スキップしてメイン コンテンツへ
ワークフローから電子メールを送信する

ワークフローから電子メールを送信する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

SharePointの一部のバージョンでリストのアイテムを追加したときに電子メールを送信すると、多くのステップを検索できる以下で説明が必要です。 ただし、 SharePointは、最新バージョンを使用している場合は、リストから直接フローを追加できます。 リスト アイテムが追加されると、電子メールを送信するMicrosoft Flowテンプレートには、すぐに使い始めるときに必要な基本的な手順が含まれています。

ワークフローから電子メールを送信します。

ワークフローから基本的な電子メール メッセージを送信する

メッセージを受信するユーザーまたはグループを動的に選択する

現在のアイテムに関する情報を含める

静的なハイパーリンクを含める

現在のアイテムへのハイパーリンクを含める

画像を含める

サポートされていないオプションを特定する

ワークフローから基本的な電子メール メッセージを送信する

ワークフローをトリガーしてメール メッセージを送信する、新しいアイテム

ワークフロー デザイナーの [電子メールの送信] アクションを使用すると、自分自身、他の指定したユーザー、またはグループに電子メール メッセージを送信するカスタム ワークフローを設定することができます。 電子メール メッセージに使用できるフィールドは、[宛先]、[CC]、[件名]、および [本文] です。 これらのフィールドには、静的なテキストと、ワークフロー参照で動的に生成されたテキストの両方を含めることができます。

[電子メールの送信] アクションを使用して、さまざまな種類のメッセージを生成することができます。これには、ワークフローが指定したステージに到達したまたは指定したアクション (ワークフロー全体の開始と停止が含まれます) を実行したときの通知、および期限までに完了していないタスクに関するアラームが含まれます。

注: ワークフローが電子メール メッセージを送信する前に、サーバーで送信メールの設定を構成する必要があります。 サーバーの現在の電子メール設定がわからない場合は、サーバー管理者にご確認ください。 送信メールの設定の詳細については、「関連項目」セクションのリンク先を参照してください。

この例では、新しいアイテムに対して実行を開始するたびに電子メール通知を送信するようにワークフローを設定します。 バージョンと一致するSharePoint ServerのSharePoint Designerのバージョンを使用します。 たとえば、 SharePoint Server 2010SharePoint Designer 2010を使用します。 SharePoint Server 2010、 SharePoint Server 2016SharePoint Onlineなどの後のすべてのバージョンのSharePoint Designer 2013を使用します。 Microsoft ダウンロード センターからSharePoint Designer 2013をダウンロードし、「参照」セクションの詳細情報を検索できます。

SharePoint Designer 2013 を開き、SharePoint サイトに接続します。

SharePoint Designer 2013 は、Office 2013 アプリケーションとしてインストールされます。 SharePoint Designer 2013 を開き、SharePoint に接続するのには、サイトは、次の手順をに従ってください。

  1. SharePoint Designer 2013 は、[スタート] メニューを選択して開きます。 [スタート] をクリックして、[すべてのプログラム] をクリックして、 Microsoft Office 2013] をクリックして、クリックしてSharePoint Designer 2013

  2. [SharePoint Designer 2013 の開始] ページでサイトを開くをクリックします。

  3. 接続先 SharePoint サイトを入力します。 たとえば、http://www.contoso.com/sites/a-sharepoint-site します。

  4. 開くサイトを開く] をクリックします。

  5. 要求された場合、資格情報を入力します。 (セキュリティがコンピューターに統合されていない場合は、サインインする資格情報の入力を求められたら、。) SharePoint サイトにアクセス権を持つ資格情報を使用してください。

SharePoint ワークフロー プラットフォームに基づいてリストのワークフローを作成します。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、[ワークフローのノードをクリックします。

  2. [ワークフロー ] タブの [新規作成] セクションでリストワークフロー ドロップダウンをクリックします。

  3. 新しいワークフローを関連付けるリストを選択します。

  4. リストのワークフローの作成] ダイアログ ボックスで、[名前と、ワークフローの説明を入力し、 SharePoint 2013ワークフロープラットフォーム タイプが設定されていることを確認します。

