ワードアートを挿入する

ワードアートを挿入する

ワードアートを使用すると、特殊効果を簡単に追加してテキストを目立たせることができます。[挿入] タブの [ワードアート ギャラリー] から目的のワードアート スタイルを選択します。ワードアートはカスタマイズできます。

文字 Happy Birthday と図を含むワードアートの例

  1. [挿入] タブで [ワードアート] をクリックし、目的のワードアート スタイルを選びます。

    ワードアート オプションの選択

    ワードアート ギャラリーには、入力したテキスト全体に適用されるさまざまなスタイルが A の文字を使って示されます。

    注: [ワードアート] アイコンは [テキスト] グループにあります。使用中のプログラムや画面のサイズによっては外観が異なることがあります。次のいずれかのアイコンを探します。

    大型のワードアート アイコン 中型のワードアート アイコン 小型のワードアート アイコン
  2. [テキストをここに入力] というプレースホルダー テキストが表示されます。テキストが強調表示されています。

    ワードアートのプレースホルダー テキスト

    自分のテキストを入力して、プレースホルダー テキストと置き換えます

    ユーザー設定のテキストを含むワードアート

ヒント: 

  • ワードアートとして文全体や段落を入力できます (長いテキストの場合、フォント サイズを変更する必要があることがあります)。Word では、既存のテキストをワードアートに変換することもできます。

  • ワードアート テキストには、記号を含めることができます。記号を入れる位置をクリックして、[挿入] タブで [記号] をクリックし、目的の記号を指定します。

[図形のスタイル] でワードアートの形状を変更しようとしたところ、テキストが変更されず、困惑することがあります。[ワードアートのスタイル] グループのテキスト オプションを代わりに使用します。図形のスタイルと効果は、ワードアート テキストではなく、ワードアートの周りのボックスと背景に適用されます。そのため、シャドウ、回転、曲線、塗りつぶし、輪郭の色などの効果をワードアートに追加するには、[ワードアートのスタイル] のオプションである、[文字の塗りつぶし]、[文字の輪郭]、[文字の効果] などを使用します。

[ワードアート スタイル] グループ

注: 画面のサイズによっては、ワードアートのスタイルのアイコンだけが表示されます。

アイコンのみが表示されている [ワードアートのスタイル] グループ

  1. 変更するワードアート テキストまたは文字を選択します。

    [描画ツール] の [書式] タブが表示されます。

  2. [描画ツール] の [書式] タブで、[文字の塗りつぶし] または [文字の輪郭] をクリックし、使用する色を選びます。

    テキスト塗りつぶし色の選択
  3. テキスト ボックスの外側をクリックし、効果を確認します。

    この例では、テキストの塗りつぶしに薄い青色が適用され、テキストの輪郭に赤色が適用されました。

    テキストの塗りつぶしと輪郭色を適用したワードアート

  1. 変更するワードアート テキストまたは文字を選択します。

    [描画ツール] の [書式] タブが表示されます。

  2. 曲線のある効果を作成するには、[描画ツール] の [書式] タブで、[文字の効果]、[変形] の順にクリックし、目的の形を選択します。

    重要: [文字の効果] [文字の効果] ボタン メニューは、[図形の効果] [図形の効果] ボタン メニューと同じではありません。メニュー下の [変形] に表示されない場合は、[文字の効果] メニューをクリックして確認します。

    この例では、最初の曲線変形効果が選択されています。

    曲線変形文字効果の選択
  3. テキスト ボックスの外側をクリックし、効果を確認します。

    [文字の効果] メニューを使用し、シャドウ、反射、光彩、傾斜、3-D 回転など、他の効果を作成します。この例のワードアートには、曲線変形効果とシャドウが適用されています。

    曲線変形効果とシャドウが適用されているワードアート

  • ワードアート テキストを任意の角度まで回転させるには、テキストを選択し、ボックスの上部にある円形の回転ハンドルをドラッグします。

    回転ハンドルによるワードアートの回転
  • ワードアートを反転させるか、90 度回転させるには、[描画ツール] の [書式] タブをクリックし、[配置] グループの [回転] をクリックし、オプションを選択します。

    [回転] メニューのオプション

ワードアート テキストのフォント サイズやスタイルを変更するには:

