一般法人向け Office 365 のライセンスの競合を解決する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

新しいユーザーを作成する前に、一般法人向け Office 365 サブスクリプションに必要なライセンスを購入することが推奨されます。ユーザー アカウントを作成したとき、新しい ユーザーにライセンスを割り当てることができます。すべてのライセンスをユーザーに既に割り当てているが、一部のライセンスの期限が切れている場合、あるいは既にユーザーに割り当てられているライセンスを削除するとき、ライセンスの競合が発生します。詳細については、「一般法人向け Office 365 サブスクリプションからライセンスを削除する」を参照してください。

ライセンスの競合を確認する方法

  1. Office 365 管理センターで、[ライセンス] ページに移動するか、[課金情報]、[ライセンス] の順に選択します。

    Office 365 管理センターで、[ライセンス] ページに移動するか、[課金情報]、[ライセンス] の順に選択します。

    Office 365 管理センターで、[ライセンス] ページに移動するか、[課金情報]、[ライセンス] の順に選択します。

  2. 競合に関する情報は、[状態] 列で確認します。競合がある場合、警告メッセージが表示されます。下のスクリーンショットの場合、1 名または複数名のユーザーに有効なライセンスが必要であることがわかります。

    注: 競合がない場合は [状態] 列は表示されません。

    [ライセンス] ページの [状態] 列。

ライセンスの競合を解決する方法

ライセンスの競合を解決するには、ライセンスを追加購入するか、ライセンスを必要としなくなったユーザーからライセンスを削除します。

  1. Office 365 管理センターで、[ライセンス] ページに移動するか、[課金情報]、[ライセンス] の順に選択します。

    Office 365 管理センターで、[ライセンス] ページに移動するか、[課金情報]、[ライセンス] の順に選択します。

    Office 365 管理センターで、[ライセンス] ページに移動するか、[課金情報]、[ライセンス] の順に選択します。

  2. [状態] 列で、[追加購入] を選択してライセンスを追加購入します。

    注: 競合がない場合は [状態] 列が表示されません。

    [ライセンス] ページの [状態] 列。
  3. サブスクリプション ページで、複数のサブスクリプションを持っている場合、ライセンスの購入対象となるサブスクリプションを選択します。

  4. [ライセンスの追加/削除] を選択します。

    サブスクリプション ページの [ライセンスの追加/削除] リンク。
  5. [ライセンスの総数] ボックスにこのサブスクリプション用に必要なライセンスの総数を入力し、[送信] を選択します。たとえば、100 個のユーザー ライセンスを持っていて、さらに 5 個のライセンスを追加する場合は、ここに「105」と入力します。

  6. 新しい月間コストを確認し、[閉じる] を選択します。

ライセンスの追加購入に関する詳細については、「一般法人向け Office 365 サブスクリプションのライセンスを購入する」を参照してください。

注: サブスクリプションの期限が切れた場合は、組織のサブスクリプションを更新することもできます。自動更新が無効になっている場合、サブスクリプションが期限切れになると、そのサブスクリプションに含まれるすべてのユーザーとすべてのサービスでライセンスの競合が発生します。会社のサブスクリプションを更新すると、このようなライセンスの競合を解決できます。

必要ありませんユーザーからライセンスを削除するのには、次の手順を実行します。必要に応じて、ライセンスを解放するユーザー アカウントを削除することができます。

重要: ライセンスを削除すると、そのライセンスに関連付けられているユーザー データが削除されます。

  1. Office 365 管理センターで、[ライセンス] ページに移動するか、[課金情報]、[ライセンス] の順に選択します。

    Office 365 管理センターで、[ライセンス] ページに移動するか、[課金情報]、[ライセンス] の順に選択します。

    Office 365 管理センターで、[ライセンス] ページに移動するか、[課金情報]、[ライセンス] の順に選択します。

  2. [状態] 列で、[割り当て解除] を選択し、ライセンスを必要としなくなったユーザーからライセンスを削除します。

    注: 競合がない場合は [状態] 列が表示されません。

    [ライセンス] ページの [状態] 列。
  3. このライセンスが割り当てられたユーザーが一覧表示されます。

    ライセンスを削除するユーザーを 1 名または複数名選択します。そのユーザーが [選択したユーザー] リストに表示されます。ユーザーの選択が完了したら、[次へ] を選択します。

    ライセンスを削除するユーザーの選択。
  4. [ライセンスの削除]、[はい]、[完了] の順に選択します。

ご意見を寄せてください。

この手順は役に立ちましたか?役に立った場合は、このページの一番下のリンクを使ってお知らせください。役に立たず、問題がまだ解決していない場合は、何をしようとしたときにどのような問題が発生したかをお知らせください。

さらにサポートが必要な場合のサポート サービス

一般法人向け Office 365 の管理者は、知識の豊富なサポート担当者に無料で問い合わせて、購入前のお問い合わせ、アカウント、課金に関するサポート、および技術的な問題の解決についての支援を受けることができます。組織の Office 365 ユーザーに代わってサポートに問い合わせることもできます。

Office 365 コミュニティ フォーラムで情報を入手 管理者向け: サインインとサービス リクエストの作成 管理者向け: 電話サポート

注: 中国で 21Vianet が運営する Office 365 を使用している場合は、21Vianet のサポート チームにお問い合わせください

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

一般法人向け Office 365 のユーザーにライセンスを割り当てる

一般法人向け Office 365 内のユーザーからライセンスを削除します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×