ワークフローを作成するのには、 [ok]を選択します。

これで、ワークフローを作成すると、アクション、条件、ステージ、手順とループにワークフローを作成するを追加できます。 SharePoint Designer 2013 のリボンでこれらのワークフロー コンポーネントを利用できます。

注: SharePoint 2013 ワークフロープラットフォームの利用可能な形式で表示されない場合、[ワークフロー マネージャーを使用する SharePoint ファーム構成されていません。 SharePoint Server 2013 ファームを操作するワークフローの構成マネージャーを参照してください。

参照」セクションのワークフロー アクションの詳細については、利用可能なリストを検索します。

送信するアクションを作成、メール

  1. アクション] をクリックし、[電子メールを送信する] をクリックしてください

  2. アクションで、[これらのユーザー ] をクリックします

  3. 電子メール メッセージの定義] ダイアログ ボックスで、[既存のユーザーとグループからユーザーを選択または] ボックスに、自分の電子メール アドレスを入力

    注: 

    • ために、外部からのメール アドレスにメールを送信します。 それぞれのメール サーバーから情報を取得できる必要があります。

    • メッセージの [宛先] アドレスには、特定の静的アドレス (たとえば、NORTHWINDTRADERS\junminjunmin@northwindtraders.com) またはワークフロー参照による可変情報を指定できます。 静的なアドレスを使用する代わりに、ワークフローから送信された電子メール メッセージを動的に対応するワークフロー参照の使用に関する詳細については、ユーザーまたはグループにメッセージが表示される動的選択は、次のセクションを参照してください。

    • サーバーの管理者は、現在の Web アプリケーションまたは Web アプリケーションのすべての送信者アドレスを変更しない限り、レンダリングされたメッセージの送信者アドレスは、サーバー管理者の電子メール アドレスを必ずします。 詳細については、特定の web アプリの送信メールを構成するを参照してください。

  4. [件名] ボックスで、メッセージの件名を入力するかデータ バインドを表示 ボタンの画像 にテキストをここに、[ワークフロー参照の定義] をクリックしてください

    注: ワークフローを正しくコンパイルするには、[件名] ボックスに入力する必要があります。

  5. [件名] ボックスの [大きいボックス、入力するか、メッセージの本文のテキストを貼り付けます

  6. [Ok]を選択します。

  7. 選択操作の _gtステージに移動します。

  8. ワークフローの最後 を選択します。

  9. [発行 ] をクリックします。

電子メールの内容を変更するためのより高度なオプションについては次のセクションで詳しく説明します。

ページの先頭へ

メッセージを受信するユーザーまたはグループを動的に選択する

メッセージの [宛先] および [CC] フィールドで静的アドレスを指定する場合、受信者を変更する必要があるたびに、ワークフロー デザイナーでワークフローを開き、手動で変更を加える必要があります。 アドレスが頻繁に変更される場合は、[宛先] および [CC] フィールドでワークフロー参照を使用する方が効果的です。 参照は、現在のアイテムのフィールドから、別の一覧またはライブラリ内のアイテムのフィールドから、またはワークフローの変数からアドレスを参照できます。

ユーザー設定リストを使用して、受信者のアドレスを保存する

受信者が定期的に変更されても、ワークフローが開始されるたびに最初に指定する必要があるほど頻繁ではない場合は、各ワークフロー用に参照する 1 つの一覧が含まれるユーザー設定の一覧を作成して、各ワークフローからの電子メール メッセージの送信先アドレスを保存できる列を作成することができます。 ワークフローの任意のメッセージの受信者を変更するときには、そのワークフローの受信者リスト アイテムの適切なフィールドのアドレスを変更します。

