ワークシート内の値の個数をカウントする方法

カウントと合計の違い カウントは、データ分析において不可欠な構成要素です。組織内の部門の人数を数える場合や、四半期ごとの販売数を数える場合などに使用できます。Excel では、複数のセル、行、列にわたるデータをさまざまな方法でカウントできます。

最適な方法の選択に役立つように、この記事では方法の概要について説明し、使用する方法をすばやく決定するのに役立つ補助的な情報と、詳細な記事へのリンクを示します。

カウントは、集計とは異なることに注意してください。セル、列、行の値を集計する方法の詳細については、「ワークシート内の値を集計する方法」を参照してください。

この記事の内容

単純なカウント

ビデオ: Excel のステータス バーを使用して、セルの個数をカウントする

組み込みコマンドを使用して、列または行のセルの個数をカウントする

COUNT 関数を使用して、範囲内のセルの個数をカウントする

アウトラインの [小計] コマンドを使用して、列のセルの個数をカウントする

ピボットテーブルを使用して、列または行のセルの個数をカウントする

SUBTOTAL 関数を使用して、リストまたは Excel テーブル列内のセルの個数をカウントする

1 つまたは複数の条件に基づいてカウントする

ビデオ: COUNT、COUNTIF、COUNTA 関数を使用する

COUNTIF 関数を使用して、1 つの条件に基づいて範囲内のセルの個数をカウントする

DCOUNT 関数を使用して、1 つまたは複数の条件に基づいて列のセルの個数をカウントする

COUNTIFS 関数または COUNT 関数と IF 関数の組み合わせを使用して、複数の条件に基づいて範囲内のセルの個数をカウントする

データに空白の値が含まれている場合のカウント

COUNTA 関数を使用して、範囲内の空白以外のセルの個数をカウントする

DCOUNTA 関数を使用して、リスト内の空白以外のセルの個数をカウントする

COUNTBLANK 関数を使用して、連続する範囲内の空白セルの個数をカウントする

SUM 関数と IF 関数の組み合わせを使用して、連続していない範囲内の空白セルの個数をカウントする

一意の値の個数をカウントする

ピボットテーブル レポートを使用して、範囲内の一意の値の個数をカウントする

COUNTIF 関数を使用して、1 つの条件に基づいて範囲内の一意の値の個数をカウントする

配列数式で SUM 関数と IF 関数を組み合わせて使用して、複数の条件に基づいて範囲内の一意の値の個数をカウントする

[フィルター オプションの設定] を使用して、リストの列で一意の値の個数をカウントする

複合的な数式を使用して、1 つまたは複数の条件を満たす、範囲内の一意の値の個数をカウントする

特殊なケース (すべてのセルの個数をカウントする、単語数をカウントする)

ROWS 関数と COLUMNS 関数を使用して、範囲内のセルの合計数をカウントする

複合的な数式を使用して、範囲内の単語数をカウントする

計算結果と個数をステータス バーに表示する

単純なカウント

単純な数式を使用するか、ボタンをクリックするか、ワークシート関数を使用して、範囲内またはテーブル内の値の個数をカウントすることができます。

Excel では、選択したセルの個数を Excel のステータス バーに表示することもできます。ステータス バーを使用する方法の概要については、次のビデオのデモを参照してください。また、詳細については、「計算結果と個数をステータス バーに表示する」セクションを参照してください。数式を入力する時間がなくデータを一目で確認したいだけの場合は、ステータス バーに表示される値を参照できます。

ビデオ: Excel のステータス バーを使用して、セルの個数をカウントする

次のビデオでは、セルの個数をステータス バーに表示する方法について説明します。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ページの先頭へ

組み込みコマンドを使用して、列または行のセルの個数をカウントする

[オート SUM] の [数値の個数] の機能を使用するには、少なくとも 1 つの数値が含まれているセル範囲を選択し、続いて [ホーム] タブの [編集] グループで、[オート SUM] の横にある矢印をクリックします。次に、[数値の個数] をクリックします。選択した範囲に隣接するセルに、範囲の数値の個数が表示されます。通常、この結果は、横方向の範囲に対しては右のセルに、縦方向の範囲に対しては下のセルに表示されます。

