一元管理された場所からカレント データベースのユーザー オプションを設定する

オブジェクト ウィンドウの表示方法、キーボード ショートカットの有効化、現在開いている Microsoft Access 2010 データベースの自動修正オプションの有効化など、いくつかのユーザー設定をカスタマイズするには、[カレント データベース] カテゴリのオプションを使用します。これらのオプションは、クライアント モードの Microsoft Access 2010Access 2010 から設定できます。

クライアント モードと Web モードについて

クライアント モード    クライアント モードとは、標準的な Access アプリケーションを作成するときに使用するモードです。このモードでは、すべての標準的な機能 (コントロール、データ型、マクロ操作、プロパティなど) を使用できます。Access 2010 を使用して、以前のバージョンの Access で作成したデータベース アプリケーションを開くと、Access 2010 はクライアント モードで開きます。

Web モード    Web モードとは、Access Web アプリケーションを作成するときに使用するモードです。このモードでは、フォーム、テーブル、クエリなどのデザイン環境が、Web と互換性のある機能だけを追加できるように構成されています。

注: これらの変更を行うには、データベースをあらかじめ開いておく必要があります。また、変更した設定の一部は、データベースを閉じて再び開いたときにのみ適用されます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

カレント データベースのオプションをカスタマイズする

オブジェクト ウィンドウの表示方法に関する設定を選択する

Access ショートカット キーの使用を有効にする

カレント データベースのファイル管理オプションを設定する

カレント データベースのナビゲーション オプションを選択する

カレント データベースのフィールド名を追跡および修正するオプションを設定する

カレント データベースのフィルター オプションを設定する

カレント データベースのオプションをカスタマイズする

現在開いているアプリケーションまたはデータベースでは、アプリケーション名とロゴの表示方法、オブジェクト ウィンドウの表示方法、ファイルの管理方法などの機能を簡単にカスタマイズすることができます。

  1. 現在開いているデータベースで次の操作を行います。[ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックし、[アプリケーション オプション] で設定を選択します。

    [カレント データベース] オプションが強調表示されている [Access のオプション] ダイアログ ボックス

設定

説明

アプリケーション タイトル

カレント データベースのタイトル バーに表示するカスタム名を指定します。

アプリケーション アイコン

カレント データベースのアイコンを選択します。イメージ ファイルの名前を入力します。または、[参照] をクリックしてイメージ ファイルを見つけます。選択したアイコンがタイトル バーに表示されます。

フォームとレポートのアイコンとして使用する

このオプションを選択すると、カレント データベースのすべてのフォーム タブとレポート タブにアプリケーション アイコンが表示されます。ドキュメント タブが無効の場合、アイコンは表示されません。

フォームの表示

カレント データベースを開いたときに表示するフォームを指定します。データベースを開いたときにいずれのフォームも表示しない場合は、既定の設定 [(表示しない)] のままにします。

Web 表示フォーム

このオプションを選択すると、Web 上に表示するフォームをユーザーが設定、変更、または削除できます。

ステータス バーを表示する

このオプションを選択すると、Access ワークスペース下部にステータス バーが表示されます。

  1. オプションを変更したときにデータベースを閉じて再び開く必要がある場合は、[ファイル] タブをクリックします。

  2. [データベースを閉じる] をクリックします。

  3. 再び開くには、[開く] をクリックし、データベースを選択します。

ページの先頭へ

オブジェクト ウィンドウの表示方法に関する設定を選択する

以前のバージョンの Access では、すべてのオブジェクトが個別のウィンドウで開いていたため、複数のウィンドウで作業するときにはウィンドウのサイズを頻繁に変更する必要がありました。Office Access 2007 には、開いているすべてのオブジェクトを、オブジェクト ウィンドウ上部の一連のタブに表示するオプションが用意されています。このオプションを使用すると、必要なタブをクリックすることにより、開いているオブジェクトを簡単に切り替えることができます。[カレント データベース] カテゴリの [ドキュメント ウィンドウ オプション] 領域で次の表示オプションを設定できます。

設定

説明

ウィンドウを重ねて表示する

このオプションを選択すると、複数のオブジェクトを開いたときに、それぞれのウィンドウが上に重ねて表示されます。

オブジェクト ウィンドウがどのように重なって表示されるのかを示します

タブ付きドキュメント

このオプションを選択すると、複数のオブジェクトを開いている場合でも、同時に 1 つのオブジェクトのみが表示されます。

タブ付きドキュメント オプションが選択された場合に、開いているオブジェクトがどのように表示されるかを示します

[タブ付きドキュメント] 設定はドキュメント タブを表示せずに使用できます。この方法は、ユーザーが同時に 1 つのオブジェクトで作業する場合に役立ちます。このオプションの選択を解除する場合は、ユーザーが別のオブジェクトに切り替えることのできる他のナビゲーション オプションを用意する必要があります。

ドキュメント タブを表示する

[タブ付きドキュメント] オプションを選択した場合、このオプションも選択すると、開いているすべてのオブジェクトのタブを表示できます。

フォーム上のコントロールに Windows のテーマを使用する

このオプションを選択すると、カレント データベースのフォームとレポートのコントロールに Windows のテーマを使用できます。

レイアウト ビューを有効にする

このオプションを選択すると、Access のステータス バーおよびオブジェクトのタブを右クリックすると表示されるショートカット メニューに [レイアウト ビュー] ボタンが表示されます。このオプションの選択を解除すると、レイアウト ビューでフォームとレポートを開くことができなくなります。

