ワークシート内のハイパーリンク

別のファイルや Web ページにある関連情報にすばやくアクセスするために、Microsoft Excel のワークシート セルにhyperlinkを挿入できます。ハイパーリンクは、特定のグラフ要素またはイメージにも挿入できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

既存のファイルまたは Web ページへのハイパーリンクを作成する

新しいファイルにハイパーリンクを設定する

ブックの特定の位置にジャンプするハイパーリンクを作成する

電子メール アドレスへのハイパーリンクを作成または削除する

リンクを開かずにハイパーリンクを選択する

ハイパーリンクを変更または書式設定する

ハイパーリンクをコピー、移動する

ハイパーリンクを削除する

複数のハイパーリンクを削除する

ハイパーリンクのオートフォーマットをオフにする

HYPERLINK 関数を使用して独自のハイパーリンクを作成する

Web 上のワークシートのデータへの外部参照リンクを作成する

ブック内のハイパーリンクのベース アドレスを設定する

ハイパーリンクについて

既存のファイルまたは Web ページへのハイパーリンクを作成する

  1. ワークシートで、ハイパーリンクを作成するセルをクリックします。

    ヒント    画像やグラフの要素など、ハイパーリンクの表示に使用するオブジェクトを選択することもできます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • セルやグラフィックを右クリックし、[ハイパーリンク] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら K キーを押す方法もあります。

    • [挿入] タブの [リンク] グループで、[ハイパーリンク] をクリックします。

      ハイパーリンク

  3. [リンク先] で [ファイル、Web ページ] をクリックします。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • リンク先の既知のファイルまたは Web ページの名前と位置を入力するには、[アドレス] ボックスにその情報を入力します。

    • Web ページを検索する場合は、 ボタン イメージ [Web の参照] をクリックし、リンク先の Web ページを開いた後、Web ブラウザーを閉じずに Excel に切り替えます。また、最近リンクしたページを使用するには、[ブラウズしたページ] をクリックし、該当する Web をクリックします。

    • ファイルを選択する場合は、[現在のフォルダー] をクリックしてリンク先のファイルをクリックし、最近使ったファイルを使用する場合は、[最近使ったファイル] をクリックしてファイルを選択します。

      ヒント    [検索先] ボックスの一覧で別のフォルダーを選択することにより、現在のフォルダーを変更できます。

  5. ファイルまたは Web ページの特定の位置へのハイパーリンクを作成する場合は、[ブックマーク] をクリックし、使用するbookmarkをダブルクリックします。

        リンク先のファイルまたは Web ページには、ブックマークが必要です。

  6. [表示文字列] ボックスに、ハイパーリンクの表示に使用するテキストを入力します。

  7. ハイパーリンクにマウス ポインターを合わせたときにヒントを表示するには、[ヒント設定] をクリックし、[ヒントのテキスト] ボックスに文字列を入力して、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

新しいファイルにハイパーリンクを設定する

  1. ワークシートで、ハイパーリンクを作成するセルをクリックします。

    ヒント    画像やグラフの要素など、ハイパーリンクの表示に使用するオブジェクトを選択することもできます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • セルやグラフィックを右クリックし、[ハイパーリンク] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら K キーを押す方法もあります。

    • [挿入] タブの [リンク] グループで、[ハイパーリンク] をクリックします。

      ハイパーリンク

  3. [リンク先] の [新規作成] をクリックします。

  4. [新しく作成するドキュメント名] ボックスに新しいファイルの名前を入力します。

    ヒント    [パス] に表示されているパス以外の場所を指定するには、[新しく作成するドキュメント名] ボックスで名前の前に新しい場所を入力できます。または、[変更] をクリックして目的の場所を選択し、[OK] をクリックします。

  5. [編集するタイミング] で、[後で新しいドキュメントを編集する] または [すぐに新しいドキュメントを編集する] をクリックして、新しいファイルを編集するために開くタイミングを指定します。

  6. [表示文字列] ボックスに、ハイパーリンクの表示に使用するテキストを入力します。

  7. ハイパーリンクにマウス ポインターを合わせたときにヒントを表示するには、[ヒント設定] をクリックし、[ヒントのテキスト] ボックスに文字列を入力して、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