[オート Sum] の [数のカウント] コマンドの使用

ページの先頭へ

COUNT 関数を使用して、範囲内のセルの個数をカウントする

数式で COUNT 関数を使用して、範囲内の数値の個数をカウントします。次の例では、A2:A5 の範囲には 3 つの数値 (5、32、および 10) と 1 つのテキスト値 ("hello") が含まれています。COUNT 関数は、数式内で =COUNT(A2:A5) のように使用します。結果は、範囲内にある数値の個数である 3 となります。

1

2

3

4

5

6

A

値の例

5

32

hello

10

=COUNT(A2:A5)

詳細については、「COUNT 関数」の記事にある「Count cells that contain numbers that are not in a contiguous row or column (連続した行または列にない数値が含まれているセルの個数をカウントする)」のセクションを参照してください。

ページの先頭へ

アウトラインの [小計] コマンドを使用して、列のセルの個数をカウントする

[小計] コマンド ([データ] タブの [アウトライン] グループ) を使用して、列のデータをグループ化し、集計します。

データがリスト内にあり、列の値によって論理的にグループ化できる場合は、アウトラインを作成してデータをグループ化し、集計することができます。

[小計] コマンドによりデータがアウトラインにグループ化される

この図に示すように、売上の合計が地域別にグループ化され、東部と西部にそれぞれ 4 つの四半期の値があることが簡単に確認できます。さらに、地域ごとに値が合計され、総計も計算されます。

詳細については、次の記事を参照してください。

ページの先頭へ

ピボットテーブルを使用して、列または行のセルの個数をカウントする

ピボットテーブル レポートを作成してデータを集計すると、データを表示する基準となるカテゴリを選択できるため、分析の実行に役立ちます。

ピボットテーブルをすばやく作成するには、データ範囲または Excel テーブルのセルの 1 つを選んでから、[挿入] タブの [テーブル] グループにある [ピボットテーブル] をクリックします。

ピボットテーブルの便利さを示すために、次の例の売上データには多数の行が入力されています (実際には 40 行分のデータがありますが、図にはその一部のみが表示されています)。また、データは集計されておらず、小計や総計もありません。

ピボットテーブル レポートで使用されるデータ

同じデータから作成したピボットテーブル レポートを次に示します。このレポートには小計と総計が表示されており、要約が一目でわかるようになっています。

ピボットテーブル レポートで集計されたデータ

ピボットテーブルを作成して操作するには、データの初期準備が必要になることがあります。また、ピボットテーブルの概念を理解しておくことをお勧めします。

作業を始めるのに役立つ詳細情報については、次の記事を参照してください。

ページの先頭へ

SUBTOTAL 関数を使用して、リストまたは Excel テーブル列内のセルの個数をカウントする

数式内で SUBTOTAL 関数を使用して、Excel のテーブルまたはセル範囲に含まれる値の個数をカウントできます。

SUBTOTAL 関数を使用して、非表示の行を計算結果に含めるかどうかを制御できます。フィルターが適用された行は常に無視されます。

たとえば、次のテーブルの 7 つの値 (セル A2 から A8) に対してこの関数を使用すると、個数として 7 が返されます。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

A

販売数

25

8

12

32

11

40

16

=SUBTOTAL(2,A2:A8)

数式の "2" の部分は、この関数内で SUM 関数を使用して、非表示の行を含め、A2:A8 の範囲内にある値の個数を返すように指定しています。カウント (セル A9 の計算結果) は 7 です。

行 4、5、6 を非表示にし、個数の計算に含めない場合は、SUBTOTAL 関数をやや異なる方法で使用します。数式で "2" を指定せずに "102" を指定すると、非表示の行が無視されます。ワークシートは次のようになります (行 4、5、6 が非表示)。

1

2

3

7

8

9

A

販売数

25

8

40

16

=SUBTOTAL(102,A2:A8)