重要: ワークフローの電子メール メッセージのアドレスを格納する列には、1 行のテキスト、複数行のテキスト、またはユーザーまたはグループ型の列です。 ユーザーまたはグループ型の列を使用する場合、各フィールドにワークフローで参照する電子メール アドレスのエントリを 1 つだけ指定できます。 列を作成するときには、[複数選択できるようにする] で必ず [いいえ] を選択します。 この列の種類を使用して複数の受信者を指定する場合は、ワークフローで電子メールの送信先アドレスのユーザーが含まれる SharePoint グループを作成し、フィールドでそのグループを指定することができます。 列を作成するときには、[次の選択を許可] で必ず [ユーザーまたはグループ] を選択します。 リストを作成して列を追加する方法については、「関連項目」セクションのリンク先をご覧ください。

注: SharePoint グループを作成するときには、各グループが少なくともサイトに対する読み取り権限を持っていること、および [新しいグループ] ページの [グループ設定] 領域の [グループのメンバーシップを表示できるユーザー] の下で [全員] が選択されていることを確認します。

ユーザー設定の受信者リストへのワークフロー参照を使用するには

  1. ブラウザーでは、次の 3 つの列を含む "受信者" という名前のユーザー設定リストを作成します。

    • 既定の [タイトル] 列の名前を [ワークフロー名] に変更します。 その他のすべてのオプションと、そのままにします。 リストまたはライブラリで列の変更に関する詳細情報へのリンクを見つける、 セクションを参照してください

    • [宛先] という名前のユーザーまたはグループ列を追加します。 この列で、ユーザーとグループの両方の選択を許可しますが、複数選択は許可しません。 その他のすべてのオプションと、そのままにします。 リストまたはライブラリで列の作成に関する詳細情報へのリンクを見つける、 セクションを参照してください

    • CC という名前の 1 行のテキストの列を追加します。 その他のすべてのオプションと、そのままにします。

  2. 受信者リストで、新しいアイテムを作成して、次の操作します。

    • [ワークフロー名] フィールドで「ドキュメントのレビュー」と入力します。これがここでの使用例のワークフローの名前です。

    • フィールドアドレス帳 ボタンの画像 ] をクリックして、ユーザーの選択とグループ] ダイアログ ボックスで、 1 人のユーザーまたはグループにメッセージを送信を選びます。

    • [CC] フィールドでコピーの送信先の受信者の電子メールアドレスを入力します。複数のアドレスの場合は、セミコロンで区切って入力します。

  3. 新しいワークフローを作成します。

  4. [アクション] をクリックし、[電子メールの送信] をクリックします。

  5. [アクション] では、これらのユーザーをクリックします。

  6. 電子メール メッセージの定義] ダイアログ ボックスの [宛先] ボックスの末尾に、アドレス帳 ボタンの画像 ] をクリックします。

  7. ユーザーの選択] ダイアログ ボックスで、または既存のユーザーとグループから選択] ボックスの一覧で、[ユーザー] の [ワークフロー参照の場合をクリックし、[追加] をクリックします。

  8. ユーザーまたはグループの参照] ダイアログ ボックスで、次のオプションを選択します。

    • データ ソース:印刷の宛先、またはユーザー設定リストの名前。

    • ソースからのフィールド:する、または、アドレスを設定するのには、行を保持するフィールドです。

    • フィールドを返す: ログイン名、電子メールの「宛先」フィールド書式この決定

    • フィールド:受信者: ワークフローの名前

    • :「ドキュメントのレビュー」または現在のワークフロー名前を入力します。

      この参照では、"受信者リストから、ワークフロー名が "ドキュメントのレビュー" と等しい [宛先] フィールドの値を選択してください” と表示します。

      ダイアログ ボックスの上半分ではリストと列を指定し、ダイアログ ボックスの下半分では行を指定します。

  9. ユーザーまたはグループの参照] ダイアログ ボックスで、[ OK] をクリックします。

  10. 参照が固有であることを確認するメッセージで、[OK] をクリックします。

  11. [OK] をもう一度クリックして、[ユーザーの選択] ダイアログ ボックスを閉じます。

  12. 電子メール メッセージの定義] ダイアログ ボックスで、 [cc]ボックスの最後にある [アドレス帳 ボタンの画像 ] をクリックします。

  13. ユーザーの選択] ダイアログ ボックスで、または既存のユーザーとグループから選択] ボックスの一覧で、[ユーザー] の [ワークフロー参照の場合をクリックし、[追加] をクリックします。

