ワークフロー レポートを表示する

Microsoft Office SharePoint Server 2007 には、ワークフローや関連するビジネス プロセスの効率を評価するための簡単なワークフロー レポート ツールが用意されています。

この記事の内容

ワークフロー レポートのオプション

ワークフローに関連付けられているレポートを表示する

ワークフロー レポートのオプション

Office SharePoint Server 2007 に付属のレポート ツールでは、ワークフロー履歴の集計分析を通じ、プロセスに内在する問題を把握したり、ビジネス プロセスに対する目標達成の成否をグループごとに調べたりすることができます。また、Office SharePoint Server 2007 には、ワークフローの複数のインスタンスを対象にワークフロー履歴の集計分析を行うことのできる、Microsoft Office Excel 形式のレポートがいくつか付属しています。ワークフローの履歴情報は、SharePoint リストのデータ ソースとして利用することもできるため、このデータ ソースを他のプログラム (Microsoft Office Visio 2007、Microsoft Office Access 2007、独自のビジネス プロセス監視ソリューションなど) を使って分析することができます。

ページの先頭へ

ワークフローに関連付けられているレポートを表示する

  1. レポートの表示対象のワークフローが関連付けられているリストまたはライブラリを開きます。

    リストまたはライブラリの名前が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックして、目的のリストまたはライブラリの名前をクリックします。

  2. リストまたはライブラリに格納されているアイテムのステータス情報へのリンクが表示されるので、レポートを表示するワークフローのステータス列で、いずれかのアイテムの横のリンクをクリックします。たとえば、[進行中] や [完了] をクリックします。

  3. [ワークフローの状態] ページの [ワークフローの履歴] で、[ワークフロー レポートの表示] をクリックします。

    [ワークフロー レポートの表示] ページに、リストまたはライブラリのアイテムで利用可能な各ワークフローについてレポートが一覧表示されます。

  4. レポートの表示対象のワークフローを見つけて、次のいずれかの操作を行います。

    • ワークフロー インスタンスごとの所要時間のほか、ワークフローに含まれるアクティビティごとの所要時間を表示するには、[アクティビティ継続期間レポート] をクリックします。

    • キャンセルやエラーによって最後まで完了しなかったワークフローについての情報を表示するには、[キャンセルとエラー レポート] をクリックします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×