ワークフローの作成およびカスタマイズの概要

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

社内の各チームは Microsoft SharePoint サイトを使用してドキュメントで共同作業を行い、情報を共有しています。組織の生産性と効率を向上するために SharePoint ソリューションを構築しようと思います。この場合、コードの記述を省略するには、どうしたらよいでしょうか。

Microsoft SharePoint Designer 2010で簡単に組織内のより複雑なビジネス プロセスを管理するコードなしのワークフロー ソリューションをデザインできます。ワークフローでは、システムと人間のプロセスの両方にロジックを追加します。別のデータ ソースの変更と、システムのプロセスのワークフローが 1 つのデータ ソースを更新することがあります。ワークフロー人間のプロセスが承認のための従業員のマネージャーに経費明細書など、ドキュメントを送信し、[承認された場合、処理の会計部門にします。

SharePoint Designer 2010 illustration

これが可能に入れ子になったロジック、手順を許可するSharePoint Designer 2010で強力なまだ直感的なワークフロー エディターでします。たとえば、ワークフローがドキュメント ライブラリに関連付けられている場合、またはドキュメント コンテンツ タイプがフィルター処理している場合は、文脈に応じたドキュメント セットのアクションのグループが表示されます。ドキュメント セットは、ドキュメントのグループは、1 つの単位として処理されるため、そのドキュメント セット内のすべてのアイテム、ドキュメント セットのワークフロー アクションを集めあなたSharePoint Server 2010の新しい機能です。

他の新しいワークフロー アクションには、SharePoint Server の最も一般的な 3 つのワークフロー (承認ワークフロー、フィードバックの収集ワークフロー、および署名の収集ワークフロー) の基礎となるアクションがあります。文字列と日付を操作するユーティリティ アクション、SharePoint ユーザー プロファイル ストアを使用してユーザーの上司を検索する新しい相互関係アクション、ワークフローがリスト アイテムへの権限の設定に使用できる新しいリスト アクションなどが、これに該当します。

デザインもおよび Microsoft Visio を使用しているSharePoint Designer 2010にエクスポートできるフローチャート テンプレートでワークフローを共有できます。

SharePoint Designer 2010 illustration

ここでは、ワークフローの基礎知識を提供します。ワークフローの種類と基本的な構成要素であるアクション、条件、およびステップを理解すると、ワークフローをすばやく追加してプロセスを自動化し、組織の生産性と効率を向上することができます。

この記事の内容

ワークフローとは何ですか。

どの種類のワークフローを設計する必要がありますか。

SharePoint Server 2010 のワークフローをカスタマイズします。

イベント、アクション、条件および手順とは

ワークフローのフォームとは

ワークフローが格納される場所

ワークフローの状態を確認する場所は?

次のステップ

ワークフローとは

ワークフローは、方法 一連のアクションをプロセスなどの作業プロセスに対応する、組織関数では、orders を購入します。SharePoint 2010 は、これらのワークフローを自動化するため、組織の生産性と効率が向上役立ちます。これは、組織が、プロセスを管理するのではなく、作業を行うに集中できるように、自動化されたワークフロー ドライブ プロセスのために発生します。

ワークフローにより、SharePoint 2010 のサイト、リスト、ライブラリ、コンテンツ タイプ、またはリスト アイテム (そのアイテムのライフサイクルを含む) をほぼ全面的に管理できます。ワークフローによって実行されるアクションとその参加者によって実行されるアクションの両方をワークフローに含めることができます。ワークフローの参加者は、指定されたタスク リストを通じてワークフローと対話できます。ワークフローは、参加者のタスクを作成し、タスクが完了とマークされるまでは一時停止することができます。

ワークフローの複雑度は、ビジネス プロセスに応じて異なります。ユーザーによって開始されるワークフローを作成することも、リスト アイテムの作成や変更などのイベントに応じて自動的に開始されるワークフローを作成することもできます。

一般に、 SharePoint Designer 2010を使用して、ワークフローを作成すると、次の基本的な手順。

  • 作成するワークフローの種類 (リスト、再利用可能なリスト、またはサイト) を選択します。

  • ワークフロー エディターを使用して、ワークフローのステップを定義する条件とアクションを選択してまとめます。その結果、自動化するビジネス プロセスがワークフローで表されます。

  • ワークフローを保存して発行します。

  • 必要に応じて、自動的に生成されたワークフローのフォームをカスタマイズします。

ワークフローは、アクションのフローチャートであり、開始、終了、および開始から終了までのシーケンシャルなフローを表します。並列分岐する場合がありますが、最終的には最初のアクションから最後のアクションへと実行されます。

