ワークシートを書式設定する方法

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Excel では、 ワークシート (またはシート) のデータの書式設定がより簡単にします。本格的データを効果的に表示するワークシートを作成するのには、いくつかの迅速かつ簡単な方法を使用することができます。たとえば、できますドキュメントのテーマ uniform を確認する全体で使用するすべての Excel スプレッドシート、定義済み書式は、およびその他の手動の機能を書式設定を適用するのにスタイル重要なデータを強調表示します。

書式付きワークシート

ドキュメントのテーマは、事前に定義された一連の色、フォント、および効果 (線および塗りつぶし効果) など、ワークシート データまたはテーブル、ピボット テーブル、グラフなどの他のアイテムの書式を設定するときに使用されます。統一して本格的な外観のすべての Excel ブックやその他の Office リリースのドキュメントにドキュメントのテーマを適用できます。

会社のドキュメントのテーマが提供されて、それを使用できる場合もあります。または、Excel で使用可能な定義済みのさまざまなドキュメントのテーマから選ぶこともできます。必要な場合は、既存のドキュメントのテーマの色、フォント、視覚効果の一部または全部を変更して、独自のドキュメントのテーマを作ることもできます。

ワークシートのデータを書式設定する前に、自分で選んだドキュメントのテーマを適用すると、ワークシートのデータに適用する書式設定に、そのドキュメントのテーマで決定された色、フォント、視覚効果を使用できます。

ドキュメントのテーマの操作方法については、「ドキュメントのテーマを適用またはカスタマイズする」を参照してください。

スタイルは、事前定義された、多くの場合、テーマに基づいた書式で、データ、テーブル、グラフ、ピボットテーブル、図形、または図に適用してその外観を変更できます。定義済みのスタイルがニーズに合わない場合は、スタイルをカスタマイズできます。グラフの場合は、グラフのスタイルをカスタマイズしてグラフのテンプレートとして保存して、それを再利用できます。

書式設定するデータによって、Excel では次のスタイルを使用できます。

  • セルのスタイル    複数の書式を一度に適用し、セルの書式の統一性を確保するには、セルのスタイルを使用します。セルのスタイルとは、フォントやフォント サイズ、数値の表示形式、セルの罫線、セルの網掛けなど、セルに対して定義された一連の書式特性です。他のユーザーが特定のセルを変更しないようにするために、セルをロックするセル スタイルを使用することもできます。

    Excel では、いくつかの定義済みのセルのスタイルを適用できます。必要な場合は、定義済みのセルのスタイルを変更して、ユーザー定義のセルのスタイルを作成できます。

    一部のセルのスタイルは、ブック全体に適用されたドキュメントのテーマに基づいています。別のドキュメント テーマに切り替えた場合は、セルのスタイルも新しいドキュメント テーマに基づいて更新されます。

    セルのスタイルの操作方法については、「セル スタイルを適用、作成、または削除する」を参照してください。

  • テーブル スタイル    Excel のテーブルに本格的な書式設定をすばやく設定するには、事前定義された、またはユーザー定義のテーブル スタイルを適用できます。事前定義された 1 行おきのスタイルの 1 つを選ぶと、それらの行をフィルター処理、非表示、または配置を変えたときにも、Excel によって 1 行おきのパターンが保持されます。

    テーブル スタイルの操作方法については、「Excel のテーブルを書式設定する」を参照してください。

  • ピボットテーブル スタイル    ピボットテーブルを書式設定するには、事前定義された、またはユーザー定義のピボットテーブル スタイルを簡単に適用できます。Excel のテーブルの場合と同様に、事前定義された 1 行おきのスタイルを選ぶことができます (行をフィルター処理、非表示、または再配置したときも 1 行おきのパターンが維持されます)。

    ピボットテーブル スタイルの操作方法については、「ピボットテーブル レポートのレイアウトおよび書式をデザインする」を参照してください。

  • グラフ スタイル    事前定義されたスタイルをグラフに適用できます。Excel では、さまざまなグラフ スタイルが事前定義されていて、その中から選ぶことができます。また、必要な場合は、個別のグラフ要素のスタイルを手動で変更すると、スタイルをさらにカスタマイズできます。ユーザー定義のグラフ スタイルは保存できませんが、そのグラフ全体をグラフのテンプレートとして保存して、同様のグラフを作成するときに利用できます。

    グラフ スタイルの操作方法については、「グラフのレイアウトやスタイルを変更する」を参照してください。

特定のデータ (テキストや数値) を目立たせるために、手動でデータの書式を設定できます。手動の書式設定は、ブックのドキュメントのテーマには基づいていませんが、テーマのフォントやテーマの色を選んで使うことはできます。ただし、ドキュメントのテーマを変更したときに、手動の書式は更新されません。1 つのセルや範囲のすべてのデータを一度に手動で書式設定できますが、この方法を使って個別の文字を書式設定することもできます。

書式を設定する方法についてのデータには、手動で、セル内のテキストの書式設定が参照してください。

ワークシート上で異なる種類の情報どうしを区別し、ワークシートを見やすくするために、セルや範囲の周囲を罫線で囲みます。見やすさを強化して特定のデータに注意を引くために、単色の背景色や特定のカラー パターンでセルに網掛けすることもできます。

罫線と背景色があるテキスト

ワークシートのデータ全体にカラフルな背景を設定する場合は、シートの背景として写真を使用することもできます。しかし、シートの背景は印刷されません。ワークシートを画面に表示するときにだけ、背景が表示されます。

罫線と色の使用方法については、次の各項目を参照してください。

ワークシートのセルの罫線を設定、削除する

セルの網かけを適用または

追加またはシートの背景を削除します。

ワークシートのデータを見やすくするために、セル内の文字列の配置を変更することができます。セルの内容の配置を変更したり、インデントを使用して間隔を調整したり、データを回転して異なる角度で表示したりできます。

データの回転は、列見出しの幅が列のデータの幅より大きい場合に特に役に立ちます。不必要に幅の広い列を作成したりラベルを省略したりする代わりに、列見出しのテキストを回転します。

配置とデータの向きを変更する方法については、再配置するセルのデータを参照してください。

ワークシートの一部のセルに対して必要に応じた書式設定が済んでいる場合、その書式設定を他のセルや範囲に簡単にコピーできます。[形式を選択して貼り付け] コマンド ([ホーム] タブの [クリップボード] グループにある [貼り付け]) を使うと、コピー元の書式設定だけを貼り付けることができます。また、[書式のコピー/貼り付け ボタン イメージ ([ホーム] タブの [クリップボード] グループ) を使って、他のセルまたは範囲に書式をコピーして貼り付けることもできます。

また、データ範囲の形式は少なくとも 3 つの 5 つの前の行に既に書式設定し、書式が表示されるデータの範囲の最後にある行を入力すると自動的に追加の行に拡張します。既定では、データ範囲の形式と数式を拡張するためのオプション] がオンもするオンとオフを切り替える必要に応じて ([ファイル] をクリックして >オプション>詳細>拡張する日付範囲と数式([編集オプション) またはExcel 2007の大文字と小文字 Office ボタンの画像Microsoft Office ボタンをクリックして > Excel のオプション>詳細>拡張する日付範囲と数式[編集オプション])。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×