  14. [ワークフロー参照の定義] ダイアログ ボックスで、次のオプションを選択します。

    • データ ソース:印刷の宛先、またはユーザー設定リストの名前。

    • フィールド ソースから: [cc]、または [cc] 行で必要なアドレスを保持するフィールドです。

    • フィールドを返す: ログイン名、電子メールの「宛先」フィールド書式この決定

    • フィールド:受信者: ワークフローの名前

    • :「ドキュメントのレビュー」または現在のワークフロー名前を入力します。

      この参照では、"受信者リストから、ワークフロー名が "ドキュメントのレビュー" と同じ [CC] フィールドの値を選択してください” と表示します。

  15. [OK] をクリックして、警告メッセージで [OK] をもう一度クリックし、もう一度 [OK] クリックして、[ユーザーの選択] ダイアログ ボックスを閉じます。

これで、ワークフローは、このメール メッセージを送信するときに、ユーザー指定の受信者リストの [ドキュメントのレビュー] 項目の [宛先] および [Cc] フィールドで指定されているアドレスにメールを送信します。 受信者を変更するには、リスト アイテムに、必要な変更を行うだけです。

1 つのワークフローが複数の電子メール メッセージを送信し、メッセージが同じ受信者に送信されない場合があります。 このワークフローで送信される追加のメッセージの他のアドレスを保存するには、他のアドレスを格納する列をリストに追加できます。 この場合、列に "最初のメッセージの宛先"、"2 番目のメッセージの宛先" といった名前を付けることができます。

または、ワークフローごとに 1 つのアイテムではなく、ワークフローが送信するメッセージごとに 1 つのアイテムを作成するようにリストを設計することができます。 この場合、アドレスを取得する参照が必要な固有の値を返すように、各メッセージを識別するために使用される名前が固有であることをご確認ください。

ワークフローの開始フォームを使用して受信者を指定する

印刷の宛先を指定するたびにワークフローが手動で開始されている場合は、ワークフローを開始したユーザーからアドレスを収集するワークフローの開始フォームをカスタマイズできます。 ワークフローし、単を直接入力したアドレスを使用したり、現在のアイテムのフィールドにコピー、まだこと参照の使用可能なワークフローの現在のインスタンスが完了した後です。 ワークフローも自動的に開始されるように設定されて場合に、自動で開始するが発生したときに、開始フォームの既定のアドレスを指定できます。

ページの先頭へ

現在のアイテムに関する情報を含める

ここまで、メッセージ例の本文のテキストは静的です。ワークフローでメッセージのインスタンスを作成するたびに、まったく同じテキストが使用されます。

ただし、ワークフローの現在の実行対象のアイテムに関連して変更されるテキストを含めると有効な場合があります。 たとえば、レビューが必要なドキュメントのタイトルをメッセージの本文に含めると役に立つ場合があります。 この種類の動的な情報を含めるには、ワークフロー参照を使用します。 参照は、リスト、ライブラリ、ワークフロー データのどのさまざまなデータソースからデータを取得します。

ドキュメントのタイトルをメッセージ テキストに追加するには

  1. 表示する参照情報が含まれる静的なテキストを入力するか貼り付けます。

  2. 参照を配置する場所に挿入ポイントを配置します。

    ヒント: ルックアップを挿入するとの新しい場所にドラッグされることはできません。 (が可能であれば、ただし、周囲の他のテキストをドラッグして「移動」を検索します。) 同様に、切り取り、コピー、またはルックアップまたはルックアップを含む任意のテキストを貼り付けることはできません。

  3. 追加またはルックアップの変更] をクリックします。

  4. ダイアログ ボックスの文字列の検索には、[データ ソース] ボックスで、現在のアイテムソースのフィールド] ボックスに名前を選択します。

  5. [OK] をクリックします。

  6. 挿入された参照がメッセージの本文に表示されます。

  7. ワークフローを発行するには、 [発行] をクリックします。

ワークフローを実行して、メッセージが表示されると、ドキュメントのタイトルに参照が置き換えられます。

5 のタイトルを挿入します。

ドキュメントのタイトルが含まれると便利ですが、ドキュメント自体に直接移動できるハイパーリンクを含めるとさらに便利な場合があります。 これを行うには、ハイパーリンクに参照を含めます。