たとえば、SharePoint 2010 のドキュメントを回覧して承認を受けるワークフローを図示するとします。ワークフローが開始すると、指定したレビュー担当者にレビュー対象のドキュメントがあることが電子メールで自動的に通知されます。レビュー担当者は、ドキュメントをレビューし、ドキュメントの状態を変更して、タスクを完了し、ドキュメントの承認または却下を返します。レビュー担当者の応答に基づいて、ワークフローは 2 つの並列分岐のどちらかに進みます。レビュー担当者がドキュメントを承認すると、ワークフローは承認済みのドキュメントを特定のドキュメント ライブラリに移動し、次に電子メール メッセージをチーム全体に送信して承認済みのドキュメントについて通知します。レビュー担当者がドキュメントを却下した場合は、このドキュメントの作成者に通知されます。いずれの場合も、ワークフローは最後まで達し、プロセスが完了します。

ワークフロー プロセスのフロー チャート

図 1: 承認ワークフローの例

ページの先頭へ

作成するワークフローの種類

SharePoint 2010 には、次の 3 種類のワークフローがあります。

  • リスト

  • 再利用可能なリスト

  • サイト

新しいワークフロー

リストのワークフロー

リストのワークフローは、SharePoint 2007 で使用可能なワークフローの種類です。リストの作成元のコンテキストがあるためリスト ワークフローでは自動的が実行される、ドキュメント ライブラリには、ユーザー設定のノート フィールドなど、リスト アイテムのユーザー設定のフィールドの値へのアクセスがあります。 リストのワークフローできない利用できる他のリストまたはこの] または [その他のサイト上のライブラリにします。複数のリストに対して同じワークフロー機能を使用するには、すべての場所でワークフローを手動で再作成する必要があります。

特定のリスト向けに作成するワークフローのみが必要な場合、リストのワークフローには、リストのユーザー設定フィールドが自動的に使用できるようになるという利点があります。

再利用可能なリストのワークフロー

再利用可能なリストのワークフロー (再利用可能なワークフロー) は、サイト コレクションのトップレベル サイトに作成でき、そのワークフローはグローバルに再利用できます。つまり、ワークフローは、サイト コレクション内の任意のリスト、ライブラリ、またはコンテンツ タイプに関連付けることができます。また、再利用可能なワークフローは、サイト コレクション内の任意のサブサイトに作成することもできるため、その特定のサブサイトで再利用できます。

再利用可能なワークフローを 1 つのサイトからエクスポートすることもをアップロードし、別のサイトでは、そのワークフローをアクティブにします。たとえば、テスト環境で再利用可能なワークフローを作成、テスト、および実運用環境にエクスポートします。SharePoint Designer 2010をサポートするワークフローをテンプレートとしてエクスポートします。

既定では、再利用可能なワークフローに特定のリストまたはライブラリのコンテキストは含まれません。そのため、再利用可能なワークフローでは、リストとライブラリの間で共通の列 (作成日時や作成者など) のみが既定で提供されます。

再利用可能なワークフローを関連付けたリストまたはライブラリに特定の列が必要な場合は、そのような列を関連付け列として追加できます。再利用可能なワークフローがリストやライブラリに関連付けられると、関連付け列がそのリストやライブラリに自動的に追加されます。

再利用可能なワークフローを作成するときに、再利用可能なワークフローの特定のコンテンツ タイプのフィルターを適用または選択できます。これにより、 SharePoint Designer 2010でコンテンツ タイプのフィールドを使用することができます。たとえば、再利用可能なリストのワークフローの場合、ドキュメントのコンテンツ タイプに関連付けられているを表示してドキュメント ID など、コンテンツ タイプに固有のワークフローのフィールドを使用次に、ブラウザーで、特定のコンテンツ タイプまたはコンテンツ タイプから継承するコンテンツ タイプに再利用可能なワークフローを関連付けることができます。サイト コンテンツ タイプにワークフローを関連付ける場合はそのワークフローをできるようにするそのコンテンツ タイプのすべてのアイテムのすべてのリストやライブラリ、そのコンテンツ タイプが追加されているサイトにします。できますでも、サイトの利用可能なコレクションのグローバルに再利用可能なワークフローを使用するワークフローが構成されている場合。

複数のサイト、リスト、ライブラリ、およびコンテンツ タイプに対して作成するワークフローをユーザーが使用できるようにする場合は、再利用可能なワークフローがニーズに最も適している可能性があります。SharePoint 2010 のほとんどのワークフローは再利用可能なワークフローを使用する予定です。

