンツへ

一般法人向け Office 365 のアカウント設定を変更する

一般法人向け Office 365 または教育機関向け Office 365 を使用している場合は、言語、パスワードなど、職場や学校のアカウント の設定を変更できます。 この記事では、一般法人向け Office 365 の設定を変更する方法について説明します。

管理者設定については、この記事をお読みください (管理者とは、組織に合わせて Office 365 をセットアップするユーザーであり、組織全体に影響する設定を変更できます)。

重要: 

  • この記事の内容が該当するのは、Office 365 Solo またはサービス ではなく、一般法人向け Office 365、または Office 365 for Education のみです。 これらのサブスクリプションのアカウント設定を変更するには、account.microsoft.com の「Microsoft アカウント」でサインインしてください。

  • Windows 10 で Microsoft Edge を使用することをお勧めします。 Windows 10 をお持ちでない場合は、Mozilla Firefox または Google Chrome の最新バージョンを使用してみてください。

一般法人向けまたは教育機関向け Office 365 の設定を変更する

  1. 自分の職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. [設定] をクリックし、[マイ アプリの設定] で [Office 365] をクリックします。

    Office 365 の [設定] ウィンドウ
  3. 現在の設定を表示するには、[設定] で、[テーマ]、[スタート ページ]、[通知]、[ソフトウェア] などのカテゴリを選択します。その他の設定については、[個人情報]、[サブスクリプション]、[セキュリティとプライバシー] などの別のカテゴリをクリックして確認します。

    Office 365 の [設定] ページ

  4. 必要な設定の変更を行ってから、[保存] を選びます。

次の表は、利用可能な設定項目と設定内容をまとめたものです。 組織での 一般法人向け Office 365 の使用状況によっては、一部の設定は変更できない場合があります。

説明

個人情報

連絡先およびアカウントに関する基本的な情報が表示されます。 組織が、この情報の変更を許可していない場合があります。

サブスクリプション

所有している 一般法人向け Office 365 製またはライセンスが表示されます。 詳細については、「取得している一般法人向け Office 365 製品またはライセンスの種類を調べる方法」を参照してください。

セキュリティとプライバシー

Office 365 パスワードの変更 (組織で許可されている場合)、および連絡先に関する基本設定の管理 (有効な場合、これらの設定により、Microsoft から受け取る情報の種類を管理できる) を行うことができます。

アプリの権限

特定のアプリがユーザー データにアクセスできるかどうかを管理できます。 一部のアクセス許可については組織によって管理されている場合があります。

インストールの状態

任意のインストールの状態の確認、およびデスクトップ アプリケーションのインストールを行うことができます。 また、[デスクトップ アプリケーションのインストール] をクリックして、言語をインストールすることができます。

設定

一般法人向け Office 365 のテーマの変更、一般法人向け Office 365 にサインインしたときに最初に表示されるページの変更、アラームと新しいメール通知のオンオフの切り替えを行うことができます。 このページからインストールを管理することもできます。

関連項目

Office 365 の基本 - ビデオ トレーニング

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索