この場合、関数は 4 を返します。これは、列のセルのうち、非表示になっておらず値が含まれているセルの個数です。

詳細については、「SUBTOTAL 関数」の記事を参照してください。

ページの先頭へ

1 つまたは複数の条件に基づいてカウントする

さまざまなワークシート関数を使用して条件 (抽出条件とも呼ばれる) を指定し、特定の範囲内で条件を満たすセルの個数をカウントできます。

ビデオ: COUNT、COUNTIF、COUNTA 関数を使用する

次のビデオを視聴して、COUNT 関数、COUNTIF 関数、COUNTA 関数を使用して、指定した条件を満たすセルだけの個数をカウントする方法を確認してください。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ページの先頭へ

COUNTIF 関数を使用して、1 つの条件に基づいて範囲内のセルの個数をカウントする

COUNTIF 関数を使用して、1 つの条件 (抽出条件とも呼ばれる) を満たすセルの個数をカウントします。次の例では、この関数により、A2:A8 の範囲における 20 より大きい値の個数である 3 が求められます。条件 ">20" は、このように引用符で囲む必要があります。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

A

販売数

25

8

12

32

11

40

16

=COUNTIF(A2:A8,">20")

詳細については、「COUNTIF 関数」の記事を参照してください。

ページの先頭へ

DCOUNT 関数を使用して、1 つまたは複数の条件に基づいて列のセルの個数をカウントする

指定する条件で一致させるには、DCOUNT データベース関数を使用します。

既に列リストがあり、入れ子関数を使用するよりも別のセル範囲で条件を定義する方が簡単である場合、DCOUNT 関数を使用します。

次の例では、2008 年 3 月以降で 400 個以上が販売された月の数を求めるとします。このテーブルを見ると、この要件を満たす 2 つの月、4 月 (442) と 6 月 (405) があることがわかります。

注: 次の手順は直感的にはわかりにくかもしれませんが、適切です。正確にこの手順に従って、ここに表示されているようにデータをワークシートに配置する必要があります。テーブルのデータをコピーし、ワークシートのセル A1 に貼り付けてください。セル B13 に結果が表示されます。

セル A1 から B7 にある売上データと類似した配置で、新しいセル範囲を追加します。新しいセル範囲は、セル A10 ~ B11 からなり、列ラベル ("販売個数"、"月の最終日") が同じであるほか、各列ラベルのすぐ下の行 (セル A11 と B11) に条件が含まれています。

次に、任意の空白セルに数式を入力します (数式の場所は任意ですが、この例ではセル B13 に入力しています)。この例の数式では、DCOUNT 関数が =DCOUNT(A1:B7,,A10:B11) として使用されています。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

A

B

販売個数

月の最終日

339

2008/1/31

270

2008/2/29

314

2008/3/31

442

2008/4/30

336

2008/5/31

405

2008/6/30

販売個数

月の最終日

=">400"

=">=2008/3/31"

=DCOUNT(A1:B7,,A10:B11)

DCOUNT 関数は、A2 ~ A7 の範囲のデータを検査し、A11 と B11 にある条件を適用して、両方の条件を満たす行 (行 5 と 7) の個数 2 を返します。

詳細については、「DCOUNT 関数」の記事を参照してください。

ページの先頭へ

COUNTIFS 関数または COUNT 関数と IF 関数の組み合わせを使用して、複数の条件に基づいて範囲内のセルの個数をカウントする

COUNTIFS 関数を使用するか、COUNT 関数と IF 関数を組み合わせて使用します。

セル範囲に対する COUNTIF 関数の使用

この図では、COUNTIFS 関数を使用して、250 馬力以上を持つと同時にハイウェイではガロンあたり平均 25 マイル以上で走行する自動車が検索されています。両方の条件を満たす行の個数として、2 (行 3 と 4) が返されます。

注: COUNTIFS 関数では、条件はすべて引用符 ("") で囲む必要があります。たとえば、"<250"、">25"、または "240" のように指定します。