サイトのワークフロー

サイトのワークフローは、リスト、ライブラリ、またはコンテンツ タイプではなく、サイトに関連付けられます。そのため、サイトのワークフローは、ほとんどのワークフローと異なり、特定のリスト アイテムに対して実行されません。このため、サイトのワークフローでは、アイテムで使用できる多くのアクションを利用できません。

ブラウザーで、[サイトの操作] メニューの [すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、[サイト ワークフロー] をクリックすることで、サイトのワークフローを開始したり、実行中のサイトのワークフローの状態を表示したりします。

ワークフローを作成するときに、ワークフローのリスト、ライブラリ、またはコンテンツ タイプが必要ない場合は、サイトのワークフローがニーズに最も適している可能性があります。たとえば、ユーザーがサイトに関するフィードバックを返す方法としてサイトのワークフローを作成することができます。

SharePoint Server 2010のワークフローをカスタマイズします。

一致するワークフローを設計ゼロから開始する必要はありません。 組織のプロセスです。SharePoint Server 2007 で最も人気のある 4 つのワークフロー:、承認、フィードバックの収集、署名の収集、発行の承認のワークフロー: 宣言再利用可能なワークフロー、つまり、今すぐで完全にカスタマイズ可能な _ と完全に再構築z0z_します。コピーして変更する (推奨) またはこれらのワークフローと併せて、組織のニーズを満たすために、カスタムの再利用可能なワークフローを編集します。

注: あります追加のワークフロー、SharePoint 2010 でなど、3 段階の状態管理ワークフローは、の宣言型ワークフローには、変更することはできません。

ワークフローをコピーして変更する

これらのワークフローはイベント駆動型で、ワークフロー内の重要なイベントはすべてワークフロー エディターに表示されます。これは、プロセス内の各タスク、およびプロセス全体の両方に対応しています。たとえば、簡単に、条件とアクションを追加して、各タスクが割り当てられたり、有効期限が切れたり、完了したときの動作を定義できます。

イベント、アクション、条件、およびステップとは

これらはワークフローを構築するためのパーツです。ワークフローは 1 つ以上のステップで構成され、各ステップはアクションおよび関連する条件で構成されます。各ワークフローはイベントによって開始されます。

イベントとは

イベントは、ワークフローを開始または初期化する要素です。イベントを使用して、変更するアイテムの状態を待機するなどのワークフロー内でのアクションのタイミングを管理することもできます。ワークフローを開始できるイベントは、次の 3 つです。

  • アイテムの作成

  • アイテムの変更

  • ワークフローの参加者による SharePoint サイト上の開始ボタンのクリック

注: サイトのワークフローを手動で開始のみことができます。

ワークフローの参加者によって手動で開始されるワークフローを作成することも、リスト アイテムの作成や変更に応じて自動的に開始されるワークフローを作成することもできます。たとえば、ユーザー設定の設計変更要求の承認ワークフローを、手動で開始したり、アイテムの作成ではなく変更に応じて開始したりできるように構成できます。ワークフローの設定ページの [開始オプション] で、[アイテム作成時の自動開始オプションを無効にする] チェック ボックスをオンにします。

ワークフロー開始のオプション

ワークフローの参加者がワークフローを手動で開始する場合、その参加者は最初にワークフローが適用されているリストまたはライブラリを参照します。投稿権限を持つすべての参加者が、手動で開始するように作成されたワークフローを開始できます。ワークフローを手動で開始するには、参加者はアイテムをクリックし、メニューの [ワークフロー] をクリックします。次に、そのアイテムで利用できるすべてのワークフローを表示するページからワークフローを選択します。必要に応じてワークフローの開始フォームに記入し、フォームの開始ボタンをクリックしてワークフローを開始します。ワークフローを開始すると、その特定のアイテムに対してそのワークフローの新しいインスタンスが作成されます。

ワークフローを手動で開始する

注: [ワークフロー] コマンドを使用できるのは、最低 1 つのワークフローが適用されているリスト、ライブラリ、またはコンテンツ タイプにアイテムがある場合に限ります。

手動で開始されるワークフローの場合、開始フォームは左側の画像のように単純になるか、右側の画像のようにより複雑になります。

単純なフォーム

簡単なワークフローを始めるフォーム

より複雑なフォーム

ワークフロー開始フォーム

ワークフローを作成するときにユーザー設定のフィールドを開始フォームに追加することもできます。ワークフローの参加者は、このフォームに記入することにより、ワークフローに情報を提供できます。これらの設定はワークフローに渡されます。ワークフローの新しいインスタンスが開始し、そのワークフローの任意の時点で、フォームを通じて提供された情報を参照して使用することができます。また、再利用可能なワークフローの関連付けフォームで使用されるフィールドを指定することもできます。