ブックの特定の位置にジャンプするハイパーリンクを作成する

現在のブックまたは他のブックの特定の位置にジャンプするリンクを作成するには、destinationのセルのnameを定義するかセル参照を使用します。

名前を使用するには、ジャンプ先のブックでジャンプ先のセルに名前を定義する必要があります。

セルやセル範囲に名前を付ける方法

  1. 名前を指定するセル、セル範囲、または隣接しないセル範囲を選択します。

  2. formula barの左端にある [名前] ボックス ボタン イメージ をクリックします。

    名前ボックス

  3. [名前] ボックスに、セルの名前を入力し、Enter キーを押します。

    注: 名前にスペースを含めることはできません。また、文字で始まる必要があります。

  4. ジャンプ元のブックのワークシートで、ハイパーリンクを作成するセルをクリックして、次の操作のいずれかを行います。

    ヒント: 

    • 画像やグラフの要素など、ハイパーリンクの表示に使用するオブジェクトを選択することもできます。

    • セルまたはグラフィックを右クリックし、[ハイパーリンク] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら K キーを押します。

    • [挿入] タブの [リンク] グループで、[ハイパーリンク] をクリックします。

      ハイパーリンク

  5. [リンク先] で、次のいずれかの操作を行います。

    • 現在のブックのセルにリンクするには、[このドキュメント内] をクリックします。

    • 他のブックのどこかにリンクするには、[ファイル、Web ページ] をクリックし、リンク先のブックを検索して特定した後、[ブックマーク] をクリックします。次のいずれかの操作を行います。

      • [またはドキュメント内の場所を選択してください] の [セル範囲] で、リンク先のワークシートをクリックし、[セル参照を入力してください] ボックスにセル参照を入力して [OK] をクリックします。

      • [定義された名前] のプラス (+) 記号をクリックして、リンク先のセルを示す名前をクリックし、[OK] をクリックします。

  6. [表示文字列] ボックスに、ハイパーリンクの表示に使用するテキストを入力します。

  7. ハイパーリンクにマウス ポインターを合わせたときにヒントを表示するには、[ヒント設定] をクリックし、[ヒントのテキスト] ボックスに文字列を入力して、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

電子メール アドレスへのハイパーリンクを作成または削除する

電子メール プログラムがインストールされている場合、電子メール アドレスへのハイパーリンクをクリックすると、自動的に電子メール プログラムが起動され、[宛先] ボックスに正しいアドレスが入力された電子メール メッセージが作成されます。

  1. ワークシートで、ハイパーリンクを作成するセルをクリックします。

    ヒント    画像やグラフの要素など、ハイパーリンクの表示に使用するオブジェクトを選択することもできます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • セルやグラフィックを右クリックし、[ハイパーリンク] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら K キーを押す方法もあります。

    • [挿入] タブの [リンク] グループで、[ハイパーリンク] をクリックします。

      ハイパーリンク

  3. [リンク先] で [電子メール アドレス] をクリックします。

  4. [電子メール アドレス] ボックスに、使用する電子メール アドレスを入力します。

  5. [件名] ボックスに電子メール メッセージの件名を入力します。

        一部の Web ブラウザーおよびメール プログラムでは、件名行が認識されない場合があります。

  6. [表示文字列] ボックスに、ハイパーリンクの表示に使用するテキストを入力します。

  7. ハイパーリンクにマウス ポインターを合わせたときにヒントを表示するには、[ヒント設定] をクリックし、[ヒントのテキスト] ボックスに文字列を入力して、[OK] をクリックします。

    ヒント    電子メール アドレスを直接入力して、セルに電子メール アドレスへのハイパーリンクを作成することもできます。たとえば、「someone@example.com」のような電子メール アドレスを入力すると、ハイパーリンクが自動的に作成されます。