COUNTIF 関数を使用して、単一の値が範囲内に出現する回数をカウントできます。たとえば、A2 ~ A40 の範囲に値 70 が何回出現しているかを確認するには、数式 =COUNTIF (A2:A40,70) を使用します。

詳細については、「Count how often a value occurs (値の個数をカウントする)」と「COUNTIFS 関数」の記事を参照してください。

ページの先頭へ

データに空白の値が含まれている場合のカウント

ワークシート関数を使用して、データが含まれているセル、または空白であるセルの個数をカウントできます。

COUNTA 関数を使用して、範囲内の空白以外のセルの個数をカウントする

範囲内において値が含まれているセルのみをカウントする場合は、COUNTA 関数を使用します。

セルの個数をカウントするとき、値を含むセルだけが必要な場合は、空白セルを無視することができます。たとえば、地域で 1 回以上販売実績を上げたすべての販売員をカウントするとします。

次の例では、西部地域の売上列の値に対して関数を実行し、個数として 3 が返されます。

1

2

3

4

5

6

7

8

A

B

販売員

西部地域の売上

内田

2,400,000

松本

金子

中野

3,100,000

小林

安田

800,000

=COUNTA(B2:B7)

セル B3、B4、B6 は空白であるため、COUNTA 関数で無視されます。2,400,000、3,100,000、800,000 の値が入力されているセルのみがカウントされます。カウント (セル B8 の計算結果) は 3 です。

詳細については、「COUNTA 関数」を参照してください。

ページの先頭へ

DCOUNTA 関数を使用して、リスト内の空白以外のセルの個数をカウントする

DCOUNTA 関数を使用して、リストまたはデータベース内のレコードの列で、指定した条件を満たす空白でないセルの個数をカウントします。

次の例では、DCOUNTA 関数を使用して、データベースの範囲 A4:B9 にあるレコードのうち、抽出条件範囲 A1:B2 に指定した条件を満たすレコードの個数をカウントしています。この条件とは、商品 ID 値が 4000 以上で、評価値が 50 以上であることです。行 7 の 1 レコードだけが両方の条件を満たしています。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

A

B

商品 ID

評価

=">=4000"

=">=50"

商品 ID

評価

2048

61

16384

35336

83

1024

113

512

47

=DCOUNTA(A4:B9,"評価",A1:B2)

詳細については、「DCOUNTA 関数」の記事を参照してください。

ページの先頭へ

COUNTBLANK 関数を使用して、連続する範囲内の空白セルの個数をカウントする

COUNTBLANK 関数を使用して、連続する範囲内の空白セルの個数を返します (セルが連続していると言えるのは、それらがすべて途切れないで続いている場合です)。空の文字列 ("") を返す数式が入力されているセルはカウントされます。

注: セルの個数をカウントする場合、空白セルに意味があって空白セルも含めたいことがあります。たとえば、販売実績を上げているかどうかに関係なく、地域内のすべての販売員の人数をカウントするような場合です。

詳細については、「COUNTBLANK 関数」の記事を参照してください。

ページの先頭へ

SUM 関数と IF 関数の組み合わせを使用して、連続していない範囲内の空白セルの個数をカウントする

SUM 関数と IF 関数を組み合わせ使用します。この場合、通常、各参照先セルに値が含まれているかを判断するために IF 関数を配列数式内で使用して、次にこの数式から返された FALSE 値の個数を合計します。

詳細については、サポート技術情報の記事「XL: CountBlank() の代わりに SUM(IF()) を使用する場合」を参照してください。

ページの先頭へ

一意の値の個数をカウントする

範囲内の一意の値の個数をカウントするには、ピボットテーブル レポート、COUNTIF 関数、関数の組み合わせを使用するか、[フィルター オプションの設定] ダイアログ ボックスを使用します。

ピボットテーブル レポートを使用して、範囲内の一意の値の個数をカウントする

ピボットテーブル レポートを使用して合計を表示し、一意の値の個数を数えることができます。

詳細については、「Count how often a value occurs (値の個数をカウントする)」の記事にある「ピボットテーブル レポートを使用して複数の値の個数をカウントする」のセクションを参照してください。