アクションとは

アクションは、ワークフローでの作業の基本的な単位です。用意された、再利用可能なアクションのワークフローを組み込むSharePoint Designer 2010を提供します。たとえば、ワークフローでは次のことができます。

  • リスト アイテム (ドキュメントを含む) を作成、コピー、変更、または削除する

  • アイテムをチェックインまたはチェックアウトする

  • 電子メール メッセージを送信する

  • チーム サイトのタスク リストにタスクを作成する

  • ワークフローで後で参照するためのデータを参加者から収集する

  • ワークフローを一時停止または停止する

  • ワークフロー情報を履歴リストに記録し、否認またはワークフローのデバッグに使用する

  • ワークフローの変数を設定または計算を実行する

SharePoint Server 2010には、次の 3 つの新しいタスク アクションが含まれています: 承認処理を開始、フィードバック処理を開始、およびユーザー設定タスク処理を開始します。SharePoint Server 2010に組み込まれている「ビッグ 3」のワークフロー: 承認]、[フィードバックの収集]、[署名の収集ワークフローなどの次の操作を構築します。承認アクションは、すべての多数のユーザーがやり取りするか、特定のドキュメントの共同作業ヒューマン ワークフロー プロセスを設計しやすく、承認プロセスで重要なイベントを表示します。

フィードバック アクション

ワークフローには、任意の数のアクションを含めることができます。表示されているアクションが、ワークフローで実行されますをワークフロー参加者他の操作を実行することがあります。たとえば、承認では、実際に確認し、ドキュメントの承認のワークフローはワークフローの参加者が行われます。ワークフローの参加者によって実行されるアクションは、指定された、タスク リストのユーザーに割り当てられているタスクで表されます。Diagram1 の 5 つのアクション: 例図ワークフローでは、この記事の先頭には。

  • 電子メール メッセージを送信して校閲者に通知する

  • ドキュメントをレビューする (ワークフローの参加者に割り当てられたタスク)

  • ドキュメントを承認済みのドキュメント ライブラリに移動する

  • 電子メール メッセージを送信してチームに通知する

  • 電子メール メッセージを送信してドキュメントの作成者に通知する

基本的な意味で、ワークフローを作成すると、必要な一連のアクションを特定する、ワークフロー エディターを使用して、一連のアクションを作成します。図 1 の例: 例の承認ワークフローを最初のアクションは、校閲者に通知を電子メール メッセージを送信します。

フローチャート、校閲者に送信済みのメール

ワークフロー エディターでは、最初の手順] をクリックして、ように、一部またはすべてのメールを入力し、電子メールを送信する] を選びます。

メールを送信する

条件とは

ワークフローを作成するときに、ワークフロー エディターを使用して SharePoint のサイト、リスト、アイテム、およびコンテンツ タイプに条件ロジックを適用するルールを作成できます。ルールが規定する条件では、その条件が True である場合に限り、関連付けられたアクションが実行されます。たとえば、アイテムが特定の参加者によって作成された場合に限り、ワークフローからレビュー担当者に電子メール メッセージを送信するようなルールを作成できます。また、分岐ごとに複数の条件を追加することもできます。たとえば、アイテムが (1) 特定の参加者によって作成され、さらに (2) ドキュメント タイトルに特定のキーワードが含まれている場合に限り、レビュー担当者に電子メール メッセージを送信するようなルールを作成できます。最後に、1 つの条件に複数のアクションを関連付けることができます。たとえば、アイテムが特定の参加者によって作成された場合、(1) レビュー担当者に電子メールを送信し、(2) ワークフロー情報を履歴リストに記録するようなルールを作成できます。

条件とアクション

つまり、ルールとは 1 つ以上のアクションに関連付けられた 1 つ以上の条件のことです。条件内のすべての句が True である場合は、すべての関連付けられたアクションが実行されます。

前の例で、ユーザーはワークフローに対して一連の 2 つの条件と一連の 2 つのアクションを指定しましたが、ワークフローには複数の分岐を作成できます。この場合、条件 A が True である場合に 1 つのアクションが実行され、条件 B が True である場合に別のアクションが実行されます。ステップに分岐を追加するには、[Else-If 分岐の挿入] をクリックします。たとえば、承認ワークフローで、レビュー担当者がドキュメントを承認すると、ワークフローで一連のアクションが実行されます。レビュー担当者がドキュメントを却下すると、同じワークフローで別のアクションが実行されます。これが条件付き分岐です。