注: このオプションの選択を解除すると、[レイアウト ビュー] は [ビュー] またはショートカット メニューのオプションとして表示されなくなります。

データシート ビューでテーブルのデザインを変更できるようにする

このオプションを選択すると、データシート ビューのテーブルのデザインを変更することができます。

数値フィールドの文字切れをチェックする

このオプションを選択すると、列の幅が小さいために値全体を表示できないときに、数値が "#####" と表示されます。このオプションを選択しない場合、列に表示できる長さを超える部分の値は切り捨てられます。

Picture プロパティの保存形式

このオプションを選択すると、イメージが元の形式で保存されます。このオプションは、データベース サイズを縮小する必要がある場合に選択します。

すべての画像データをビットマップに変換する (Access 2003 またはそれ以前のバージョンとの互換性があります)

このオプションを選択すると、元のイメージ ファイルのコピーが Windows ビットマップ形式またはデバイスに依存しないビットマップ形式で作成されます。このオプションは、Office Access 2003 またはそれ以前のバージョンで作成されたデータベース内のイメージを表示する必要がある場合に選択します。

ページの先頭へ

Access ショートカット キーの使用を有効にする

[ショートカット キーを有効にする] オプションを選択すると、カレント データベースで次のショートカット キーを使用できます。

キー操作

結果

F11

ナビゲーション ウィンドウの表示と非表示を切り替えます。

Ctrl + G

Visual Basic エディターでイミディエイト ウィンドウを表示します。

Alt + F11

Visual Basic エディターを起動します。

Ctrl + Break

Access プロジェクトの操作中にこの組み合わせでキーを押すと、サーバーからのレコードの取得が中止されます。

ページの先頭へ

カレント データベースのファイル管理オプションを設定する

次のファイル管理設定は、オプションを選択するときに開くデータベースに対してのみ適用されます。

設定

説明

閉じるときに最適化する

このオプションを選択すると、開いているデータベースを閉じるときに自動的に最適化が実行されます。

ファイルを保存するときにファイルのプロパティから個人情報を削除する

このオプションを選択すると、ファイルを保存するときに、ファイル プロパティから自動的に個人情報を削除します。

ページの先頭へ

カレント データベースのナビゲーション オプションを選択する

現在のアプリケーションの次のナビゲーション オプションをカスタマイズできます。

ナビゲーション オプションの設定

設定

説明

ナビゲーション ウィンドウを表示する

このオプションの選択を解除すると、カレント データベースを開くときにナビゲーション ウィンドウは表示されません。

ナビゲーション オプション

このオプションを選択すると、ナビゲーション ウィンドウに表示するカテゴリとグループを変更したり、カレント データベースでオブジェクトを開く方法を設定したりできます。

リボン名

ユーザー設定のリボン グループの名前を選択します。

ショートカット メニュー バー

ショートカット メニューの既定のメニュー バーを設定または変更します。

すべてのメニューを表示する

このチェック ボックスをオフにすると、リボンに [ホーム] タブのみが表示されます。また、[ファイル] タブをクリックしたときに、[上書き保存] コマンドと [名前を付けて保存] コマンドは使用できません。

既定のショートカット メニュー

ナビゲーション ウィンドウのデータベース オブジェクトおよびフォームまたはレポートのコントロールを右クリックすると表示されるショートカット (ポップアップ) メニューの表示と非表示を切り替えます。指定したオプションを有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。

ページの先頭へ

カレント データベースのフィールド名を追跡および修正するオプションを設定する

[名前の自動修正] オプションを選択すると、フォーム、レポート、およびクエリのフィールド名の参照が追跡され修正されます。カレント データベースに対して次のオプションを設定できます。

設定

説明

名前の自動修正情報をトラックする

このオプションを選択すると、名前のエラーを修正するのに必要な情報が保存されます。[オブジェクトの依存関係] の機能を使用できます。ただし、[名前の自動修正を行う] を選択するまで、エラーは修正されません。

名前の自動修正を行う

このオプションを選択すると、名前のエラーが検出されるたびに修正されます。[名前の自動修正情報をトラックする] を選択したときにこのオプションを選択しなければ、このオプションを選択するまでエラー データが保存されます。

名前の自動修正の変更を記録する

名前のエラーを修正することによりデータベースに加えられた変更を記録します。データは "AutoCorrect.log" という名前のテーブルに保存されます。

ページの先頭へ

カレント データベースのフィルター オプションを設定する

[フォーム フィルター] 定義を使用してフィルターを定義し、カレント データベースの [フォーム フィルター] ウィンドウの表示値を選択することにより、フォームに表示する情報を並べ替えることができます。

このセクションのオプションは、[フォーム フィルター] ウィンドウの指定したフィールドに表示する値リストのサイズなどのいくつかの機能の制御に使用します。インデックス フィールドまたは非インデックス フィールドの値および外部ファイル内のリンク テーブルの値を表示できるかどうかに関するオプションを選択できます。また、[フォーム フィルター] を使用するときにフォーム内のコントロールに値リストを表示するかどうかに関するオプションも選択できます。

設定

説明

ローカル インデックス フィールド

このオプションを選択すると、[フォーム フィルター] ウィンドウに表示される値リストにローカル インデックス フィールドの値を表示します。

ローカル非インデックス フィールド

[フォーム フィルター] ウィンドウに表示される値リストにローカル非インデックス フィールドの値を表示します。

ODBC フィールド

Open Database Connectivity (ODBC) 接続を使用してリンクしたテーブルの値を表示します。

レコード数が次の値を超えるときは、リストを表示しない

[フォーム フィルター] での操作に使用する値リストを作成するときに読み取る最大レコード数を入力します。リストを完成させるのに必要なレコードの数がここで指定する数を超える場合、値リストは表示されません。フィールドにインデックスが設定されていない場合でも、すべての値リストには固有の値のみが表示されます。既定値は 1000 です。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×