一般法人向け Outlook on the web での予定表の委任

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

一般ビジネス向け Outlook on the web を使って、自分の予定表を管理する権限を組織内の他のユーザーに与えることができます。予定表を編集できる編集アクセス権を与えるか、自分の予定表を編集できるだけでなく、自分の代わりに会議をスケジュールしたり、会議出席依頼に返信したりできる代理人アクセス権を与えることもできます。

この記事の内容

予定表の編集者または代理人を割り当てる

組織内の任意のユーザーに対して、自分の予定表の編集者または代理人のアクセス権を与えることができます。標準として設定されている予定表 ("予定表")、または作成した任意の予定表に編集者を割り当てることができます。代理人は、標準として設定されている予定表にのみ割り当てることができます。組織外のユーザーに編集者または代理人のアクセス権を与えることはできません。

  1. ページの上部で、アプリ起動ツール アプリ起動ツールを選ぶ を選び、[予定表] を選びます。

  2. ナビゲーション バーで、[共有]、[予定表] の順に選びます。

    メニュー バーの [共有] ボタンのスクリーンショット。

  3. [この予定表を共有する] ダイアログに、予定表を共有するユーザーの名前またはメール アドレスを入力します。このボックスは、メール メッセージの [宛先] ボックスと同じように機能します。複数のユーザーと予定表を共有できますが、追加するときは Outlook on the web から 1 人ずつ追加する必要があります。

    [この予定表を共有する] ダイアログのスクリーンショット。

  4. 予定表を自分の代理で管理するユーザーを追加したら、相手の名前の横にあるドロップダウン ボックスを選び、アクセス許可のレベルを選びます。

    • [編集可能] を選んで、予定表を変更できるアクセス許可を与えます。

    • 編集者と同じ権限に加え、自分の代わりに会議出席依頼に返信できる代理人を選択します。

    • [自分の空き時間情報の表示が可能]、[タイトルと場所の表示が可能]、[すべての詳細の表示が可能] の各オプションを使用すると、予定表を編集する権限ではなく、表示する権限のみを与えることができます。

  5. 予定表を共有するユーザーを追加し、そのユーザーと共有するアクセス許可を選んだら、[共有] を選びます。今は予定表を共有しない場合は、[削除] [削除] アイコン を選びます。

    [この予定表を共有する] ダイアログのスクリーンショット。

予定表を共有したユーザーには、共有を招待するメール メッセージが送信されます。ユーザーがその招待メッセージの [承諾] ボタンを選ぶと、そのユーザーの予定表一覧に、共有した予定表が追加されます。

共有予定表の招待のスクリーンショット。

注: 

  • [非公開] とマークされた予定表アイテムは、保護されています。 [非公開] とマークされたアイテムの場合、予定表を共有しているほとんどのユーザーには、その時間だけが表示され、件名や場所などの詳細情報は表示されません。 ただし、[非公開] とマークされたアイテムの詳細を表示できる代理権限を設定している場合を除きます。

  • [代理人による非公開の予定の表示を許可します] チェック ボックスのスクリーンショット。

ページの先頭へ

会議出席依頼と返信のオプションを設定する

予定表に対する代理人のアクセス権を誰かに与えると、[この予定表を共有する] の下に追加のオプションが表示されます。このオプションで、会議出席依頼と返信の処理方法を管理できます。代理人が複数いる場合、このオプションはすべての代理人に適用されます。

これらのオプションを設定するには、次の手順に従います。

  1. ページの上部で、アプリ起動ツール アプリ起動ツールを選ぶ を選び、[予定表] を選びます。

  2. ナビゲーション バーで、[共有]、[予定表] の順に選びます。

    メニュー バーの [共有] ボタンのスクリーンショット。

  3. [代理人] の [招待および招待の返信の宛先] の横にある次のオプションのいずれかを選びます。

    [この予定表を共有する] ダイアログのスクリーンショット。

    • [代理人のみ。自分自身に通知を送信します。]。会議出席依頼と返信は自分と代理人に送信されます。会議出席依頼の承諾と自体のオプションは代理人にのみ表示されます。また、自分に送信された通知は通常のメールのように表示されます。予定表アイテムと返信を開いて、会議に返信することもできます。

    • [代理人のみ]。会議出席依頼と返信は自分の代理人のみに送信されます。

    • [代理人と自分自身]。会議出席依頼と返信は自分と代理人の両方に送信されます。自分と代理人のいずれかが会議出席依頼に返信できます。

  4. [完了] を選んで変更内容を保存します。

ページの先頭へ

代理人に非公開に設定したアイテムへのアクセスを許可する

[この予定表を共有する] ダイアログの設定を使って、非公開に設定されているアイテムの詳細を表示する権限を代理人に与えることができます。

  1. ページの上部で、アプリ起動ツール アプリ起動ツールを選ぶ を選び、[予定表] を選びます。

  2. ナビゲーション バーで、[共有]、[予定表] の順に選びます。

    メニュー バーの [共有] ボタンのスクリーンショット。

  3. 非公開の予定を表示するアクセス許可を与える代理人の横にある [代理人による非公開の予定の表示を許可します] チェック ボックスをオンにします。

    [代理人による非公開の予定の表示を許可します] チェック ボックスのスクリーンショット。

  4. [完了] を選んで変更内容を保存します。

ページの先頭へ

編集者または代理人との予定表の共有を停止する

他のユーザーとの予定表の共有を停止する場合は、Outlook on the web を使って他のユーザーのアクセス許可を削除します。

  1. ページの上部で、アプリ起動ツール アプリ起動ツールを選ぶ を選び、[予定表] を選びます。

  2. ページの上部で、[共有] を選択し、共有を停止する予定表を選択します。

    メニュー バーの [共有] ボタンのスクリーンショット。

    既定では、標準の予定表の名前は "予定表" になります。他にも予定表が作成されている場合は、そのうちの 1 つを代わりに選択することもできます。他のユーザーが所有している予定表から、共有アクセス許可を削除することはできません。

  3. 予定表の共有を停止するユーザーを選び、[削除] [削除] アイコン を選びます。

    [この予定表を共有する] ダイアログのスクリーンショット。

    指定したユーザーが、予定表にアクセスできるユーザーの一覧から削除されます。ユーザーが組織内にいる場合は、ユーザーの予定表の一覧から共有停止された予定表が削除されます。ユーザーが組織外にいる場合は、予定表のコピーは削除されませんが、予定表を同期したり更新を受け取ったりすることがなくなります。

関連トピック

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×