ワークシート上のセルの不要なセル書式を削除する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ワークシートのセルの書式を設定することで、正しい情報を一目で確認できるようになりますが、使われていないセル (特に行や列全体) の書式設定は、ブックのファイル サイズを急速に成長させてしまう可能性があります。これにより、不要な書式設定が多すぎるワークシートが開いている場合、Excel だけではなくコンピューター全体のパフォーマンスが低下する場合があります。不要な書式設定は、Excel での印刷の問題を引き起こす可能性もあります。

Microsoft Office 365 と Microsoft Office Professional Plus 2013 内の Excel の [Inquire] タブで利用できる、[不要なセル書式の消去] コマンドを使います。Excel で [Inquire] タブが表示されていない場合は、次の操作を行って Inquire アドインをオンにします。

  1. [ファイル]、[オプション]、[アドイン] の順にクリックします。

  2. [管理] ボックスで [COM アドイン] が選択されていることを確認して、[設定] をクリックします。
    COM アドインを管理する

  3. [COM アドイン] ボックス内で、[Inquire] をチェックして [OK] をクリックします。
    今度は [Inquire] タブがリボン内に表示されるはずです。

重要:  不要なセル書式を消去する前に、ブックのバックアップ コピーを作成しておいてください。というのは、場合によってはこの処理でファイルサイズが増大して変更を元に戻せなくなることがあるからです。

現在のワークシートから不要な書式設定を削除するには、次の操作を実行します。

  1. [Inquire] タブで、[不要なセル書式の消去] をクリックします。
    不要なセル書式を削除する

  2. アクティブなワークシートのみ、またはすべてのワークシートについて削除するかどうかを選びます。不要な書式が削除されたら、[はい] をクリックし変更をシートに保存するか、[いいえ] をクリックしキャンセルします。

書式の削除が条件付き書式に与える影響

不要な書式設定の削除は、空白でない最後のセルを超えているセルをワークシートから削除することで機能します。たとえば、行全体に条件付き書式を適用しますが、データが列 V までしか入っていない場合、条件付き書式は、V 列を超えた列からは削除される可能性があります。

不要な書式設定によるその他の問題を修正する方法の詳細については、Microsoft サポートの記事では、Excel の最後のセルをリセットする方法を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×