一時的な Skype for Business 会議を始める

Skype for Business では、前もって会議のスケジュールを設定しなくても、何らかのテーマですぐに話し合う必要が生じたら、該当する人とコミュニケーションを始めることができます。電話をかけるか、インスタント メッセージを送信し、画面、プログラム、ファイルを複数の連絡先と共有することで、臨時の会議をすぐに始めます。

電話会議を開始する

Skype for Business 電話会議を開始し、同僚と一時的な会議を開きます。まず、連絡先のプレゼンス状態を見て、連絡可能になっていることを確認します。次に、以下の操作を行います。

  1. 連絡先リストで、キーボードの Ctrl キーを押しながら、連絡先の名前をクリックして選択します。

  2. 選んだ連絡先を右クリックし、[電話会議の開始] をクリックします。次に、[Skype for Business 通話] をクリックします。

連絡先は、通知を受け取り、電話会議への参加依頼を承諾または拒否できます。

ヒント: ビデオ通話を行うには、通話を開始するときに [ビデオ通話の開始] を選択するか、会議中に会議ウィンドウのビデオ アイコンをクリックしてビデオを追加します。

グループでの IM 会話を開始する

連絡先リストから複数の連絡先または連絡先グループを選択することによって、グループでのインスタント メッセージング (IM)会話を開始します。

  1. 連絡先リストで、キーボードの Ctrl キーを押しながら、招待する連絡先を 1 つずつクリックします。

  2. 選択対象を右クリックして、[IM の送信] をクリックします。

  3. メッセージを入力し、キーボードの Enter キーを押します。

    グループ IM のスクリーン ショット

または、1 人のユーザーと行っていた IM 会話をグループ IM 会話に切り替えることもできます。会話ウィンドウの下部にある人のアイコンをポイントし、[他の人を招待] をクリックします。

IM ウィンドウの [他の人を招待] アイコンのスクリーン ショット

ヒント: テキスト入力領域の下の電話やビデオのアイコンを利用して、音声、ビデオ、またはその両方を IM 会話に追加します。

共有の追加

電話会議またはグループ IM 内から他のユーザーと画面をすばやく共有します。

  1. 会話ウィンドウで、発表 (モニター) ボタンをポイントし、[発表] タブで次のどちらかをクリックします。

  2. [デスクトップ] をクリックし、デスクトップのコンテンツ全体を表示します。

  3. [プログラム] をクリックし、それから任意のプログラムをダブルクリックします。

共有ツール バーが画面の上部に表示され、共有していることが通知されます。

  1. 終了したら、ツール バーの [共有の停止] をクリックします。

音声とカメラのボタンのスクリーン ショット

PowerPoint スライドを共有する

  1. 会話ウィンドウで、発表 (モニター) ボタンをポイントします。

  2. [発表] タブで、[PowerPoint] をクリックし、ファイルをアップロードします。

  3. 目的のスライドに移動するには、[サムネイル] をクリックし、表示するスライドをクリックするか、会議室の下部の矢印を使います。

  4. 次のいずれかの操作を実行します。

  5. 発表者のノートを見るには、[ノート] をクリックします。

  6. コメントを使うには、スライドの右上の [コメント] をクリックしてツール バーを開き、蛍光ペン、スタンプ、レーザー ポインターなどを使います。

PowerPoint を IM に追加した画面のスクリーン ショット

ファイルを送信する

ファイル転送オプションを使って、Skype for Business 会話中にファイルを送信します。

  • コンピューターからファイルをドラッグし、会話ウィンドウにドロップします。

Skype for Business から受信者にファイルが送信されたことが通知されます。受信者は承認または拒否のいずれかを選ぶことができます。転送が承認された場合、それぞれの受信者のコンピューターでファイルのダウンロードが開始します。

現在会話をしていない連絡先にもファイルを送信できます。

  1. 連絡先リストで、Ctrl キーを使ってファイルの送信先を選択します。

  2. ファイルを選択対象にドラッグします。

Skype for Business から受信者に通知が送信されます。受信者はファイル転送を承認または拒否します。

ファイル転送ポップアップ通知のスクリーンショット

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×