電子メール アドレスへのハイパーリンクを削除する

連絡先の電子メール アドレスがクリック可能なハイパーリンクになる場合、他のハイパーリンクのときと同じように非アクティブ化することができます。

  1. ワークシート上で、ハイパーリンクを削除するセルをクリックします。

    ヒント    画像やグラフの要素など、ハイパーリンクの表示に使用するオブジェクトを選択することもできます。

  2. 右ボタンでクリックし、[ハイパーリンクの削除] を選択します。

ページの先頭へ

リンクを開かずにハイパーリンクを選択する

destinationへのリンクを開かずにhyperlinkを選択するには、次のいずれかの操作を行います。

  • ハイパーリンクを含むセルをクリックしてマウス ボタンを押したままにし、ポインターが十字形 Excel の選択カーソル になったらマウス ボタンを放します。

  • 方向キーを使用して、ハイパーリンクを含むセルを選択します。

  • ハイパーリンクがグラフィックで表されている場合は、Ctrl キーを押したままにし、グラフィックをクリックします。

ページの先頭へ

ハイパーリンクを変更または書式設定する

ブック内の既存のハイパーリンクの変更は、そのdestination、スタイル、または表示に使用されている文字列やグラフィックを変更することによって実行できます。

ハイパーリンクのリンク先を変更する

  1. 変更するハイパーリンクが含まれているセルまたはグラフィックを選択します。

    ヒント: ハイパーリンクが設定されたセルで、リンク先に移動することなくセルを選ぶには、セルをクリックしてマウス ボタンを押したままにし、ポインターが十字形 Excel の選択カーソル になったらマウス ボタンを放します。方向キーを使用して、セルを選ぶこともできます。グラフィックを選ぶには、Ctrl キーを押しながらグラフィックをクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • セルまたはグラフィックを右クリックし、[ハイパーリンク] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら K キーを押します。

    • [挿入] タブの [リンク] グループで、[ハイパーリンク] をクリックします。

      ハイパーリンク

      注: HYPERLINK ワークシート関数を使ってハイパーリンクを作成した場合、リンク先を変更するには、その数式を編集する必要があります。ハイパーリンクが設定されたセルを選び、formula bar をクリックして数式を編集します。

ハイパーリンクが設定された文字列のスタイルを変更する

ハイパーリンクのセル スタイルを変更することにより、現在のブックにあるすべてのハイパーリンク文字列のスタイルを変更できます。

  1. [ホーム] タブの [スタイル] グループで [セルのスタイル] をクリックします。

    セルのスタイルのギャラリーのハイパーリンク

  2. [データとモデル] で、次の操作を行います。

    • クリックしていないハイパーリンクの外観を変更するには、[ハイパーリンク] を右クリックして [変更] をクリックします。

    • クリック済みのハイパーリンクの外観を変更するには、[表示済みのハイパーリンク] を右クリックして [変更] をクリックします。

      注: [ハイパーリンク] セル スタイルは、ブックに少なくとも 1 つのハイパーリンクが含まれている場合のみ使用できます。[表示済みのハイパーリンク] セル スタイルは、クリックしてジャンプした後のハイパーリンクがブックに含まれている場合のみ使用できます。

  3. [スタイル] ダイアログ ボックスの [書式設定] をクリックします。

  4. [フォント] タブと [塗りつぶし] タブで、必要な書式設定オプションを選択し、[OK] をクリックします。

    注記: 

    • [スタイル] ダイアログ ボックスの [スタイルに設定されている書式] には、[セルの書式設定] ダイアログ ボックスで選択したオプションが選択された状態で表示されます。適用しないオプションのチェック ボックスはすべてオフにできます。

    • [ハイパーリンク] セル スタイルおよび [表示済みのハイパーリンク] セル スタイルに加えた変更は、現在のブックのすべてのハイパーリンクに適用されます。個々のハイパーリンクの外観を変更することはできません。

ハイパーリンクが設定された文字列や画像を変更する

  1. 変更するハイパーリンクが含まれているセルまたはグラフィックを選択します。

    ヒント: ハイパーリンクが設定されたセルで、リンク先に移動することなくセルを選ぶには、セルをクリックしてマウス ボタンを押したままにし、ポインターが十字形 Excel の選択カーソル になったらマウス ボタンを放します。方向キーを使用して、セルを選ぶこともできます。グラフィックを選ぶには、Ctrl キーを押しながらグラフィックをクリックします。

  2. 次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

    • ハイパーリンク テキストを変更するには、formula barをクリックし、文字列を編集します。

    • グラフィックの書式を変更するには、グラフィックを右クリックし、変更する書式オプションをクリックします。

    • グラフィックの文字列を変更するには、選択したグラフィックをダブルクリックし、必要に応じて変更を行います。

  3. ハイパーリンクのグラフィックを変更するには、新しいグラフィックを挿入し、元のグラフィックと同じリンク先をハイパーリンクとして設定します。次に、元のグラフィックおよびハイパーリンクを削除します。

