一般法人向け Office 365 の課金内容または請求書を表示する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ヒント: Office 365 Solo の場合は、「Office 365 Solo または Office 365 サービスのサブスクリプションの課金内容を表示する」を参照してください。

請求明細書や請求書を見つけて、Office 365 のサブスクリプション料金の情報を表示する方法について確認しましょう。また、課金内容を保存したり印刷したりすることもできます。請求書に記載されている料金について説明が必要な場合は、「一般法人向け Office 365 の請求書について」で詳細を確認してください。

  1. 職場や学校のアカウントを使って、グローバル管理者として Office 365 にサインインします。サインインの方法はこちらを参照してください。

  2. 左上のアプリ起動ツールのアイコン Office 365 アプリ起動ツール アイコン を選び、[管理者] を選びます。

    重要: 管理者オプションが表示されない場合は、管理者ではありません。ヘルプが必要な場合は、一般法人向け Office 365 管理者にお問い合わせください。アプリ起動ツールが表示されない場合は、Office 365 Solo サブスクリプションがあり、請求書を受信していません。ただし、家庭向け Office 365 の注文履歴を表示することができます

  3. Office 365 管理センターで [課金]、[請求書] の順に選びます。

    Office 365 管理センターの [課金] メニューで [課金情報] が選択されている。

  4. 目的の請求書の月と日を選んで、[表示] を選びます。

    Office 365 管理センターの [請求書] ページのスクリーン ショット。
  5. 注文を選んで、[詳細の表示] を選びます。

  6. [請求書の詳細] ページで、次の内容を確認できます。

    • 合計請求残高、今回の請求額、支払期日、前回支払額、受領日付

    • 支払い手順

    • 過去の支払日と支払額の記録

    • 注文作成日と注文番号

  7. 特定の月の請求書を表示するには、年と月を選択し、[表示] を選びます。

    Office 365 管理センターの [請求書の詳細] ページにある [請求書] セクションのスクリーン ショット。
  8. 請求書を PDF 形式で印刷または保存するには、[請求書 (.pdf) を表示する] を選びます。

ご意見を寄せてください。

この手順は役に立ちましたか?役に立った場合は、このページの一番下のリンクを使ってお知らせください。役に立たず、問題がまだ解決していない場合は、何をしようとしたときにどのような問題が発生したかをお知らせください。

さらにサポートが必要な場合のサポート サービス

一般法人向け Office 365 の管理者は、知識の豊富なサポート担当者に無料で問い合わせて、購入前のお問い合わせ、アカウント、課金に関するサポート、および技術的な問題の解決についての支援を受けることができます。組織の Office 365 ユーザーに代わってサポートに問い合わせることもできます。

Office 365 コミュニティ フォーラムで情報を入手 管理者向け: サインインとサービス リクエストの作成 管理者向け: 電話サポート

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

請求書、クレジット_カード、または Office 365 for business 用の銀行口座による支払い

追加、更新、またはクレジット_カードまたは一般法人向け Office 365 で、銀行口座を削除します。

-管理者向けヘルプ Office 365 の請求書

共有 Facebook Facebook Twitter Twitter メール メール

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×