一般法人向け Office 365 サブスクリプションの更新またはライセンスの再認証をする

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

この記事の情報は、支払い済みのほとんどの 一般法人向け Office 365 サブスクリプションに適用されます。

小売店または Office 365 パートナーから購入したプロダクト キーを使用して更新する場合は、「一般法人向け Office 365 のプロダクト キーを見つけて入力する」を参照してください。

定期的な請求をオンまたはオフ

支払いにクレジット_カードまたは銀行口座、これらの定期的な請求は、既定でオンします。定期的な請求がある場合、サブスクリプションは毎年サブスクライブした日は請求の対象に引き続きします。 できます無効] と [後で、もう一度Office 365 管理センターでは、サブスクリプションの有効な場合。

プロダクト キーを使って、サブスクリプションの前払いする場合は、サブスクリプションの契約期間の最後に、サブスクリプションの有効期限はします。定期的な請求をオンにし、サブスクリプションは毎年サブスクライブした日は請求の対象に引き続きクレジット_カードまたは銀行口座の情報を提供することがことができます。また、毎月の支払または年を事前に全体の支払いオプションがあります。初期のサブスクリプション契約期間が終了するまで、銀行口座、クレジット_カードを課せられませんされます。

  1. 管理センターで、[サブスクリプション] ページに移動するか、[課金情報]、[サブスクリプション] の順に選択します。

    Office 365 Germany を使用している場合は、[サブスクリプション] ページに移動します。

    21Vianet が運営する Office 365 を使用している場合は、[サブスクリプション] ページに移動します。

  2. 定期的な請求をオンにするには、に、トグルを切り替えます。

    定期的な請求がオンになっているサブスクリプション カードの拡大します。

    無効に、表示/非表示を切り替えることは、定期的な請求オフにすることができます。

    注: 

    • のみ、アクティブなサブスクリプションの支払いを定期的な設定を変更できます。サブスクリプション有効期限が切れた既にが無効になっている場合、または場合は、定期的な請求を有効または無効にする前に再アクティブ化する必要があります。

    • 定期的な請求が無効になっている場合、サブスクリプションのキャンセルすぐしていません。期限が切れるまではアクティブなままです。サブスクリプション カードで、有効期限日を表示するには、次のようにします。

      オフになっている定期的な請求されているサブスクリプション カードの拡大します。

      サブスクリプションを直ちにキャンセルする方法については、「サブスクリプションを取り消す」を参照してください。

さらにサポートが必要な場合

Office 365 コミュニティ フォーラムで情報を入手 管理者向け: サインインとサービス リクエストの作成 管理者向け: 電話サポート

関連項目

サブスクリプションを再アクティブ化します。

追加、更新、またはクレジット_カードまたは一般法人向け Office 365 で、銀行口座を削除します。

と、データとアクセスに自分の Office 365 のビジネス サブスクリプションが終了した場合ですか?

一般法人向け Office 365 のプロダクト キーの入力

一般法人向け Office 365 の試用版を購入します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×