フローチャートの例、承認者がドキュメントを確認する

ワークフロー エディターでは、このステップに 2 つの分岐があり、次のように表示されます。

Else 条件分岐

条件がない分岐を作成することもできます。これにより、ワークフロー アクションを 1 つ場合は、条件または実行が false の場合の条件のセットが true と別の動作します。たとえば、ワークフローでは、次の手順にメッセージを送信承認条件が true の場合にのみそれ以外の場合、ワークフローは、[ワークフローの開始をすぐに、メッセージを送信します。条件がない分岐を追加するには、ワークフローでアクションが実行分岐するいずれの場合最初の分岐の条件が false を指定します。

注: 条件がない分岐する必要があります条件ブロックの最後の分岐とでのみ分岐いない、条件付きブロックにします。

ステップ 1

注: ワークフローの分岐は、他の 1 つのステップから拡張できません。1 つの手順で、条件付きブロックとも呼ばれる ' Else If' の分岐のセットが含まれている常にします。サブステップとしての手順をただし、入れ子にすることができます。

SharePoint Designer 2010には、いくつか用意された、再利用可能な条件、ワークフローを組み込むが用意されています。たとえば、アイテムに、ワークフローに関連付けられているアクションを実行するかを指定できます。

  • 特定の時間内に作成または変更されている。

  • 特定のユーザーによって作成または変更されている。

  • 指定されたキーワードを含むタイトル フィールドがある。

  • 特定の種類のファイルであるか、特定の範囲のファイル サイズである (この条件はワークフローがドキュメント ライブラリに適用されている場合にのみ使用できます)。

SharePoint Designer 2010で使用できる条件の詳細についてでワークフローの条件を参照してください。 SharePoint Designer 2010: クイック リファレンス ガイドします。

さらに、 SharePoint Designer 2010多彩なパラメーターを指定した場所には、ユーザー設定の条件と高度な条件を作成できます。ユーザー設定の条件では、現在の値を含むリスト内のフィールドを比較できます。ユーザー設定の条件を作成するなどの場所場合は、承認済み承認状態] フィールドで、関連するアクションを実行します。高度な条件では、1 つの値を別の値を比較できます。これにより、別のリストからの一覧に含まれるフィールドと値の違いを作成することができます。たとえば、保留中の場所、状態の値フィールドの場合、タスク リストと値が等しい共有ドキュメント ライブラリの高度な条件を作成、関連付けられているアクションを実行できます。

注: アクションでは、条件は必要ありません。たとえば、最初の図 1 手順: この記事の先頭にある、承認ワークフローの例は、校閲者に通知する電子メールを送信します。このアクションでは、それに関連する条件はありません。また、アクションの並列ブロックでは、条件は必要ありません。

並列アクションとシリアル アクション

1 つの条件に複数のアクションが関連付けられている場合は、すべてのアクションを同時に実行 (並列) することも、順に実行 (シリアル) することもできます。既定では、順に実行されます。

並列ブロック

シリアル アクション   たとえば、次のワークフローでは、するを設定できます 2 つのアクション ドキュメントが承認されると、アーカイブのドキュメント ライブラリにドキュメントをコピーして、(その後) メッセージを送信すること。ワークフロー エディターで、[ 2 番目のアクションが、最初の後に発生することを示します。

シリアル アクション

たとえばアクションの並列でワークフローをフォローするには、することができますセットアップするか、2 つの操作できるように、文書が承認されると、メッセージを送信して、承認済みドキュメント ライブラリにドキュメントをコピー (同時) にします。ワークフロー エディターでは、[2 番目のアクションは、最初と同時に発生することを示します。これは、タスクとアクションを大幅に時間がかかる場合に特に役立ちます。たとえば、タスクの場合は、使用できますコントロールにタスクが割り当てられている場合。

注: 並列アクションは厳密には同時に実行されません。厳密な順番は指定できず、ワークフローが実行されるたびに順番が変わる場合があります。

並列ブロック

注: 

  • ルール (条件およびアクション) では、アクションは順次または並列で実行することも、順次と並列を組み合わせて実行することもできます。

  • シリアル アクションまたは並列アクションのセットは 1 つのステップ内に収める必要があります。

ステップとは

ワークフローは 1 つ以上のステップで構成されます。各ステップには多数のアクションと関連条件を含めることができます。ステップは他のステップ内に入れ子にすることもできます。これは、ワークフローを整理するために行うことがあります。ステップは、ワークフロー エディターで機能の集まりと見なすことができます。たとえば、次のワークフローはワークフロー エディターで 2 つのステップとして表示されます。