ページの先頭へ

静的なハイパーリンクを含める

静的なハイパーリンクを含めることができます: 常に同じ住所または場所にリンクする:電子メール メッセージの定義の書式設定ツール パネルの右上隅の [ハイパーリンクの編集] ボタンを使用して、ワークフローの電子メール メッセージの本文ダイアログ ボックス。

  1. 表示するリンクが含まれる静的なテキストを入力するか貼り付けます。

  2. テキストを選択し、[ハイパーリンクの編集] をクリックします。

  3. [ハイパーリンクの編集] ダイアログ ボックスで、web サイトのアドレスを入力します。

  4. [OK] をクリックします。

    メッセージの本文に挿入されたハイパーリンクが表示されます。

注: テキスト ベースのメール プログラムでは、ハイパーリンクは表示されません。

ワークフロー参照を使用して、ワークフローの現在の実行対象のアイテムに応じて異なるアドレスを指定する動的なハイパーリンクを作成する方法については、次のセクション「現在のアイテムへのハイパーリンクを含める」を参照してください。

ページの先頭へ

現在のアイテムへのハイパーリンクを含める

前のセクション「静的なハイパーリンクを含める」では、例のハイパーリンクのアドレスに変数情報は含まれていません。ワークフローが電子メール メッセージを送信するたびに、ハイパーリンクは、同じページを指します。

しかし、ワークフロー参照を使用すると、動的なリンクを作成し、現在のアイテムに関する情報を使用して指定する URL を決定することができます。

現在のアイテムがドキュメント ライブラリ内のドキュメントの場合

ワークフローのスタートアップ通知の例では、新しいドキュメント自体へのリンクを提供することができます。

  1. 表示するリンクが含まれる静的なテキストを入力するか貼り付けます。

  2. テキストを選択し、[ハイパーリンクの編集] をクリックします。

  3. [ハイパーリンクの編集] ダイアログ ボックスで、関数 ([fx]) をクリックします。

    ヒント: ルックアップを挿入するとの新しい場所にドラッグされることはできません。 (が可能であれば、ただし、周囲の他のテキストをドラッグして「移動」を検索します。) 同様に、切り取り、コピー、またはルックアップまたはルックアップを含む任意のテキストを貼り付けることはできません。

  4. 文字列の検索] ダイアログ ボックスで、[データソース] ボックスで、現在のアイテムを選択します。

  5. ソースからのフィールド] ボックスで絶対 URL の形式でエンコードを選択し、[ OK] をクリックします。

    現在のアイテムの 1 のハイパーリンクを挿入します。 現在のアイテム 2 のハイパーリンクを挿入します。 現在の項目 3 のハイパーリンクを挿入します。

メッセージの受信者がリンクをクリックすると、ドキュメントが開き、表示または編集できます。

現在のアイテムがリスト アイテムの場合

リスト アイテム (お知らせ、予定表イベントなど) へのリンクを作成するときは、リンクでリスト アイテムの表示フォーム (DispForm.aspx) または編集フォーム (EditForm.aspx) のどちらを開くかを選択できます。

リンクを作成するのには、リスト アイテムを開きます。

  1. ブラウザーで、このワークフローを作成するリストに移動します。

  2. アイテムの表示を使用して、リンク、リンクを編集用のフォームを開く場合は、表示フォーム] または [アイテムの編集を開く場合は、ライブラリで、既存のドキュメントのリスト アイテムを開く

  3. アドレス バーに先頭 http からアドレスをコピーしますまたは https: 最初の等号 (=) を。

    リスト アイテム 1 のハイパーリンクを挿入します。

  4. ?ID= テキストはフォームを表示するようにページに指示するクエリ文字列パラメーターです。これにより、現在のリストまたはライブラリ内で、等号記号 (=) に続くリスト ID を持っているすべてのアイテムのフォームを表示します。この例では、これは、ワークフロー参照によって識別される、現在のアイテムのリスト ID です。

