ワードアートを追加、変更、削除する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ワードアートでは、(反射) テキストの影付きまたは見開きページなどの装飾的な効果を作成するのには、Office のドキュメントに追加できるテキスト スタイルのギャラリーです。Word および PowerPoint では、既存のテキストをワードアートに変換することもできます。

この記事の内容

ワードアートの概要

ワードアートを追加する

既存のテキストを PowerPoint および Word でワードアートに変換します。

ワードアート スタイルを削除する

ワードアートを削除します。

ワードアートの概要

ワードアートを使用すると、特殊なテキスト効果を文書に追加できます。たとえば、タイトルの伸縮やテキストの傾きといった効果のほか、標準図形に収まるようにテキストのサイズを調整したり、グラデーションの塗りつぶしを適用したりすることもできます。このワードアートは、文書内で移動 (または配置) したり、装飾や強調を追加したりすることができるオブジェクトになります。既存のワードアート オブジェクトのテキストは、いつでも追加したり編集したりできます。

WordArt の 3 つの例

ページの先頭へ

ワードアートを追加する

  1. [挿入] タブの [テキスト] で、[ワードアート] をクリックして、目的のワードアート スタイルをクリックします。

    Excel の [挿入] タブでワードアートを挿入するボタンを強調表示。

    Excel 2010 の [挿入] タブの [テキスト] の例

  2. テキストを入力します。

    注記: 

    • Office 2010文書にグラフがある場合に、タイトルの追加傍点を付けるワードアートを含むグラフ タイトルを置き換えることができます。

ページの先頭へ

既存のテキストを PowerPoint および Word でワードアートに変換します。

  1. ワードアートに変換するテキストを選択します。

  2. [挿入] タブの [テキスト] で [ワードアート] をクリックし、目的のワードアートをクリックします。

    PowerPoint 2010 の [挿入] タブで [ワードアート] ボタンを強調表示。

ページの先頭へ

ワードアート スタイルを削除する

Office 2010プログラムを使用していますか。

Excel

Excel

テキストからワードアート スタイルを削除すると、テキストはそのまま残り、プレーン テキストに変わります。

  1. ワードアート スタイルを削除するワードアート テキストを選択します。

  2. [描画ツール] の [書式] タブの [ワードアート スタイル] で ボタン イメージ (その他) をクリックし、[ワードアートのクリア] をクリックします。

    ヒント: テキストの一部からワードアート スタイルを削除するには、ワードアート スタイルを削除するテキストを選択して、上記の手順に従います。

ページの先頭へ

PowerPoint

テキストからワードアート スタイルを削除しても、テキストそのものは変更されません。単に書式なしテキストに変化します。

  1. ワードアート スタイルを削除するワードアート テキストを選択します。

  2. [ホーム] タブの [フォント] グループで、すべての書式をクリア [すべての書式をクリア] ボタンの画像 ] をクリックします。

    ヒント: テキストの一部からワードアート スタイルを削除するには、ワードアート スタイルを削除するテキストを選択して、上記の手順に従います。

ページの先頭へ

Word

テキストからワードアート スタイルを削除しても、テキストそのものは変更されません。単に書式なしテキストに変化します。

  1. ワードアート スタイルを削除するワードアート テキストを選択します。

  2. [ホーム] タブの [フォント] グループで、 ボタン イメージ書式のクリア] をクリックします。

    ヒント: テキストの一部からワードアート スタイルを削除するには、ワードアート スタイルを削除するテキストを選択して、上記の手順に従います。

ページの先頭へ

ワードアートを削除する

  • 削除するワードアートを選択し、Del キーを押します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×