ページの先頭へ

ハイパーリンクをコピー、移動する

  1. コピーまたは移動するhyperlinkを右クリックし、[コピー] または [切り取り] をクリックします。

  2. ハイパーリンクのコピー先または移動先のセルをマウスの右ボタンでクリックし、[貼り付け] をクリックします。

ページの先頭へ

ハイパーリンクを削除する

ハイパーリンクを削除するには、次のいずれかの操作を行います。

  • 1 つのハイパーリンクを非アクティブ化するには、ハイパーリンクを右クリックし、[ハイパーリンクの削除] をクリックします。Web アドレスはセル内に残りますが、アクティブではなくなり、ハイパーリンクとして書式設定されなくなります。

  • ハイパーリンクとリンクを示すテキストを削除するには、ハイパーリンクが設定されたセルをマウスの右ボタンでクリックし、[数式と値のクリア] をクリックします。

ハイパーリンクとそれを設定したグラフィックを削除するには、Ctrl キーを押しながらグラフィックをクリックし、Del キーを押します。

ページの先頭へ

複数のハイパーリンクを削除する

同時に複数のハイパーリンクをまとめて削除 (非アクティブ化) するには、次の操作を行います。

  1. ハイパーリンクを削除するセル範囲を選択します。連続していないセル範囲を選択することもできます。

    ヒント    ハイパーリンクが設定されたセルで、リンク先に移動することなくセルを選択するには、セルをクリックしてマウス ボタンを押したままにし、ポインターが十字形 Excel の選択カーソル になったらマウス ボタンを放します。

  2. 選択した範囲内の任意のセルの上にポインターを移動し、右クリックして [ハイパーリンクの削除] をクリックします。

ページの先頭へ

ハイパーリンクのオートフォーマットをオフにする

Excel で入力時にインターネット パスとネットワーク パスをハイパーリンクに自動的に変換しない場合は、次の手順を実行します。

  1. [ファイル] タブ、[オプション] の順に選びます。

  2. [Excel のオプション] ダイアログで [文章校正] を選び、[オートコレクトのオプション] を選びます。

  3. [オートコレクト] ダイアログで、[入力オートフォーマット] タブを選びます。

  4. [インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する] チェック ボックスをオフにします。

  5. [OK] を選んで [オートコレクト] ダイアログを閉じます。

  6. [OK] を選んで [Excel のオプション] ダイアログを閉じます。

ページの先頭へ

HYPERLINK 関数を使用して独自のハイパーリンクを作成する

HYPERLINK 関数を使用して、サーバー、intranet、またはインターネット上に格納されているドキュメントを開くハイパーリンクを作成できます。HYPERLINK 関数が設定されているセルをクリックすると、リンク先に指定した場所に保存されているファイルが開きます。

書式

HYPERLINK(リンク先,別名)

リンク先    テキストとして開くドキュメントのパスとファイル名を指定します。リンク先には、ドキュメント内の特定の位置 (Excel のワークシートまたはブックの特定のセルや名前付き範囲など) や、Microsoft Word 文書のブックマークを指定することができます。パスには、ハード ディスク ドライブに格納されているファイルのパス、Excel を使用している場合はサーバー上の UNC (汎用名前付け規則) パス、またはインターネットやイントラネットの URL (Uniform Resource Locator) パスを指定することができます。

  • リンク先には、文字列を二重引用符で囲んで指定するか、またはリンクが設定されているセルを文字列として指定することができます。

リンク先に指定されたジャンプ先が存在しない、またはそのジャンプ先を参照できない場合は、そのセルをクリックするとエラーが発生します。

別名    セルに表示する文字列または数値を指定します。別名は、青色で下線が付けられて表示されます。別名を省略すると、セルには "リンク先" で指定した文字列が表示されます。

  • 別名には、数値、文字列、名前、または文字列や数値を含むセルを指定することができます。

  • 別名で指定した項目にエラー値 (#VALUE! など) が含まれる場合は、セルにはそのエラー値が表示されます。

使用例

次の使用例は、インターネット上の "example.microsoft.com/report" というアドレスに格納されている "Budget Report.xlsx" というブックにジャンプするハイパーリンクをアクティブ セルに設定します。アクティブ セルには、"予算報告書を表示するには、ここをクリックしてください。" という文字列が表示されます。

=HYPERLINK("http://example.microsoft.com/report/budget report.xlsx", "Click for report")

次の使用例は、インターネット上の "example.microsoft.com/report" というアドレスに格納されている "Budget Report.xlsx" というブックの "Annual" というワークシートのセル F10 にジャンプするハイパーリンクをアクティブ セルに設定します。アクティブ セルには、セル D1 の内容が表示されます。

=HYPERLINK("[http://example.microsoft.com/report/budget report.xlsx]Annual!F10", D1)

