ワークシート上のコントロールをサイズ変更または書式設定する

本格的な外観のワークシート フォームを作成するには、すべてのコントロールおよびオブジェクトの書式を統一し、それらのサイズを適切に設定する必要があります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

コントロールのサイズを変更します。

ActiveX コントロールの書式を設定します。

[色と線のフォーム コントロール] チェック ボックスまたはオプション ボタンの書式を設定します。

フォント、余白、およびフォームのコントロール ボタンの配置を書式設定します。

3-D の外観にするためのフォーム コントロールを書式設定します。

コントロールのサイズを変更する

コントロールのサイズを変更するには、コントロールのサイズ変更ハンドルをドラッグするか、[コントロールの書式設定] ダイアログ ボックスで長さを入力します。

  1. ActiveX コントロールが含まれている場合は、次の手順を実行します。

    1. [開発] タブが表示されていることを確認します。

      [開発] タブを表示する

      1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

      2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

        注: リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスのコンポーネントです。

    2. デザイン モードであることを確認します。[開発] タブの [コントロール] グループで、[デザイン モード ボタン イメージ オンにします。

  2. サイズ変更するコントロールを選択します。

    詳細については、選択するかワークシート上のコントロールの選択を解除するを参照してください。

  3. 次のいずれかを実行します。

    サイズ変更ハンドルを使用してサイズを変更します。   

    1. ハンドルのいずれかの上にポインターを移動します。

      ActiveX コントロールの境界

    2. 次のいずれかを実行します。

      1. 1 つまたは複数の方向にサイズを変更するには、マウスを中心から外側へ、または中心に向かってドラッグします。

      2. 保つには、コントロールの中心を同じ位置に、ctrl キーを押しながらマウスをドラッグします。

      3. コントロールの縦横比を維持するには、shift キーを押しながらマウスをドラッグします。

      4. 中心を同じ位置に固定してオブジェクトの縦横比を維持するためには、ctrl キーと shift キーを押したままマウスをドラッグします。

    3. CTRL キーまたは shift キーを離しますをマウスのボタンを離します。

      数値を入力してサイズを変更します。   

    4. 選択したコントロールを右クリックし、[コントロールの書式設定] をクリックします。

    5. [サイズ] タブで、コントロールの高さと幅を入力するか、上矢印または下矢印をクリックして高さと幅を変更します。

    6. コントロールの縦横比を維持するには、[縦横比を固定する] チェック ボックスをオンにします。

      注: [リセット] ボタン (元の高さと幅にリセットするボタン)、[回転] ボックス、および [元のサイズを基準にする] チェック ボックスは使用できません。

ページの先頭へ

ActiveX コントロールの書式を設定する

  1. ActiveX コントロールが含まれている場合は、次の手順を実行します。

    1. [開発] タブが表示されていることを確認します。

      [開発] タブを表示する

      1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

      2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

        注: リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスのコンポーネントです。

    2. デザイン モードであることを確認します。[開発] タブの [コントロール] グループで、[デザイン モード ボタン イメージ オンにします。

  2. 書式を設定するコントロールを選択します。

    詳細については、選択するかワークシート上のコントロールの選択を解除するを参照してください。

  3. [コントロール] の [開発] タブで、コントロールの書式設定のプロパティを設定するには、プロパティ ボタンの画像 をクリックします。

    ヒント: コントロールを右クリックし、[プロパティ] をクリックすることもできます。

    [プロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。各書式プロパティの詳細を確認するには、プロパティを選択し、F1 キーを押して Visual Basic のヘルプ トピックを表示します。Visual Basic ヘルプの [検索] ボックスにプロパティ名を入力することもできます。次のセクションでは、用意されている書式プロパティの概要を示します。

    書式プロパティの概要

    注: それぞれの ActiveX コントロールには、次の書式プロパティのサブセットが用意されています。使用できるプロパティの組み合わせは、コントロールによって異なります。

指定する対象

使用するプロパティ

前景色

ForeColor (フォーム)

背景色

BackColor (フォーム)

背景のスタイル (透明または不透明)

BackStyle (フォーム)

枠線の色

BorderColor (フォーム)

枠線の種類 (なしまたは単一線)

BorderStyle (フォーム)

コントロールに影を適用するかどうか

Shadow (Excel)

枠線の外観 (なし、浮き出し、くぼみ、枠囲み、またはバンプ)

SpecialEffect (フォーム)

ページの先頭へ

フォーム コントロールのチェック ボックスまたはオプション ボタンの色および線の書式を設定する

  1. 書式を設定するコントロールを選択します。

    詳細については、選択するかワークシート上のコントロールの選択を解除するを参照してください。

  2. 選択したコントロールを右クリックし、[コントロールの書式設定] をクリックします。

  3. [色と線] タブで、次のうち、必要な操作を行います。

    • 色を変更するには、[] ボックスの一覧で色をクリックします。

    • 他の色を使用したり、独自の色を作成したり、透明度を調整したりするには、[その他の色] をクリックします。

    • グラデーション、テクスチャ、およびパターンを調整したり、画像を追加したりするには、[塗りつぶし効果] をクリックします。

ページの先頭へ

フォーム コントロールのボタンのフォント、余白、および配置を設定する

  1. 書式を設定するコントロールを選択します。

    詳細については、選択するかワークシート上のコントロールの選択を解除するを参照してください。

  2. 選択したコントロールを右クリックし、[コントロールの書式設定] をクリックします。

  3. [フォント] タブで、フォントの種類、フォント スタイル、フォント サイズ、および選択したテキストに適用するその他の書式を選択します。

    [サイズ] ボックスには、1 ~ 1638 の範囲の数値を入力できます。[サイズ] ボックスの一覧で使用できるサイズは、選択したフォントおよびアクティブなプリンタによって異なります。フォント、フォント スタイル、サイズ、および効果を [標準] (既定) スタイルにリセットするには、[標準フォント] チェック ボックスをオンにします。

  4. [OK] をクリックします。

  5. 選択したコントロールを右クリックし、[コントロールの書式設定] をクリックします。

  6. [配置] タブで、テキストの配置、方向、および文字の向きのオプションを選択し、[OK] をクリックします。

  7. 選択したコントロールを右クリックし、[コントロールの書式設定] をクリックします。

  8. [余白] タブで、内部の余白のオプションを選択し、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

フォーム コントロールの書式を設定して 3-D の外観にする

注: フォーム ラベル コントロールは、3-D 表示の書式に設定することはできません。また、フォーム ボタン コントロールは、3-D 表示でしか表示できません。このため、これらのコントロールでは、[コントロールの書式設定] ダイアログ ボックスの [3-D 表示] チェック ボックスは使用できません。

  1. 書式を設定するコントロールを選択します。

    詳細については、選択するかワークシート上のコントロールの選択を解除するを参照してください。

  2. 選択したコントロールを右クリックし、[コントロールの書式設定] をクリックします。

  3. [コントロール] タブで、[3-D 表示] をクリックします。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×