    注: 現在のアイテムが、3 つのワークフロー タスク アクションのいずれかによって作成されたタスクである場合、かつリンクでユーザー設定のタスク フォーム (タスク リスとの既定の表示フォームまたは編集フォームではない) を開く場合は、後のセクション「現在のアイテムがユーザー設定のタスク フォームである場合」を参照してください。 ワークフロー タスク アクションによって作成されていないタスクの場合、いずれかのワークフロー タスク アクションによって作成されたタスクであっても表示フォームである場合は、現在の手順がすべての必要な手順です。

  5. 電子メール メッセージの定義] ダイアログ ボックスで、入力するか、静的にリンクを表示するテキストを貼り付けます (たとえば - リスト アイテムを表示するには、次のようにクリックします。次のとおり)。

  6. テキストを選択し、[ハイパーリンクの編集] をクリックしてください

  7. [ハイパーリンクの編集では、[アドレス] フィールドの文字列ビルダーを選択します。

  8. 文字列ビルダー] ダイアログ ボックスで、アドレスを貼り付けます。

  9. 等号 (=)、直後にカーソルを配置し、追加または変更の検索] をクリックします。

  10. 文字列の検索] ダイアログ ボックスで、[ソース] ボックスで、現在のアイテムID ] ボックスのソースからフィールドを選択します。

    リストの項目 3 のハイパーリンクを挿入します。

  11. [OK] をクリックします。

    文字列ビルダーの最終的な文字列は、 http://またはhttps://で始まり、 [%Current Item:ID%] リスト アイテム 4 のハイパーリンクを挿入します。 を終了する必要があります。

    重要: 現在のアイテム ID の参照は現在のリスト アイテムへのリンクを構築する際に役に立ちますが、次の参照は、表示されるパス内にエラーを発生させる可能性があるので、電子メール メッセージ リンク (パス、サーバーの相対 URL、ソース URL、URL のパス) に含める場合には推奨されません。

  12. [ Ok]を 2 回

リンクは、電子メール メッセージで、下線が付いた青色のテキストに表示されます。

リスト アイテム 5 のハイパーリンクを挿入します。

リンクを複数回使用しようとする場合、次のセクションに進みます。

リスト アイテムのアドレスをワークフロー変数として保存する

リスト アイテムの表示フォームまたは編集フォームの URL をワークフロー変数に格納し、同じワークフロー内の複数の場所で使用できるようにすることができます。

  1. ワークフロー デザイナー ウィンドウをクリックし、[アクション] をクリックし、[文字列のインデックスからのサブ文字列を抽出する] をクリックしてください

    変数 1

  2. 段階では、[文字列] をクリックし、省略記号] の [...] をクリックしてください

  3. 文字列ビルダー ] ダイアログ ボックスで、URL (ただし、現在のアイテムの ID のルックアップではない) の静的なテキストの部分を貼り付ける

    変数 2

  4. 等号 (=) の後にカーソルを置き、[追加] または [ルックアップの変更

  5. 文字列の検索] ダイアログ ボックスで、データソース] ボックスで、現在のアイテムソースのフィールド] ボックスにIDを選択します。

    3 変数

  6. [OK] をクリックします。

    検索が] ダイアログ ボックスのテキストを追加します。

    変数 4

  7. 文字列ビルダー ] ダイアログ ボックスを閉じるには、 [OK ] をクリックします。

  8. 0 0 から開始] をクリックして、1 で置き換える

    注: 開始日が 1 よりも大きい値については、最終的な文字列が表示されます文字を削除します。

  9. 選択変数: サブ文字列または変数: substring1出力変数を: サブ文字列

  10. 一覧で、新しい変数の作成] をクリックし、次に、変数の編集] ダイアログ ボックスで、新しい変数の名前を入力

  11. 種類文字列に設定されているかどうかを確認し、[ 変数 5[OK] をクリックしてください

  12. アクションに電子メールを送信するアクションを追加、作成したアクションの下にあるをクリックし、アクションでは、これらのユーザー ] をクリックします。 変数 6

