一般法人向け Office 365 サブスクリプションの更新またはライセンスの再認証をする

ヒント: この記事の情報は、支払済みのほとんどの 一般法人向け Office 365 サブスクリプションに適用されます。

既定では、自動更新はオンになっています。自動更新がオンになっている場合、毎年契約日にサブスクリプションが自動的に更新されます。サブスクリプションがアクティブである場合、Office 365 管理センターで自動更新をオフにしたりもう一度オンにしたりできます。

  1. 職場や学校のアカウントを使って、グローバル管理者として Office 365 にサインインします。サインインの方法はこちらを参照してください。

  2. 左上のアプリ起動ツールのアイコン Office 365 アプリ起動ツール アイコン を選び、[管理者] を選びます。

  3. 管理センターで、[課金]、[サブスクリプション] の順に選びます。

  4. 自動更新をオンにするには、トグルを [オン] に切り替えます。

    自動更新の切り替えボタンが表示されたサブスクリプションのスクリーン ショット

    サブスクリプションの更新を自動的に行わないようにするには、トグルを [オフ] に切り替えます。

    注記: 

    • 自動更新設定の変更は、アクティブなサブスクリプションに対してのみ行うことができます。 サブスクリプションが既に期限切れになっていたり、無効であったりする場合に、自動更新をオンまたはオフにするには、再アクティブ化する必要があります。

    • 自動更新がオフにされても、サブスクリプションが直ちにキャンセルされるわけではありません。サブスクリプションは、期限切れになるまでアクティブなままです。次のように、サブスクリプション カードにある有効期限までの日数を表示できます。

      自動更新がオフになっているサブスクリプションが表示されたスクリーンショット

      サブスクリプションを直ちにキャンセルする方法については、「サブスクリプションを取り消す」を参照してください。

サブスクリプションが期限切れになった場合は、Office 365 管理センター で再アクティブ化と更新を行うことができます。

  1. 職場や学校のアカウントを使って、グローバル管理者として Office 365 にサインインします。サインインの方法はこちらを参照してください。

  2. 左上のアプリ起動ツールのアイコン Office 365 アプリ起動ツール アイコン を選び、[管理者] を選びます。

  3. 管理センターで、[課金]、[サブスクリプション] の順に選びます。

  4. 期限切れまたは無効になったサブスクリプションに対して、[再アクティブ化] を選びます。

    無効になったサブスクリプションが表示されたスクリーンショット。 [再アクティブ化] を選んで、サブスクリプションをアクティブな状態に戻す

    重要: 実行できる操作として [再アクティブ化] が表示されていない場合、電話でサポートに連絡して、サブスクリプションのライセンスの再認証を依頼してください。

  5. 支払いの詳細を入力します。 既存の支払い情報はここで更新できます。

    支払いの詳細を送信すると、サブスクリプションがアクティブな状態に戻り、現在のサブスクリプション契約に応じて、更新日が 1 か月または 1 年延長されます。クレジット カードで支払う場合、延長分については、クレジット カードに請求されます。請求書で支払う場合、延長分は次回の請求書に反映されます。サブスクリプションが再び期限切れにならないように、手順に従って自動更新をオンにします

サブスクリプションは、契約期間の途中に Microsoft が無効にする場合があります (たとえば、請求書に対する支払いを忘れた場合、サブスクリプションをサブスクリプション期間の途中にキャンセルした場合など)。これらの場合は、Office 365 管理センター でサブスクリプションを再アクティブ化できます。

  1. 職場や学校のアカウントを使って、グローバル管理者として Office 365 にサインインします。サインインの方法はこちらを参照してください。

  2. 左上のアプリ起動ツールのアイコン Office 365 アプリ起動ツール アイコン を選び、[管理者] を選びます。

  3. 管理センターで、[課金]、[サブスクリプション] の順に選びます。

  4. 期限切れまたは無効になったサブスクリプションに対して、[再アクティブ化] を選びます。

    重要: 実行できる操作として [再アクティブ化] が表示されていない場合、電話でサポートに連絡して、サブスクリプションのライセンスの再認証を依頼してください。

  5. 支払いの詳細を送信します。既存の支払い情報はここで更新できます。

    キャンセルされたサブスクリプションや、支払いを受けられなかったために無効にされたサブスクリプションは、再アクティブ化すると、アクティブな状態に戻ります。 更新日は変更されません。

LinkedIn ラーニングのショート アイコンです。 Office 365 を初めてお使いの場合は
、LinkedIn ラーニングによって提供された Office 365 管理者および IT プロフェッショナル向けの無料のビデオコースをご覧ください。

ご意見を寄せてください。

この手順は役に立ちましたか?役に立った場合は、このページの一番下のリンクを使ってお知らせください。役に立たず、問題がまだ解決していない場合は、何をしようとしたときにどのような問題が発生したかをお知らせください。

さらにサポートが必要な場合

Office 365 コミュニティ フォーラムで情報を入手 管理者向け: サインインとサービス リクエストの作成 管理者向け: 電話サポート

関連項目

一般法人向け Office 365 用のクレジット カードを追加、更新、または削除する

一般法人向け Office 365 のサブスクリプションが終了したとき、データとアクセスはどうなりますか?

一般法人向け Office 365のプロダクト キーを入力する

一般法人向け Office 365 の試用版を購入する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×