ワークフロー タスクを表示する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ワークフローに関連したすべてのタスクは、そのワークフローに関連付けられているタスク リストに記録されます。ワークフローのタスク リストは、そのワークフローをリスト、ライブラリ、またはコンテンツ タイプに追加したときに指定されます。ワークフローには、サイトの既定のタスク リストを使用できるほか、ワークフローに固有のユーザー設定のタスク リストを使用することもできます。

注: 社内の機密情報がワークフロー タスクに含まれるなど、状況によっては、ワークフローのタスク リストを閲覧するユーザーの権限を制限することもできます。

ワークフローおよび関連する機能の詳細については、「参照」セクションのリンク先を参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

タスク リストのワークフロー タスクの表示

ユーザー設定のタスク リストを見つけて、進行中のワークフローのすべてのタスクを表示します。

タスク リストのワークフロー タスクを表示する

すべてのワークフロー タスクがサイトの既定のタスク リストに記録されている場合、[自分のタスク] フィルターを使用すると、自分のワークフロー タスクのみを特定し表示することができます。

注: ワークフローとワークフロー タスク以外のタスク リストを使用できます。多数のタスクを想定して、または別のアクセス許可の要件がある、非ワークフロー タスクのワークフローのタスク専用の 1 つのタスク リストと別のタスク リストを使いやすくなったことがあります。

  1. サイド リンク バーの [タスク] をクリックして、サイトのタスクを表示します。

    サイド リンク バーに [タスク] が表示されない場合は、[サイトの操作] メニューの [すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックして、[タスク] をクリックします。

  2. リボンの [リスト] タブをクリックします。

  3. [ビューの管理] で [現在のビュー] の下矢印をクリックし、[自分のタスク] など、目的のビューを選択します。

ページの先頭へ

進行中のワークフローのユーザー設定のタスク リストを特定してすべてのタスクを表示する

タスクを表示するワークフローのワークフロー タスクが既定のタスク リストに記録されていない場合、そのワークフロー アイテムの [ワークフローの状態] ページにアクセスすることにより、ワークフローのユーザー設定のタスク リストを特定できます。

  1. ワークフロー アイテムが保存されているリストまたはライブラリに移動します。

  2. ワークフローに関連したドキュメントまたはアイテムをポイントし、表示される矢印をクリックして、[ワークフロー] をクリックします。

  3. [実行中のワークフロー] で、タスクを表示するワークフローの名前をクリックします。

  4. [ワークフローの状態] ページの [タスク] で、このワークフローのタスク リストへのリンクをクリックします。

    注: テキストの末尾に直後のセクションのタスクのタイトルのリンクです。

  5. リボンの [リスト] タブをクリックします。

  6. [ビューの管理] で [現在のビュー] の下矢印をクリックし、[自分のタスク] など、目的のビューを選択します。

    注: ワークフローのカスタム タスク リストの名前がわかっている場合は、サイトの操作] をクリックしてにのすべてのサイト コンテンツの表示] をクリックしてリストの名前をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×