  13. 新しい変数を使用して、[電子メール メッセージの定義] ダイアログ ボックスで、入力するか、リンクをメッセージ本文に表示するテキストを貼り付けます。 テキストを選択し、[書式] メニューから [ハイパーリンクの編集] をクリックします。 [Fx] ボタンをクリックしてまたは] ボタンの省略記号 [...] をクリックし、[追加] または [ルックアップの変更

  14. 文字列の検索] ダイアログ ボックスの [データソース] ボックスの一覧で、ワークフローの変数とパラメーターを選択します。

  15. フィールド のソースから] の一覧で選択変数: 変数の名前、し、[ ok]ボタンと次のボックスで、 [OK ] をクリックして

    変数 7 変数を挿入した後、電子メール メッセージの画面を定義します。

これで現在のワークフロー内の必要な場所に変数を挿入できます。

ページの先頭へ

画像を含める

変数を作成して、JPEG (.jpg) ファイルとして保存されているし、サイト内の画像ライブラリにアップロードが画像にリンクする HTML の画像のタグ<img/>を使用して、メッセージにグラフィックを含めることができます。

  1. ワークフロー デザイナー ウィンドウで、アクション] をクリックし、[ワークフローの変数を設定する] をクリックします。

  2. ワークフローの変数をクリックし、新しい変数の作成] を選びます。

  3. 変数の編集] ダイアログ ボックスで、新しい変数の名前を入力し、種類文字列に設定されているかどうかを確認し、し、[ OK] をクリックします。

  4. ] をクリックし、省略記号ボタン [...] をクリックし、文字列ビルダーで] ウィンドウの種類を追加または HTML タグの書式 - <img src ="URL"/> 画像の文字列ビルダー JPEG イメージ ファイルの URL を貼り付ける

  5. [OK] をクリックします。

  6. 挿入されたアクションは、次のようなが表示されます。 画像を挿入するための変数を設定

  7. アクションに電子メールを送信するアクションを追加、作成したアクションの下にあるをクリックし、[アクションの [これらのユーザー ] をクリックします。 送信メール アクションを挿入します。

  8. 電子メール メッセージの定義] ダイアログ ボックスで、をクリックして追加または変更するルックアップ

  9. 文字列の検索] ダイアログ ボックスで、データ ソース] の一覧で、ワークフローの変数とパラメーターを選択します。

  10. ソースからのフィールドリストで選択変数: 変数名e、 [ok]を選択します。 イメージのワークフローでメールの文字列 画像が付いたワークフロー バージョンのメールの本文

  11. 電子メール メッセージの定義] ウィンドウを閉じて、ワークフローを発行するにはもう一度[ok]を選択します。

 メッセージを送信したときには、リンク タグの代わりに、JPEG ファイルの画像が表示されます。

ページの先頭へ

サポートされていないオプションを特定する

現在のバージョンの [電子メールの送信] アクションでは、次のオプションはサポートされません。

  • [差出人] 行のアドレスを指定します。 (ワークフローで常に送信された電子メール メッセージは、[差出人] 行のサーバー管理者が指定した電子メール アドレスを表示します。 サーバー管理者のみが変更とワークフロー単位ではなく、現在の Web アプリケーションのすべての通知にのみ変更できます。)

  • 埋め込みカスケード スタイル シート (CSS) を使用してメッセージのコンテンツの書式を設定する (テキストを書式設定するには、style 属性を使用します。 スタイルの属性を使用してテキストを書式設定できますが、 <style>タグおよび CSS クラスはサポートされません。

