一度に複数の画像を編集する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Picture Manager はトリミングに使えるツールです。このツールを使用すると、画像の管理、編集、共有を行うことができます。Picture Manager では、.jpg、.gif、.bmp などのさまざまなファイル形式を処理できます。

Picture Manager を使用すると、次の処理が実行できます。

  • すべて、または複数の画像を自動で同時に修正します。

  • 電子メール メッセージで画像を送信したり、企業のイントラネットに Microsoft SharePoint 画像ライブラリを作成したりできます。

  • 複数の異なる画像編集ツールから選択し、より高度な作業を実行します。

  • 画像の保存場所に関係なく、すべての画像を表示します。

  • 画像の保存場所が明確に思い出せない場合でも、自動で検出できます。

この記事の内容

Picture Manager の場所

表示される内容

画像を編集する

編集した画像を表示し、保存する

画像を共有する

Picture Manager の場所

Picture Manager を開くには、[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントします。次に、[Microsoft Office] をポイントし、[Microsoft Office ツール] をポイントして、[Microsoft Office Picture Manager] をクリックします。

Picture Manager が開き、3 つのウィンドウが表示されます。

表示される内容

Picture Manager を起動すると、[画像へのショートカット]、プレビュー ウィンドウ、[作業の開始] 作業ウィンドウの 3 つのウィンドウが表示されます。

[画像へのショートカット] ウィンドウで作業対象の画像を探して選択します。画像が保存されているフォルダへのショートカットを追加しないと、このウィンドウに画像ファイルが表示されません。また、Picture Manager でドライブのスキャンを実行し、画像が保存されているフォルダを検出して、すべてのフォルダへのショートカットを自動的に追加することもできます。

フォルダへのショートカットを選択すると、プレビュー ウィンドウにそのフォルダ内の画像が表示されます。[縮小表示] ビュー、[写真] ビュー、[標準表示] ビューのいずれかで画像を表示できます。また、画像を拡大表示して細部を表示したり、縮小表示して全体を表示したりできます。

[作業の開始] 作業ウィンドウを使用すると、Picture Manager で実行できる主なタスクの概要を表示できます。目的のタスクに使用する作業ウィンドウへのショートカットを使うこともできますが、このプログラムに慣れてきたら、[作業の開始] 作業ウィンドウを閉じて、必要な個々の作業ウィンドウだけを表示することもできます。

画像を編集する

Picture Manager を使用すると、複数の画像を一度に操作したり、編集したりできます。

画像の編集は、[画像の編集] 作業ウィンドウで行います。すべての画像のクリーンアップを一度にすばやく、簡単に実行するには、[画像の編集] 作業ウィンドウですべての画像を選択し、[画像] メニューの [オートコレクト] をクリックします。

オートコレクト コマンドでは、明るさ、色、コントラストを修正します。

[画像の編集] ウィンドウでは、複数の画像に対して同時に次の編集を実行することもできます。

トリミング画像の不要な部分や煩雑な部分を除外します。

回転/反転   画像の向きを目的の向きに回転します。

図のサイズを変更する   

明るさとコントラストを調整   作業ウィンドウで設定を変更して、明るさとコントラストを調整します。

一度に 1 つの画像を操作する場合、Picture Manager を使用して、画像の色を調整したり、カメラのフラッシュが原因で赤くなってしまった目を修正したりできます。

編集した画像を表示し、保存する

変更内容を保存する前に、編集したすべての画像を同時に参照するには、[未保存の変更済み画像] フォルダを表示します。

次に、変更内容を保存します。元の画像を編集した画像で上書きするには、[保存] または [すべて保存] を使用します。編集した画像用に新しいファイルを作成するには、[名前を付けて保存] を使用します。編集した画像を、別のファイル名や別のファイル形式で保存する場合、または別の場所に保存する場合は、[ファイル] メニューの [エクスポート] を使用します。

画像を共有する

編集が終了した画像は、Microsoft Office 文書に挿入したり、Web サイトで表示したり、Microsoft Office Outlook の電子メール メッセージに添付したりできます。状況に合わせて圧縮すると、画像のサイズを調整できます。圧縮されてから Web サイトに表示された画像は、より高速で読み込まれます。圧縮されてから電子メールを通じて送信された画像も、より高速で送信され、必要なメールボックスのサイズも小さくなります。

Microsoft Windows SharePoint Services を使用している場合は、画像ライブラリに付属の Picture Manager を使用して、画像をライブラリにアップロードしたり、Picture Manager に画像をダウンロードして編集したりできます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×