複数の手順

ステップを使用すると、条件とアクションをルールのセットとしてまとめ、セット単位で実行することができます。

ワークフローの作成者のアクセス許可を使用して実行するワークフローのアクションを設定します。SharePoint Designer 2010でが別のアクションを実行するワークフロー偽装手順を使用することができます。 [ワークフローの開始の代わりにワークフローの作成者が偽装しています。偽装手順は、承認と発行の承認とコンテンツを承認する人のコンテンツを送信するユーザーにアクセス権が異なる場合は、特に便利です。

ワークフローの作成者は、最後に、ワークフローを発行した人です。ワークフローの別のユーザーによって再発行時に、ワークフローの進行中のインスタンスのワークフローの作成者は変更されません。更新されたワークフローの作成者は、ワークフローが発行されている再後に開始されるワークフローのインスタンスが使用されます。

注: 偽装手順は、ワークフローのルートに追加できるのみと、別の手順で入れ子にすることはできません。

次のシナリオでは、ワークフローを開始するユーザーは Archive ライブラリにファイルを追加する権限を持っていませんが、ワークフローの作成者はその権限を持っています。ユーザーがワークフローを開始したときに代理ステップで条件が True と評価された場合、ドキュメントはワークフローの作成者の権限を使用して Archive ライブラリにコピーされます。ステップ 2 は代理ステップではないため、ワークフローの開始者として実行されます。代理ステップは、成功するためにワークフローの作成者の権限を必要とする最小限のアクション セットでのみ使用することをお勧めします。

代理ステップ

手順の 1 つまたは複数ですか?一連の 1 つのステップ内で、アクション、または一連の手順として、一部のワークフローを設計できます。次の手順で操作可能性のある別の手順に分割など、別の手順として、条件付きブロックに入れ子になった

1 ステップでの複数のアクション

条件ブロックに入れ子になったステップを使用するプロセスの例を次に示します。

入れ子のステップでのアクション

ステップは、ワークフローを整理する手段です。ワークフローでステップをどのように使用するかは、個人の好みによって大きく異なります。たとえば、条件を使用しない 1 つのステップに多くのアクションが含まれるワークフローがあるとします。この場合、アクションを複数のステップに切り離してうまく整理することができます。1 つのステップ内のルールが完全に処理された後で次のステップに移行するため、特定のアクションを実行するために必要なルールは同じステップ内にまとめます。

ページの先頭へ

ワークフロー フォームとは

ワークフローをよりダイナミックで柔軟なものにするために、ワークフローにフォームを追加できます。フォームを使用すると、ワークフローの決められた時間にワークフローの参加者から情報を収集し、参加者がワークフローのタスクを操作したり、関連付けられているリスト、ライブラリ、またはコンテンツ タイプに関係なく、再利用可能なワークフローでデータを使用できるようにすることができます。

SharePoint Designer 2010] では、3 種類のワークフローのフォームを作成できます。

  • 開始フォームは、ワークフローを起動したときに、ワークフロー参加者から情報を収集します。SharePoint Designer 2010でワークフローを作成するときに自動的に生成されます。開始フォームは、特定の SharePoint アイテムでワークフローを手動で起動すると、ユーザーに表示されます。開始フォームは、ユーザー指定できますパラメーターを追加またはワークフローに関する情報、特定の SharePoint アイテムに適用されます。文書のレビュー担当者を依頼する開始フォームを使用するなど、確認が完了する必要がある場合。SharePoint Designer 2010では、InfoPath または ASP.NET 開始フォームは、開始仕様によって自動的に生成します。必要なが開始されるパラメーターがない場合は、フォームはだけを起動し、[キャンセル] ボタン

  • ユーザー設定のタスク フォームでは、ワークフローの指定されたタスク リストでタスクの対話をワークフロー参加者ことができます。カスタム タスク ウィザードを使用して簡単にユーザー設定のフォーム フィールドを作成し、ユーザー設定のタスク フォームに追加することができます。ワークフローの設計が完了したら、 SharePoint Designer 2010では、ユーザー設定のタスクの InfoPath または ASP.NET フォームが自動的に生成します。ワークフローを実行し、タスクが作成されると、ユーザー、ワークフローの指定されたタスク リストを参照する、仕事を完了すると、し、ワークフローに固有のオプションまたは必要な情報を入力します。ワークフローに加えた変更をワークフローで、指定された応答または方向に検索し、ワークフローの後の手順では、その情報を評価します。