次の使用例は、インターネット上の "example.microsoft.com/report" というアドレスに格納されている "Budget Report.xlsx" というブックの "First Quarter" というワークシートの "DeptTotal" という範囲にジャンプするハイパーリンクをアクティブ セルに設定します。ハイパーリンクを格納するワークシート上のセルには、"第 1 四半期の部門別合計を表示するには、ここをクリックしてください。" という文字列が表示されます。

=HYPERLINK("[http://example.microsoft.com/report/budget report.xlsx]First Quarter!DeptTotal", "Click to see First Quarter Department Total")

Word 文書の特定の位置にジャンプするには、あらかじめその位置にブックマークを定義しておく必要があります。次の使用例は、インターネット上の "example.microsoft.com" というアドレスに格納されている "Annual Report.docx" という文書内の "QrtlyProfits" というブックマークにジャンプするハイパーリンクをアクティブ セルに設定します。

=HYPERLINK("[http://example.microsoft.com/Annual Report.docx]QrtlyProfits", "Quarterly Profit Report")

Excel の場合、次の使用例は、"FINANCE" というサーバーの "Statements" という共有ポイントに格納されている "1stqtr.xlsx" というファイルにジャンプするハイパーリンクをアクティブ セルに設定します。アクティブ セルには、セル D5 の内容が表示されます。この例では UNC パスを使用します。

=HYPERLINK("\\FINANCE\Statements\1stqtr.xlsx", D5)

Excel の場合、次の使用例は、D ドライブの "FINANCE" フォルダーに格納されている "1stqtr.xlsx" というファイルにジャンプするハイパーリンクをアクティブ セルに設定します。アクティブ セルには、セル H10 の内容が表示されます。

=HYPERLINK("D:\FINANCE\1stqtr.xlsx", H10)

Excel の場合、次の使用例は、"Mybook.xlsx" という別のブックの "Totals" という名前のセル範囲にジャンプするハイパーリンクを作成します。

=HYPERLINK("[C:\My Documents\Mybook.xlsx]Totals")

Macintosh 版 Microsoft Excel の場合、次の使用例は、セルに "第 1 四半期の予算報告書を表示するには、ここをクリックしてください。" と表示し、ハード ディスク "Macintosh HD" の "Budget Reports" フォルダーに保存されている "First Quarter" というファイルを開きます。

=HYPERLINK("Macintosh HD:Budget Reports:First Quarter", "Click here")

同じワークシート内のセルから他のセルにジャンプするハイパーリンクを作成できます。たとえば、"Budget" というブックの "June" というワークシートで作業している場合、次の例は、セル E56 にジャンプするハイパーリンクを作成します。リンク テキストには、セル E56 内の値がそのまま使用されます。

=HYPERLINK("[Budget]June!E56", E56)

同じブックの別のワークシートにジャンプするには、リンクのワークシート名を変更します。前の例で "September" というワークシートのセル E56 にジャンプするリンクを作成するには、"June" を "September" に変更します。

ページの先頭へ

Web 上のワークシートのデータへの外部参照リンクを作成する

ブックの 1 つ以上の外部参照 (リンクと呼ぶ) を、intranetまたはインターネット上にある別のブックに挿入できます。この場合、ブックを HTML ファイルとして保存しないでください。

  1. リンク元ブックを開き、コピーするセルまたはセル範囲を選択します。

  2. [ホーム] タブの [クリップボード] で [コピー] をクリックします。

    コピー

  3. コピーした情報を配置するワークシートに切り替え、情報を表示するセルをクリックします。

  4. [ホーム] タブの [クリップボード] で [形式を選択して貼り付け] をクリックします。

  5. [リンク貼り付け] をクリックします。セルまたはセル範囲の各セルの外部参照リンクが作成されます。

    注: Web 上でブックを開かずに外部参照リンクを作成する方が便利な場合もあります。リンク先ブックの外部参照リンクを挿入する各セルで、セルをクリックし、等号 (=)、URL アドレス、ブック内の場所を入力します。次に例を示します。

='http://www.someones.homepage/[file.xlsx]Sheet1'!A1

='ftp.server.somewhere/ file.xlsx'!MyNamedCell

ページの先頭へ

ブック内のハイパーリンクのベース アドレスを設定する

既定では、リンク先ファイルのパスを指定しないでブックにhyperlinkを作成すると、作業中のブックからの相対位置として認識されます。別の既定のパスを設定する場合は、次の手順に従います。該当の場所にあるファイルへのハイパーリンクを作成するたびに、[ハイパーリンクの挿入] ダイアログ ボックスでパスを指定する必要はなくなり、ファイル名を指定するだけで済むようになります。