ページの先頭へ

COUNTIF 関数を使用して、1 つの条件に基づいて範囲内の一意の値の個数をカウントする

COUNTIF 関数を使用して、範囲内での値の出現数をカウントします。

次の例では、COUNTIF 関数により、値 250 が範囲 A2:A7 に出現する回数である 2 が返されます。

1

2

3

4

5

6

7

8

A

販売数

245

250

250

該当なし

=COUNTIF(A2:A7,250)

詳細については、「Count how often a value occurs (値の個数をカウントする)」の記事にある「範囲内での 1 つの値の個数をカウントする」のセクションを参照してください。

ページの先頭へ

配列数式で SUM 関数と IF 関数を組み合わせて使用して、複数の条件に基づいて範囲内の一意の値の個数をカウントする

SUM 関数と IF 関数を使用します。この場合、通常、複数の条件で構成されている検索条件が満たされているかを判断するために IF 関数を配列数式内で使用して、次にこの数式から返された TRUE 値の個数を合計します。

次の例では、IF 関数を使用して、範囲 A2:A10 の各セルを調べ、内田または金子が含まれるかどうかを判断しています。TRUE 値が返された回数を SUM 関数で合計し、その計算結果は 7 になります。この例をコピーしてワークシートのセル A1 に貼り付けることができます。この例を貼り付けると、セル A11 に #VALUE! エラーが表示されます。この数式を機能させるには、F2 キーを押し、次に Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押して、この数式を配列数式に変換する必要があります。これにより、セル A11 に数値 7 が表示されます。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

A

B

販売員

販売契約高

内田

1,500,000

金子

1,100,000

内田

1,100,000

金子

400,000

小林

800,000

金子

600,000

小林

1,400,000

内田

700,000

1,200,000

数式

説明 (計算結果)

=SUM(IF((A2:A10="内田")+(A2:A10="金子"),1,0))

内田または金子の販売契約数 (7)

詳細については、「Count how often a value occurs (値の個数をカウントする)」の記事にある「関数を使用して複数の文字列または数値の個数をカウントする」のセクションを参照してください。

次のサポート技術情報の記事に追加のヒントがあります。

ページの先頭へ

[フィルター オプションの設定] を使用して、リストの列で一意の値の個数をカウントする

列のデータ内で一意の値を検索するには、[フィルター オプションの設定] ダイアログ ボックスを使用します。そのような値は、フィルターによりその場で抽出することも、または抽出して新しい位置に貼り付けることもできます。その後、ROWS 関数を使用して新しい範囲にある項目の個数をカウントできます。

注記: 

  • データをフィルターによりその場で抽出した場合、値がワークシートから削除されることはありませんが、1 つ以上の行が非表示になる可能性があります。非表示の値を再表示するには、[データ] タブの [並べ替えとフィルター] グループで [クリア] をクリックします。

  • 一意の値の個数だけを一目で確認する場合は、[フィルター オプションの設定] を使用した後でデータ (抽出データまたはコピーしたデータ) を選択し、ステータス バーを確認します。ステータス バーの [個数] の値が、一意の値の個数です。

一意の値を検索するには、[詳細設定] コマンド ([データ] タブの [並べ替えとフィルター] グループ) を使用します。

次の図は、[フィルター オプションの設定] を使用して一意のレコードだけをワークシート上の別の場所にコピーする方法を示しています。

高度なフィルターを適用して、別のリストから固有値のリストを作成する

次の図の列 C には、列 A の範囲からコピーされた 5 つの一意な値が含まれています。

列 A の元の値と列 C で作成される列 A からの一意の値

詳細については、「重複するデータで一意の入力値の個数を数える」の記事にある「フィルターを使用して一意の値の個数を数える」のセクションを参照してください。

ページの先頭へ

複合的な数式を使用して、1 つまたは複数の条件を満たす、範囲内の一意の値の個数をカウントする

IFSUMFREQUENCYMATCH、および LEN 関数のさまざまな組み合わせを使用します。

詳細については、「重複するデータで一意の入力値の個数を数える」の記事にある「関数を使用して一意の値の個数を数える」のセクションを参照してください。

また、「一覧に含まれる固有のアイテムの数を調べる方法」の記事を参照してください。

ページの先頭へ

特殊なケース (すべてのセルの個数をカウントする、単語数をカウントする)

