ワークシートの枠線の色を変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

既定では、ワークシートの枠線は、[自動] に割り当てられた色を使用して表示されます。枠線の色を変更するには、次の手順に従います。

  1. 枠線の色を変更するワークシートを選択します。

    その方法は?

    選択する対象

    操作

    1 つのセル

    目的のセルをクリックするか、または方向キーを使用して目的のセルに移動します。

    セル範囲

    選択範囲の先頭のセルをクリックし、末尾のセルまでドラッグするか、または Shift キーを押しながら方向キーを押して選択範囲を決定します。

    選択範囲の先頭のセルを選択してから F8 キーを押して、方向キーを使用することで選択範囲を広げることもできます。選択範囲を決定するには F8 キーをもう一度押します。

    大きいセル範囲

    選択範囲の先頭のセルをクリックし、Shift キーを押しながら、末尾のセルをクリックします。末尾のセルが画面に表示されていない場合は、スクロールすると表示できます。

    ワークシート上のすべてのセル

    全セル選択ボタンをクリックします。

    [すべて選択] ボタン

    ワークシート全体を選択するには、Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

    注: ワークシートにデータが含まれている場合、Ctrl キーを押しながら A キーを押すと、アクティブなセル領域が選択されます。もう一度 Ctrl + A キーを押すと、ワークシート全体が選択されます。

    隣接していないセルまたはセルの範囲

    最初のセルまたはセルの範囲を選択した後、Ctrl キーを押しながら、他のセルまたは範囲を選択します。

    先頭のセルまたはセルの範囲を選択した後、Shift キーを押しながら F8 キーを押して、隣接していないセルまたは選択範囲を追加することもできます。セルまたは選択範囲を決定するには、もう一度、Shift キーを押しながら F8 キーを押します。

    注: 隣接していないセルまたはセルの範囲の選択を取り消すには、選択全体を取り消す必要があります。

    行全体または列全体

    行見出しまたは列見出しをクリックします。

    行見出しと列見出しが表示されているワークシート

    1. 行見出し

    2. 列見出し

    先頭のセルを選択してから、Ctrl キーと Shift キーを押しながら方向キー (行の場合は→キーまたは←キー、列の場合は↑キーまたは↓キー) を押すことで、行または列内のセルを選択することもできます。

    注: 行または列にデータが含まれている場合は、Ctrl キーと Shift キーを押しながら 矢印キーを押すことで、アクティブなセルの末尾まで行または列が選択されます。Ctrl キーと Shift キーを押しながら 矢印キーをもう一度押すと、行または列の全体が選択されます。

    隣接した行または列

    行見出しまたは列見出しに沿ってドラッグします。あるいは、選択する先頭の行または列をクリックし、Shift キーを押しながら、末尾の行または列をクリックします。

    隣接していない行または列

    選択範囲の先頭の行または列で列見出しまたは行見出しをクリックし、Ctrl キーを押しながら選択範囲に追加する行または列の行見出しまたは列見出しをクリックします。

    行または列の最初または最後のセル

    行または列内のセルをクリックし、Ctrl キーを押しながら方向キー (行の場合は→キーまたは←キー、列の場合は↑キーまたは↓キー) を押します。

    ワークシートまたは Microsoft Office Excel テーブルの最初または最後のセル

    ワークシートまたは Excel リストの最初のセルを選択するには、Ctrl キーを押しながら Home キーを押します。

    ワークシートまたは Excel リスト内のデータまたは書式を含む最後のセルを選択するには、Ctrl キーを押しながら End キーを押します。

    ワークシート上のアクティブな末尾のセル (右下隅) までのすべてのセル

    先頭のセルを選択し、Ctrl キーと Shift キーを押しながら End キーを押して、ワークシート上で使用されている末尾のセル (右下隅) まで選択範囲を広げます。

    ワークシートの先頭までのすべてのセル

    最初のセルを選択し、Ctrl キーと Shift キーを押しながら Home キーを押して、ワークシートの先頭までセルの選択範囲を広げます。

    現在の選択範囲より広いセルまたは狭いセル

    Shift キーを押しながら、新しい選択範囲に含める最後のセルをクリックします。アクティブ セルからクリックしたセルまでの四角形の領域が、新しい選択範囲になります。

    ヒント: セルの選択を取り消すには、ワークシート内の任意のセルをクリックします。

  2. [ファイル] タブをクリックします。

  3. Excel で、[オプション] をクリックします。

  4. [詳細設定] カテゴリで、[次のシートで作業するときの表示設定] の [枠線を表示する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  5. [枠線の色] ボックスで、目的の色をクリックします。

    [Excel のオプション] ダイアログ ボックスの [枠線の色] の設定

    ヒント: 枠線を既定の色に戻すには、[自動] をクリックします。

次の手順

ワークシートの枠線の色を変更したら、次の手順を実行できます。

  • 枠線を表示します。   画面上で目立つ枠線を罫線と線のスタイルを試すことができます。これらの設定は、[ホーム] タブの [フォント] グループにあります。

    [罫線] ボタン

  • 枠線を印刷します。   既定では、Excel ではワークシートの枠線は印刷されません。目盛線を印刷するページの表示にする場合は、印刷するワークシートを選択します。ページ レイアウト] タブで、シートのオプション] で [枠線には、[印刷] チェック ボックスを選択します。印刷するには、ctrl キーを押しながら P キーを押します。

    目盛線を印刷するオプション

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×