一般企業向け Outlook on the web での添付ファイルの操作

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

添付ファイルを使用して、作成するメールや予定表アイテムに 1 つまたは複数のファイルを追加できます。また、メッセージの本文に画像を挿入する (埋め込む) ことができます。

この記事の内容

メッセージにファイルを添付する

カレンダー イベントにファイルを添付する

メッセージに画像を挿入する

別のメッセージにメッセージを添付する

添付ファイルを削除する

添付ファイルを表示する

添付ファイルに関する詳細情報

メッセージにファイルを添付する

  1. 新しいメッセージを作成して、メニュー バーで [添付] 挿入 を選択します。

    メッセージにファイルを添付します。

  2. 添付するファイルを探し、必要であれば [開く] をクリックして、そのファイルをメッセージに追加します。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • [アップロードして OneDrive ファイルとして添付] を選びます。

    • [コピーとして添付] を選びます。

  4. [送信] を選びます。

ヒント: 同じフォルダーから複数のファイルを選べます。互いに隣り合っていない複数のファイルを選ぶには、Ctrl キーを押しながら目的のファイルを選びます。互いに隣り合っている複数のファイルを選ぶには、Shift キーを押しながら目的の最初のファイルと最後のファイルを選び、Shift キーを離します。

ページの先頭へ

カレンダー イベントにファイルを添付する

  1. 新しいカレンダー イベントを作成するか、既存のイベントを編集します。

  2. 新しいカレンダー イベントを作成するには、下向き矢印 [新規作成] ボタンと下向き矢印 を選び、[カレンダー イベント] を選びます。

  3. イベントの詳細を追加または編集します。

  4. メニュー バーで [添付] 挿入 を選び、添付するファイルを探し、必要であれば [開く] をクリックして、そのファイルをイベントに追加します。

  5. 次のいずれかの操作を行います。

    • [アップロードして OneDrive ファイルとして添付] を選びます。

    • [コピーとして添付] を選びます。

  6. [保存] を選びます。

メッセージに画像を挿入する

メール メッセージまたはカレンダー イベントの一部であるメッセージに、画像を挿入する (埋め込む) ことができます。

  1. メール メッセージまたはカレンダー イベントのメッセージに画像を追加するには、書式メニュー バーで [インライン画像を挿入] 図の挿入 を選びます。

    [書式] メニュー バーから画像を挿入する

  2. 挿入する画像を探して選び、[開く] を選びます。

  3. 画像を追加した後、画像を選択して新しいサイズに変更できます。[小]、[自動調整]、[オリジナル] から選択できます。

ヒント: 同じフォルダーから複数のファイルを選べます。互いに隣り合っていない複数のファイルを選ぶには、Ctrl キーを押しながら目的のファイルを選びます。互いに隣り合っている複数のファイルを選ぶには、Shift キーを押しながら目的の最初のファイルと最後のファイルを選び、Shift キーを離します。

ページの先頭へ

別のメッセージにメッセージを添付する

メッセージを別のメッセージにドラッグできます。

  1. 新しいメッセージを開くか、既存のメッセージに返信または転送します。

  2. メニュー バーの右上隅にある [新しいウィンドウ] 新しいウィンドウを開く を選び、別のウィンドウでメッセージを編集します。

  3. メッセージ一覧と新しいメッセージが表示されるように、ウィンドウを左右に並べて表示します。

  4. 添付するメッセージを一覧表示で選び、新しいメッセージにドラッグします。

ページの先頭へ

添付ファイルを削除する

メッセージに添付したファイルを削除するには、添付ファイル名の横にある 破棄 を選びます。

メッセージに挿入した画像を削除するには、画像を選び、[削除] を選びます。

ページの先頭へ

添付ファイルを表示する

使用しているデバイスによっては、添付ファイルを開いて表示するのにいくつかの方法があります。 次に説明するオプションの多くでは、表示する前に添付ファイルを保存することが必要な場合があります。

  • 添付ファイルを右クリックして、[表示]、[ダウンロード]、または [OneDrive にアップロード - Microsoft] を選びます。

    注: [表示] オプションを使用できるかどうかは、添付ファイルの種類に依存します。

  • 添付ファイルの下に表示されている 2 つの使用可能なオプションのいずれかを選びます。[ダウンロード] または [OneDrive にアップロード - Microsoft] を選びます。

  • 添付ファイルの上にマウス ポインターを移動して選ぶか、またはダブルクリックします。いずれの場合も、添付ファイルの [開く]、[保存]、[名前を付けて保存]、または [保存して開く] を選ぶことができます。

  • 添付ファイルをダウンロードするか開くには、タッチ デバイスの 挿入 をタップまたはクリックします。添付ファイルをデバイスに保存するかどうかを確認する追加メッセージが表示されることがあります。表示されるオプションは、使用しているデバイスの種類、およびダウンロードするか開くファイルの種類によって異なります。デバイスに添付ファイルを保存する場合、保存場所を記録しておき、そこから開きます。

ページの先頭へ

添付ファイルに関する詳細情報

  • 添付ファイルとしては、任意のプログラムで作成したファイル、たとえば Word 文書、Excel スプレッドシート、.wav ファイルまたはビットマップ ファイルを使用できます。

  • ユーザーの組織、または電子メールの受信者の組織によって使用されているウイルス対策ソフトウェアによって、一部の添付ファイルが削除またはブロックされる場合があります。添付ファイルのサポートについて質問がある場合は、ヘルプデスクにお問い合わせください。

  • 添付ファイルを含むメッセージに返信する場合、その添付ファイルは返信には含まれません。

  • 電子メールで送信された添付ファイルは、その内容と送信元が信頼できない場合には開かないでください。添付ファイルは、コンピューター ウイルスを拡散させるための一般的な手段です。[プレビュー] オプションが使用できる場合は、それを使うことをお勧めします。

  • 添付ファイルのファイル名が長い場合は、Outlook によって短縮されることがあります。これは、ファイルの内容には影響しません。

  • メールボックスをホストするサービスによって、Outlook での添付ファイルを含めたメッセージ全体の既定のサイズ制限が 25 MB か 35 MB かが異なります。メールボックスの添付ファイルとメッセージのサイズ制限は組織によって設定されるため、既定の制限とは異なる場合があります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×