ワークシートの枠線を表示または非表示にする

ワークシートの枠線を表示または非表示にする

枠線とは、ワークシートのセルの間に表示される薄い線のことです。

枠線が表示されているワークシート

枠線を使用する際には、次の点を考慮してください。

  • 既定では、ワークシートの枠線は、Excel によって割り当てられた色を使用して表示されます。 必要な場合は、[次のシートで作業するときの表示設定] ([ファイル] タブ、[オプション]、[詳細設定] カテゴリ) で [枠線の色] をクリックして枠線の色を変更できます。

  • ユーザーは Excel の罫線と枠線を混同することがよくあります。 枠線は、罫線と同様の方法ではカスタマイズできません。 罫線の線の幅やその他の属性を変更する場合は、「ワークシートのセルの罫線を設定、削除する」を参照してください。

  • ワークシートのセルに塗りつぶしの色を適用した場合、それらのセルの枠線は表示または印刷されなくなります。 これらのセルの枠線を表示または印刷するには、セルを選び、[塗りつぶしの色 ボタンの画像 ([ホーム] タブの [フォント]) の横にある矢印をクリックし、塗りつぶしの色を削除するには、[塗りつぶしなし] をクリックします。

    注: 塗りつぶしは完全に削除する必要があります。 塗りつぶしの色を白に変更しても、枠線は非表示のままです。 塗りつぶしの色を保持したまま、セルを区切る線を表示するには、枠線の代わりに罫線を使用します。 詳細については、「ワークシートのセルの罫線を設定、削除する」を参照してください。

  • 目盛線は常にワークシートまたはブック全体に適用され、特定のセルや範囲に適用することはできません。 特定のセルまたはセルの範囲に対して、罫線を選択して適用する場合は、目盛線の代わりに、または枠線に加えて、罫線を使用する必要があります。 詳細については、「ワークシートのセルの罫線を設定、削除する」を参照してください。

ブックをデザインする際には、必要に応じて枠線を非表示にすることができます。

枠線が非表示になっているワークシート

  1. 1 つまたは複数のワークシートを選択します。

    ヒント: 複数のワークシートを選択しているときは、ワークシート上部のタイトル バーに [作業グループ] と表示されます。 ブック内の複数のワークシートの選択を解除するには、選択していないワークシートをクリックします。 画面に表示されているシート見出しをすべて選択している場合は、選択したシートの見出しを右クリックし、[作業グループ解除] をクリックします。

  2. Excel 2007: [表示] タブの [表示/非表示] で、[枠線] チェック ボックスをオフにします。

    [表示/非表示] グループの [グリッド線] チェック ボックス

    他のすべての Excel バージョン: [表示] タブの [表示] で、[枠線] チェック ボックスをオフにします。

    [表示] タブの [グループごとに表示] のオプション

ワークシートの枠線が非表示になっている場合は、次の手順に従って、枠線を再表示できます。

  1. 1 つまたは複数のワークシートを選択します。

    ヒント: 複数のワークシートを選択しているときは、ワークシート上部のタイトル バーに [作業グループ] と表示されます。 ブック内の複数のワークシートの選択を解除するには、選択していないワークシートをクリックします。 画面に表示されているシート見出しをすべて選択している場合は、選択したシートの見出しを右クリックし、[作業グループ解除] をクリックします。

  2. Excel 2007: [表示] タブの [表示/非表示] で、[枠線] チェック ボックスをオンにします。

    他のすべての Excel バージョン: [表示] タブの [表示] で、[枠線] チェック ボックスをオンにします。

注: 枠線は、既定では印刷されません。 印刷されたページに枠線が表示されるようにするには、[枠線] ([ページ レイアウト] タブの [シート オプション]) の [印刷] チェック ボックスをオンにします。

  1. ワークシートを選びます。

  2. [ページ レイアウト] タブをクリックします。

  3. 枠線を表示するには: [目盛線] で [表示] チェックボックスをオンにします。

    枠線を非表示にするには: [枠線] で [表示] チェックボックスをオフにします。

枠線の表示と非表示を切り替えるには、次の手順を実行します。

  1. シートをクリックします。

  2. 枠線を表示するには: [レイアウト] タブの [表示] で、[枠線] チェックボックスをオンにします。

    注: 枠線をカスタマイズすることはできません。 セル周りの線の幅、色、その他の属性を変更するには、[罫線の書式設定] を使用します。

    枠線を非表示にするには: [レイアウト] タブの [表示] で、[枠線] チェックボックスをオフにします。

グリッド線は、ワークシート上のセルを区別するために使用されます。 枠線を使用する場合には、次の点を考慮してください。

  • 既定では、ワークシートの枠線は、Excel によって割り当てられた色を使用して表示されます。 必要ならば、特定のワークシートごとに枠線の色を変更できます。

  • Excel の罫線と枠線は、よく混同されます。 枠線は、罫線と同様の方法ではカスタマイズできません。

  • ワークシートのセルに塗りつぶしの色を適用した場合、それらのセルの枠線は表示または印刷されなくなります。 これらのセルの枠線を表示または印刷するには、塗りつぶしの色を削除します。 塗りつぶしの色は完全に削除する必要があることに注意してください。 塗りつぶしの色を単純に白に変更しても、枠線は非表示のままです。 塗りつぶしの色を保持したまま、セルを区切る線を表示するには、枠線の代わりに罫線を使用します。

  • 目盛線は常にワークシートまたはブック全体に適用され、特定のセルや範囲に適用することはできません。 特定のセルまたはセルの範囲に対して線を選択して適用する場合は、目盛線の代わりに、または枠線に加えて、罫線を使用する必要があります。

Excel でグリッド線を使用することに慣れている場合は、 Web 用 Excel ワークシートでそれらの表示と非表示を切り替える方法がよくわからない場合があります。 Web アプリは既存のグリッド線を表示または非表示にしますが、表示と非表示を切り替える方法はまだ用意されていません。

グリッド線がないワークシート

Excel デスクトップアプリケーションからワークシートの枠線を表示または非表示にすることができます。

  1. Excel デスクトップアプリケーションをお持ちの場合は、[ excel で開く] をクリックします。

  2. Excel では、[表示] をクリックして [目盛線] を表示し、枠線を非表示にしてオフにします。

    グリッド線があるワークシート

ワークシートの編集が完了したら、ワークシートを保存すると、 Web 用 Excelで開いた場所に自動的に保存されます。

Web 用 Excel 、Office デスクトッププログラムでシームレスに動作します。 最新バージョンの Office を今すぐ試用または購入ください。

Excel Web App 機能の更新について確認するには、 Microsoft Excel のブログを参照してください。

関連項目

Word、PowerPoint、または Excel で枠線を表示または非表示にする

ワークシートの枠線を印刷する

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×