  1. 変更するワードアート テキストまたは文字を選択します。

  2. [ホーム] タブの [フォント] グループで、フォント スタイル、フォント サイズ、下線など、オプションを選択します。

  1. Word 文書でワードアートに変換するテキストを選択します。

  2. [挿入] タブで、[ワードアート] をクリックし、目的のワードアートを選択します。

    ワードアート オプションの選択

ページの先頭へ

削除するワードアートをダブルクリックし、Delete キーを押します。

ページの先頭へ

関連情報

画像やクリップ アートをオンラインで検索する

図形を追加する

  1. 文書内の装飾文字列を挿入する場所をクリックします。

  2. [挿入] タブの [テキスト] グループの [ワードアート] をクリックします。

    テキスト グループ

  3. 任意のワードアート スタイルをクリックし、入力を開始します。

ページの先頭へ

  1. 変更するワードアートの任意の場所をクリックします。

  2. [描画ツール] の [書式] タブで、任意のオプションをクリックします。

    たとえば、[テキスト] グループの [文字列の方向] をクリックし、テキストの新しい方向を選んで、ワードアートのテキストの方向を変更することができます。

ページの先頭へ

削除するワードアートをダブルクリックし、Delete キーを押します。

ページの先頭へ

ワードアートを使用すると、ドキュメントに特殊文字の効果が付加されます。たとえば、タイトルを拡大したり、テキストを斜体にしたり、テキストを既定の図形にフィットさせたり、グラデーションの塗りつぶしを適用したりできます。このワードアートはドキュメント内に移動または配置可能なオブジェクトとなり、装飾や強調を施します。必要な時にいつでも、既存のワードアート オブジェクトでテキストを修正したり追加したりできます。

ワードアートの例

Excel

  1. [挿入] タブの [テキスト] グループで [ワードアート] をクリックして、目的のワードアート スタイルをクリックします。

  2. テキストを入力します。

Outlook

  1. [挿入] タブの [テキスト] グループで [ワードアート] をクリックして、目的のワードアート スタイルをクリックします。

  2. [テキスト] ボックスでテキストを入力します。

    ワードアートの周りの図形に加えて、ワードアート内のテキストをカスタマイズできます。

PowerPoint

  1. [挿入] タブの [テキスト] グループで [ワードアート] をクリックして、目的のワードアート スタイルをクリックします。

  2. テキストを入力します。

Publisher

  1. [オブジェクト] ツール バー の [ワードアートの挿入] ボタンの画像 をクリックします。

  2. [ワードアート ギャラリー] で使用したいワードアートをクリックして、[OK] をクリックします。

  3. [テキスト] ボックスでテキストを入力します。

    ワードアートのテキストを変更する場合は、変更したいワードアートをダブルクリックして、[テキスト] ボックスに新しいテキストを入力します。

Word

  1. [挿入] タブの [テキスト] グループで [ワードアート] をクリックして、目的のワードアート スタイルをクリックします。

  2. [テキスト] ボックスでテキストを入力します。

    ワードアートの周りの図形に加えて、ワードアート内のテキストをカスタマイズできます。

ページの先頭へ

  1. ワードアートに変換するテキストを選択します。

  2. [挿入] タブの [テキスト] グループで [ワードアート] をクリックして、目的のワードアート スタイルをクリックします。

    [挿入] タブの画像

ワードアートの周りの図形に加えて、ワードアート内のテキストをカスタマイズできます。

ページの先頭へ

Excel

次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

ワードアートの選択に関する詳細情報については、図形またはその他のオブジェクトを選ぶを参照してください。

Outlook

次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

ワードアートの選択に関する詳細情報については、図形またはその他のオブジェクトを選ぶを参照してください。

PowerPoint

次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

ワードアートの選択に関する詳細情報については、図形またはその他のオブジェクトを選ぶを参照してください。

Publisher

次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

ワードアートの選択に関する詳細情報については、図形またはその他のオブジェクトを選ぶを参照してください。

Word

次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

ワードアートの選択に関する詳細情報については、図形またはその他のオブジェクトを選ぶを参照してください。

ページの先頭へ

Excel

テキストからワードアートのスタイルを削除すると、テキストは保持され、プレーン テキストに変更されます。

  1. ワードアートのスタイルを削除するワードアート テキストを選択します。

  2. [描画ツール] の [書式] タブにある [ワードアートのスタイル] グループで、[その他] ボタン ボタンの画像 、[ワードアートのクリア] の順にクリックします。

    テキストの一部からワードアートのスタイルを削除するには、ワードアートのスタイルを削除するテキストを選択し、上記の手順に従います。

PowerPoint

テキストからワードアートのスタイルを削除すると、テキストは保持され、プレーン テキストに変更されます。

  1. ワードアートのスタイルを削除するワードアート テキストを選択します。

  2. [描画ツール] の [書式] タブにある [ワードアートのスタイル] グループで、[その他] ボタン ボタンの画像 、[ワードアートのクリア] の順にクリックします。

    テキストの一部からワードアートのスタイルを削除するには、ワードアートのスタイルを削除するテキストを選択し、上記の手順に従います。

ページの先頭へ

この記事の最初の「適用対象」に記載されているすべてのプログラムで、次の手順を実行します。

  • 削除するワードアートをダブルクリックして選択し、Delete キーを押します。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×