一般法人向け Office 365 で表示言語とタイム ゾーンを変更する

Office 365 アプリとサービスの表示言語とタイム ゾーンは同時にすべて変更できます。

重要: 特定の Office 365 の構成では、表示言語を含む一部の Office 365 設定をユーザーが変更することができません。次のどの手順でもうまくいかない場合、組織の Office 365 管理者に問い合わせてください。

  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. トップ ナビゲーション バーで、[設定 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します ] をクリックして [設定] ウィンドウを開き、[言語とタイム ゾーン] をクリックします。

    Office 365 の [設定] ウィンドウ

  3. [言語とタイム ゾーン] で、リストから言語を選択します。必要に応じて、タイム ゾーンと時間表示も変更します。その後、[保存] をクリックします。

[設定] ウィンドウが表示されない場合

組織の Office 365 の構成によっては、別の場所の設定が表示される場合もあります。

  1. トップ ナビゲーション バーで、[設定 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します ]、[Office 365 の設定] の順にクリックし、[設定] タブをクリックします。

  2. [言語とタイム ゾーン] をクリックし、目的の言語を選択します。その後、[保存] をクリックします。

言語設定のオプションが表示されない場合

一部の Office 365 のインストールでは、表示言語とその他の一部の設定を、特定のライセンスを持つユーザーしか変更できません。Office 365 の設定に言語を変更するオプションが含まれていない場合は、組織の Office 365 の管理者に問い合わせてください。

言語設定の追加情報

  • 表示言語を変更しても、他のユーザーの言語設定に影響することはありません。他のユーザーが同じコンピューターを使用する場合、各ユーザーの表示言語は、それぞれの Office 365 の設定によって決まります。

  • 最初に Outlook Web App (メールと予定表) にサインインするときに、表示言語を設定することもできます。ただし、設定が異なる場合、Office 365 の言語設定は、Outlook Web App の設定を上書きします。

  • 現在、Outlook Web App では、Office 365 の他のサービス (チーム サイトなど) よりも多くの言語を使用できます。

関連項目

Office 365 の活用方法について知る

メールと予定表を個人用に設定する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×