一般法人向け Office 365 向けのアドオンを購入または編集する

一般法人向け Office 365 プランによっては、サブスクリプションに対してアドオンを購入できます。アドオンを利用することで、サブスクリプションに機能を追加することができます。

  1. 職場や学校のアカウントを使って、グローバル管理者として Office 365 にサインインします。サインインの方法はこちらを参照してください。

  2. 左上のアプリ起動ツールのアイコン Office 365 アプリ起動ツール アイコン を選び、[管理者] を選びます。

  3. 管理センターで、[課金]、[サブスクリプション] の順に選びます。

  4. [サブスクリプション] ページで、アドオンを購入するサブスクリプションを選びます。

  5. サブスクリプションの詳細の左下隅にあるボタンで、[アドオン]、[アドオンの購入] を順に選択します。

    Office 365 管理センターの [サブスクリプション] ページの [アドオンの購入] リンクです。
  6. [アドオン サブスクリプション] で、購入するアドオン サブスクリプションの上にマウスを置くかタップして、[今すぐ購入] を選択します。

  7. 必要なユーザー ライセンス数を入力して、月払いまたは年払いのどちらにするかを選びます。現在ライセンスを持っていないすべてのユーザーにライセンスを自動的に割り当てるかどうかを選びます。表示に従って基本のサブスクリプションを選びます。

  8. [今すぐチェックアウト] を選びます。

  9. 価格情報を確認し、[次へ] を選択します。

  10. 支払い情報を入力して、[注文]、[続行] の順に選びます。

アドオンを更新するために使用する手順は、2015 年 12 月 1 日より前、またはそれ以降にアドオンを購入したかどうかによって異なります。アドオンを 2015 年 12 月 1 日より前に購入した場合は、それらを購入したサブスクリプションの詳細画面に次のように表示されます。

[サブスクリプション] ページの [アドオン] の下に表示されるアドオン。

2015 年 12 月 1 日以降に購入したアドオンは、アドオン サブスクリプションと呼ばれるようになり、[サブスクリプション] ページに、個別のサブスクリプションとして表示されます。

[サブスクリプション] ページに、その他のサブスクリプションとともに一覧表示されるアドオン サブスクリプション。

アドオンを更新する方法

  1. 職場や学校のアカウントを使って、グローバル管理者として Office 365 にサインインします。サインインの方法はこちらを参照してください。

  2. 左上のアプリ起動ツールのアイコン Office 365 アプリ起動ツール アイコン を選び、[管理者] を選びます。

  3. 管理センターで、[課金]、[サブスクリプション] の順に選びます。

  4. [サブスクリプション] ページで、アドオンを更新するサブスクリプションを選びます。

  5. [アドオン] を選択します。

    購入済みのアドオンが表示され、各アドオンの下に [数量の変更] リンクが表示されます。

  6. 更新するアドオンの [数量の変更] リンクを選択します。

    [アドオン] リンクと [数量の変更] リンク。
  7. 必要なユーザー ライセンスの数をボックスに入力し、[送信] を選択します。

    ヒント: ユーザー ライセンス数は、上下の矢印を使用して変更することも、数字を入力して変更することもできます。

    [ライセンスの追加または削除] ダイアログ ボックスの [ライセンスの総数] ボックスと [送信] ボタン。

アドオン サブスクリプションを更新する方法

  1. 職場や学校のアカウントを使って、グローバル管理者として Office 365 にサインインします。サインインの方法はこちらを参照してください。

  2. 左上のアプリ起動ツールのアイコン Office 365 アプリ起動ツール アイコン を選び、[管理者] を選びます。

  3. 管理センターで、[課金]、[サブスクリプション] の順に選びます。

  4. [サブスクリプション] ページで、更新するアドオン サブスクリプションを選んで、[ユーザーの追加/削除] を選びます。

  5. 必要なユーザー ライセンスの数をボックスに入力し、[送信] を選択します。

    ヒント: ユーザー ライセンス数は、上下の矢印を使用して変更することも、数字を入力して変更することもできます。

    [ライセンスの追加または削除] ダイアログ ボックスの [ライセンスの総数] ボックスと [送信] ボタン。

購入後に、ユーザーがアドオンまたはアドオンのサブスクリプションを削除することはできません。削除する必要がある場合は、一般法人向け Office 365 のサポートに問い合わせてください。アドオン サブスクリプションの自動更新を無効にすることはできます。

Skype for Business アドオンの詳細については、「Skype for Business と Microsoft Teams のアドオン ライセンス」を参照してください。

アドオン

利用可能なサブスクリプション

Customer Lockbox

  • Office 365 Enterprise E1

  • Office 365 Enterprise E3

  • Office 365 Enterprise E4

Exchange Online Advanced Threat Protection

  • Office 365 Enterprise E1

  • Office 365 Enterprise E3

  • Office 365 Enterprise E4

Exchange Online Archiving

  • Office 365 Business Essentials

  • Office 365 Business Premium

  • Office 365 Enterprise E1

Microsoft MyAnalytics

  • Office 365 Enterprise E1

  • Office 365 Enterprise E3

  • Office 365 Enterprise E4

Office 365 Advanced Compliance

  • Office 365 Enterprise E1

  • Office 365 Enterprise E3

  • Office 365 Enterprise E4

Office 365 Extra File Storage

  • Office 365 Business

  • Office 365 Business Essentials

  • Office 365 Business Premium

  • Office 365 Enterprise E1

  • Office 365 Enterprise E2

  • Office 365 Enterprise E3

  • Office 365 Enterprise E4

  • Office 365 Enterprise E5

  • Office Online SharePoint プラン 1 を使用

  • Office Online SharePoint プラン 2 を使用

  • SharePoint Online (プラン 1)

  • SharePoint Online (プラン 2)

Office 365 の電話システム

  • Office 365 Enterprise E1

  • Office 365 Enterprise E3

  • Office 365 Enterprise E4

  • Office 365 Enterprise E5

Office 365 の電話会議

  • Office 365 Enterprise E1

  • Office 365 Enterprise E3

  • Office 365 Enterprise E4

Office 365 の通信クレジット

  • Office 365 Enterprise E5

Office 365 の国内通話プラン

  • Office 365 Enterprise E5

Office 365 の国際通話プラン

  • Office 365 Enterprise E5

さらにサポートが必要な場合

Office 365 コミュニティ フォーラムで情報を入手 管理者向け: サインインとサービス リクエストの作成 管理者向け: 電話サポート

関連項目

サブスクリプションの記憶域を変更する

一般法人向け Office 365 の請求書 - 管理者向けヘルプ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×