ワークシート関数のさまざまな組み合わせを使用することで、範囲内のセルの個数や単語数をカウントすることができます。

ROWS 関数と COLUMNS 関数を使用して、範囲内のセルの合計数をカウントする

大きなワークシートのサイズを確認して、ブックで手動計算と自動計算のどちらを使用するかを決定したいとします。範囲内のすべてのセルの個数をカウントするには、ROWS 関数の戻り値と COLUMNS 関数の戻り値を乗算する数式を使用します。

使用例を新規のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

使用例をコピーする方法

  1. 新しいブックまたはワークシートを作成します。

  2. ヘルプ トピックから使用例を選びます。

    注: 行見出しまたは列見出しは選ばないでください。

    ヘルプから使用例を選択する
    ヘルプから使用例を選ぶ
  3. Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

  4. ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

  5. 計算結果の表示と、結果を返す数式の表示を切り替えるには、Ctrl キーを押しながら ` (アクサン グラーブ) キーを押すか、[数式] タブの [ワークシート分析] で [数式の表示] をクリックします。

1

2

3

4

5

6

A

B

C

地域

売上

東部

1 月

$18,000

東部

2 月

$23,000

東部

3 月

$19,000

数式

説明 (計算結果)

=ROWS(A2:C4) * COLUMNS(A2:C4)

範囲内のセルの総数 (9)

ページの先頭へ

複合的な数式を使用して、範囲内の単語数をカウントする

配列数式内で SUMIFLEN、および SUBSTITUTE 関数を組み合わせて使用します。次の例では、複合的な数式を使用して、7 つのセル (そのうちの 3 つは空) の範囲内の単語数を検索した結果を示しています。セルの一部には、先頭または末尾にスペースが含まれています。これらの余分なスペースは、TRIM 関数と SUBSTITUTE 関数でカウントを実行する前に削除されます。

次のテーブルで、A2 ~ A11 までの文字列をコピーします。文字列をワークシートのセル A1 に貼り付ける前に、列 A の幅を 100 程度に変更します。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

A

文字列

6 つの単語と末尾の 4 つのスペース    

   6 つの単語と先頭の 3 つのスペース

8 つの単語、数個のコンマ、末尾の 2 つのスペース  

コンマやピリオドなど、一部の文字は無視されます。

数式

=SUM(IF(LEN(TRIM(A2:A8))=0,0,LEN(TRIM(A2:A8))-LEN(SUBSTITUTE(A2:A8," ",""))+1))

ワークシートのセル位置 A1 に文字列を貼り付けた後、セル A11 を選択して F2 キーを押し、Shift キーと Ctrl キーを押しながら Enter キーを押して、数式を配列数式として入力します。セル A11 に正しい結果として 29 が表示されます。

ページの先頭へ

計算結果と個数をステータス バーに表示する

1 つ以上のセルが選択されているときは、そのセルのデータに関する情報が Excel のステータス バーに表示されます。たとえば、ワークシートの 4 つのセルが選択されており、そのセルに含まれている値が 2、3、テキスト文字列 ("クラウド" など)、および 4 の場合は、ステータス バーに表示可能なすべての値 (平均、データの個数、数値の個数、最小値、最大値、および合計) が同時に表示されます。ステータス バーを右クリックすると、これらの値の一部またはすべての表示と非表示が切り替わります。これらの値は、次の図のように表示されます。

選択されているセルの計算値とカウントが表示されているステータス バー

注: 以前のバージョンの Excel でも、これらと同じ値をステータス バーに表示できますが、表示できる値は一度に 1 つだけです。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×