  1. [ファイル]、[情報] の順にクリックします。

  2. [プロパティ] 矢印をクリックし、[詳細プロパティ] をクリックします

  3. [概要] タブをクリックします。

  4. [ハイパーリンクの基点] ボックスに、使用するパスを入力します。

    注: [ハイパーリンクの挿入] ダイアログ ボックスで、ハイパーリンクの完全なアドレス (絶対アドレス) を使用してハイパーリンクのベース アドレスを上書きできます。

ページの先頭へ

ハイパーリンクについて

ハイパーリンクとは、クリックしたときにドキュメントから別のページやファイルを開くリンクのことです。主なリンク先は Web ページですが、画像、電子メール アドレス、プログラムをリンク先として指定することも可能です。ハイパーリンク自体には、テキストまたは画像を指定できます。

サイト ユーザーがハイパーリンクをクリックすると、リンク先の種類に応じて、リンク先が Web ブラウザーに表示されたり、開いたり、実行されたりします。たとえば、ページへのハイパーリンクの場合、Web ブラウザーにページが表示され、AVI ファイルへのハイパーリンクの場合は、メディア プレーヤーでファイルが開きます。

ハイパーリンクの使用方法

次の作業を行うときにハイパーリンクを使用できます。

  • ネットワークやintranet、インターネット上のファイルまたは Web ページに移動する

  • これから作成するファイルまたは Web ページに移動する

  • 電子メール メッセージを送信する

  • ダウンロードや FTP プロセスなどのファイル転送を開始する

ハイパーリンクが含まれたテキストまたは画像をポイントすると、ポインターが 手の形のポインター 「手の形」に変わり、そのテキストまたは画像をクリックできることが示されます。

URL の概要としくみ

ハイパーリンクを作成すると、リンク先が次のような URL としてエンコードされます。

http://example.microsoft.com/news.htm

file://ComputerName/SharedFolder/FileName.htm

URL には protocol、HTTP、FILE などの FTP、Web サーバーまたはネットワークの場所、パスおよびファイル名が含まれます。次の図は、URL の各部分を示しています。

URL の 4 つの構成要素

1. 使用するプロトコル (http、ftp、file)

2. Web サーバーまたはネットワークの場所

3. パス

4. ファイル名

絶対ハイパーリンクと相対ハイパーリンク

絶対 URL には完全なアドレスが含まれます。つまり、protocol、Web サーバー、パスおよびファイル名が含まれます。

"相対" URL には、指定されていない部分が 1 つ以上あります。不足している情報は、その URL を含むページから取得されます。たとえば、プロトコルと Web サーバーの部分がない場合、Web ブラウザーは現在のページのプロトコルとドメイン (.com、.org、.edu など) を使用します。

Web 上のページに共通なのは、パスやファイル名の一部だけを含む相対 URL を使用することです。ファイルが別のサーバーに移動された場合、ページの相対的な位置が変わらない限り、どのハイパーリンクも引き続き動作します。たとえば、Web ページ Products.htm 上のハイパーリンクは、Food というフォルダーにあるページ Apple.htm を参照します。両方のページを他のサーバーの Food というフォルダーに移動した場合でも、ハイパーリンクの URL は正しいままです。

既定では、リンク先ファイルのパスを指定しないでブックにハイパーリンクを作成すると、作業中のブックからの相対位置として認識されます。既定で、該当する場所にあるファイルへのハイパーリンクを毎回作成するために、使用する別のベース アドレスを設定できます。[ハイパーリンクの挿入] ダイアログ ボックスで、パスを指定しないファイル名のみを指定する必要があります。

ページの先頭へ

特定の関数について質問がある場合

Excel のコミュニティ フォーラムに質問を投稿してください

Excel の機能を向上させるためのお願い

次のバージョンの Excel の改善に関して、ご提案はございませんか。提案がありましたら、Excel UserVoice (Excel ユーザー ボイス) のトピックをご覧ください。

関連項目

Excel の数式の概要

壊れた数式のエラーを回避する方法

よくある数式のエラーをエラー チェックで修正する

検索/行列関数 (リファレンス)

Excel 関数 (アルファベット順)

Excel 関数 (機能別)

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×