  • 既定では、すべてのアイテムに共通のフィールド (作成日時や更新者など) を提供するのは再利用可能なワークフローのみです。これは、再利用可能なワークフローが既定でリスト、ライブラリ、またはコンテンツ タイプに関連付けられていないためです。関連付けフォームを使用すると、フィールドと再利用可能なワークフローを関連付けることができるため、ワークフローを作成して実行するときにフィールドを使用できます。

移動してカスタマイズできますSharePoint Designer 2010では、フォームが自動的に生成された後 [フォーム] セクションで、ワークフローの設定] ページに、フォームをカスタマイズする] をクリックします。ワークフローのフォームは、InfoPath または ASP.NET のいずれかのページです。ワークフローのソース ファイルを SharePoint サイトに格納されます。

[フォームの編集]

[ SharePoint Server 2010InfoPath 2010フォームでの強化機能

お使いのサーバーがSharePoint Server 2010 (いないSharePoint Foundation 2010のみ)、ワークフローのフォームを実行している場合、関連付け、開始、およびタスク: InfoPath 2010フォームは、今すぐします。外観、InfoPath フォームのレイアウトを変更するは簡単および InfoPath フォームに入力規則を追加することができます。InfoPath 2010、だけでフォーム、ワークフローを編集するには、フォーム] をクリックし、InfoPath 開きますフォームが SharePoint Designer 2010.InfoPath フォームから直接、リスト、ライブラリ、およびワークフローに対応します。

ページの先頭へ

ワークフローの保存場所

ワークフローは、ワークフローと呼ばれるサイト レベルのドキュメント ライブラリに格納されます。このドキュメント ライブラリは、 SharePoint Designer 2010によって自動的に作成されます。既定では、ワークフローのドキュメント ライブラリ ブラウザーから非表示になり AllItems.aspx や EditForm.aspx などのリスト ビューはありません。SharePoint Designer 2010、ナビゲーションウィンドウで [ワークフローのライブラリの内容を表示するには、すべてのファイル] をクリックして、メイン ウィンドウで、[ワークフロー ] をクリックします。

注: 

  • [すべてのファイル] を使用してワークフローを表示できないことがあります。これは、サーバーの構成方法によって異なります。

  • SharePoint Designer 2010のアクセスとデザインのワークフローの主要なでは、ナビゲーションウィンドウで [ワークフロー ] をクリックします。

すべてのファイル

ワークフローのドキュメント ライブラリには、 SharePoint Designer 2010で作成された各ワークフローのフォルダーが含まれています。フォルダーには次のようなのワークフローに必要なソース ファイルが含まれています。

  • ワークフロー マークアップ (.xoml) ファイル

  • ワークフロー設定ファイル

  • 開始フォーム (手動で開始するワークフロー用) やユーザー設定のタスク フォームなど、ワークフローに必要な InfoPath xsn フォームまたは ASP.NET aspx フォーム

SharePoint Designer 2010、ナビゲーションウィンドウで [既存のワークフローを編集するには、[ワークフロー] をクリックします。メイン ウィンドウでは、目的のワークフローを右クリックし、ワークフローの編集] をクリックします。

ワークフローを編集する

コピーして再利用可能なSharePoint Designer 2010、ナビゲーションウィンドウでワークフローを変更するには、[ワークフロー] をクリックします。メイン ウィンドウでは、目的の再利用可能なワークフローを右クリックし、[コピー] と [変更] をクリックします。

ワークフローをコピーして変更する

上記のどちらの手順でも、ワークフロー エディターでワークフローが開きます。リボンまたは階層リンク ナビゲーションをクリックして、ワークフローの編集、設定の管理、およびワークフローのタスク プロセスの定義を行うことができます。

ワークフロー エディターには、"履歴リストに記録する" というアクションが用意されています。ワークフローでこのアクションを使用して、ワークフローの履歴の記録を維持することをお勧めします。エラーを調査したり、トラッキングや否認を行う場合は、ワークフローの履歴が非常に役立ちます。

使用するワークフローを作成する場合、 履歴リストに記録する] アクションをSharePoint Designer 2010というワークフローの履歴リストを自動的に作成します。Http://<sitename>/Lists/Workflow%20History で作成された既定では、リストします。リストまたはサイトのワークフローと再利用可能なリストのワークフローに関連付けることをデザインする際に、さまざまな履歴リストを作成することを指定できます。このリストには、ユーザー ID、日付、イベント、およびエラーの説明などの情報の列があります。既定ではブラウザーから非表示の履歴リストは、 SharePoint Designer 2010、ナビゲーションウィンドウ内で確認できますワークフロー ドキュメント ライブラリなどで、すべてのファイルをクリックします。