  • 複数の値が含まれるユーザーまたはグループ タイプの列を参照する [宛先] または [CC] ボックスでワークフロー参照を使用する。

  • メッセージの Bcc の受信者を指定します。

  • メッセージが含まれる別のファイルを添付ファイルとして含める。

  • メッセージに画像またはグラフィック ファイルを埋め込みます。 代わりに、画像を挿入します。

ページの先頭へ

関連項目

SharePoint 2013 のステップ バイ ステップ: 送信メールの設定のセットアップ

SharePoint Designer の概要

特定の web アプリのメールを送信を構成します。

SharePoint Server 2013 ファームを操作するワークフロー マネージャーを構成します。

ワークフロー アクションのクイック リファレンス

SharePoint でリストを作成する

SharePoint のリストまたはライブラリで列を作成する

リストまたはライブラリでの列の変更

通知の作成または RSS フィードを SharePoint Online、SharePoint 2016、および SharePoint 2013 で購読するには

通知の作成または SharePoint 2010 で RSS フィードを購読するには

基本的なトラブルシューティングのヒント 

次の質問の一覧は、ワークフローを作成する問題の原因に役立ちます。

  1. 同じリストで他の種類のワークフローを作成する場合もあります。 たとえば、承認ワークフローを作成してみてください。

  2. 同じワークフローを作成することができます。

    • 同じサイト上の別のリストですか。

    • 同じサイト コレクションに別のサイトですか。

    • 同じ web アプリケーションで別のサイト コレクションよいですか。

    • 別の web アプリケーションの場合ですか。

    • 別のアカウントでログインしているか。

    • 別のコンピューターを使用してよいですか。

 高度なトラブルシューティングのヒント

ワークフローの問題の原因を特定する基本的なトラブルシューティングのヒントがない場合は、次の手順に従います。

  1. サイトとワークフローのレベルのアクセス許可する必要があることを確認します。 移動サイトの設定 _gt サイトの権限 _gt 権限の確認/このリストのリストの設定 _gt 権限し、次のように権限の確認の結果を確認します。

    1. ワークフローを設計する最低限のアクセス許可 (保存し、公開)。

      1. SharePointサイト:デザイン

      2. [ SharePointリスト:を編集します。

    2. 最小限のアクセス許可ワークフローを開始するには:

      1. SharePointサイト:のみ/開封済みのビュー

      2. [ SharePointリスト:への投稿

  2. 送信メールの設定が正しいExchangeサーバー設定を確認します。

    1. 管理者としてコマンド プロンプトを開きます。

    2. Nslookup _lt _Exchangeサーバー address>を実行します。 例: nslookup exch.contoso.com

    3. 解決] で、 Exchangeサーバーの IP アドレスが表示されます。 そうでない場合は、 Exchange管理者に連絡し、正しいExchange完全修飾ドメイン名 (FDQN) を求めます。

  3. SharePoint管理シェルを次の手順を次に、 SPUtilityクラスのSendEmail関数を使用して、同じユーザーにメールを送信します。

    1. 管理者としてSharePoint管理シェルを開きます。 (右クリックSharePoint管理シェル _gt 実行管理者として)

    2. 次のスクリプトを実行します。 スクリプトがTrueで応答ユーザー SharePointからメールを受信する場合は、 SharePointで SMTP が正しく構成されています。

    $Site = "Your Site Name"
    $Email = "User to whom you are sending an email through the workflow"
    $Subject = "Subject Line with the email"
    $Body = "Test Email Body"
    $web = Get-SPWeb $Site
    [Microsoft.SharePoint.Utilities.SPUtility]::SendEmail($Web ,0,0,$Email,$Subject,$Body)
    
    # Below is the same script with sample data              
    $Site = "http://sp/"
    $Email = "User1@contoso.com"
    $Subject = "Test Email from SharePoint"
    $Body = "This is a Test Email"
    $web = Get-SPWeb $Site
    [Microsoft.SharePoint.Utilities.SPUtility]::SendEmail($Web ,0,0,$Email,$Subject,$Body)
  4. SMTP 機能を使用して、 SharePointサーバーから同じユーザーにメールを送信します。 SMTP 通信をテストする Telnet を使用する」の手順に従います。

注: 既定では、 SharePointで送信メールにログ エントリが作成されることはできません。 SharePointはせず、メールを直接送信します。 電子メール メッセージは、 サーバーの全体管理で構成されている SMTP (Exchange) サーバーで中継します。 この種類のワークフローをトラブルシューティングするのには、上記の手順に従います。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×