履歴一覧

ワークフロー エディターには、"To Do アイテムを割り当てる"、"ユーザーからデータを収集する"、"フォームをグループに割り当てる" など、タスク リストを操作する 6 つのアクションが用意されています。ワークフローは既定でタスク リストを使用しますが、ユーザー設定のタスク リストを使用するように構成できます。権限に関係する問題のために、ユーザー設定のタスク リストを使用してワークフロー タスクと他の種類のタスクを切り離すことがあります。サイトのすべてのワークフローで 1 つのユーザー設定のタスク リストを使用することも、ワークフローごとに 1 つのユーザー設定のタスク リストを使用することもできます。これは、ワークフローに関する技術的要件と組織の要件によって異なります。

上記の 3 つの操作のいずれかを使用するワークフローを作成するは必要に応じてSharePoint Designer 2010が自動的にフォーム、タスク、およびタスク] リストのコンテンツ タイプを作成します。既定では、ワークフローの履歴リストとドキュメント ライブラリのワークフローとは異なり、ブラウザーで、タスク リストを表示できます。

ワークフロー タスク

ページの先頭へ

ワークフローの状態をチェックする場所

選択したアイテムで実行されているワークフローの進捗状況はブラウザーを通じて簡単に表示できます。既定では、リストまたはドキュメント ライブラリのすべてのアイテム ビューに、アイテムで実行されているワークフローの現在の状態が表示されます。次の例では、Widget 1 DCR設計変更要求ワークフローは [進行中] です。

ワークフローの状態

注: 

  • リストまたはライブラリに複数のワークフローが関連付けられている場合は、複数の列が用意されます。

  • ワークフローの機能に影響を与えずに、すべてのアイテムのビューから列を削除できます。

  • すべてのアイテム ビューに、ルックアップ列や状態の列が既に 7 つ以上ある場合、状態の列はビューに追加されません。

アイテムのワークフローの状態をクリックすると、進行中など、[完了]クリックすると、特定のアイテムのワークフローのワークフローの状態] ページ。サイトのワークフローの状態を表示するには、サイトの操作] メニューをクリックして、サイト ワークフローをクリックしてすべてのサイト コンテンツの表示] をクリックします。[ワークフローの状態] ページは次の情報が提供されます。

  • アイテムのワークフローを開始したユーザーと日時

  • アイテムのワークフローに関連付けられているタスク

  • アイテムのワークフローの履歴 (ワークフローの開始日時と完了日時など)

ワークフローの視覚エフェクト

次の場合は、ワークフローの状態に関するワークフローの視覚エフェクトも表示されます。

  • ワークフローは発行されたときに、ワークフローの状態] ページの視覚エフェクトを表示する] オプションがSharePoint Designer 2010で選択しました。

  • ワークフローの発行元のコンピューターに Visio Premium 2010 がインストールされていた場合。

  • ワークフローがSharePoint Server 2010で実行されています。

  • サーバーで Visio Graphics Services が実行されている場合。

注: Visio を表示するワークフローの視覚エフェクトをローカル コンピューターにインストールする必要はありません。

ワークフローの可視化

ワークフローの視覚エフェクトを使用すると、ワークフローの Visio 図面が自動的に作成され、[ワークフローの状態] ページの Visio Web パーツに表示されます。ワークフローの視覚エフェクトにより、特定のワークフローが存在する場所の "ライブ" ビューが表示されます。

アイテムのワークフロー ページを表示するには、リストのアイテムをクリックし、次にメニューの [ワークフロー] をクリックすることもできます。

注: [ワークフロー] コマンドを使用できるのは、最低 1 つのワークフローが適用されているリストまたはライブラリにアイテムがある場合に限ります。

ユーザーがアイテムSharePoint Foundation 2010またはSharePoint Server 2010でワークフローを開始するときにそのリストまたはライブラリのアイテムの新しい列を追加します。既定では、列名は、ワークフローの名前と一致します。この読み取り専用列は、そのワークフロー内のアイテムの現在の状態を表示します。この状態] 列が自動的に追加ワークフローごとに初めて実行します。

各列のワークフローの状態はリンクになっています。たとえば、[進行中] をクリックすると、ワークフローのそのインスタンスに関するワークフローの状態ページが表示されます。

ページの先頭へ

次に参照するトピック

ワークフローは、SharePoint サイトおよびアプリケーションにアプリケーション ロジックを追加する有効な手段です。ワークフローの基本について理解したら、実際にワークフローを作成してみることができます。ワークフローの作成およびカスタマイズの詳細については、「参照」セクションを参照してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×