ワークシートの最後のセルを特定してリセットする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ブックを保存すると、各ワークシートの中でデータまたは書式の存在する部分だけが Microsoft Office Excel によって保存されます。空のセルに書式が適用されていると、データを含んでいるセルの範囲から外れているにもかかわらず、その空のセルが行または列の最後のセルと見なされる場合があります。これが原因でブックのファイル サイズが必要以上に大きくなり、ワークシートやブックの印刷時に必要以上に多くのページが印刷されることがあります。

このような問題を回避するには、ワークシート上でデータまたは書式を含む最後のセルを特定し、データと最後のセルの間にある空白行または空白列に適用されている書式をすべてクリアして、最後のセルをリセットします。

目的に合ったトピックをクリックしてください

データまたはワークシートの書式を含む最後のセルを検索します。

最後のセルとデータのすべての書式をクリアします。

ワークシート上でデータまたは書式を含む最後のセルを特定する

  • データまたは書式を含む最後のセルを特定するには、ワークシート上の任意の場所をクリックし、Ctrl キーを押しながら End キーを押します。

注: 行または列内の最後の位置にあるセルを選択するには、End キーを押しながらキーまたはキーを押します。

ページの先頭へ

最後のセルとデータの間にあるすべての書式をクリアする

  1. 次のいずれかを実行します。

    • データを含んだ最後の列の右側に存在するすべての列を選択するには、最初の列見出しをクリックし、Ctrl キーを押したまま、選択する各列の列見出しをクリックします。

      ヒント: 最初の列見出しをクリックし、Ctrl キーと Shift キーを押したまま End キーを押す方法もあります。

    • データを含んだ最後の行の下にあるすべての行を選択するには、最初の行見出しをクリックし、Ctrl キーを押したまま、選択する各行の行見出しをクリックします。

      ヒント: 最初の行見出しをクリックし、Ctrl キーと Shift キーを押したまま End キーを押す方法もあります。

  2. [ホーム] タブの [編集] グループで、[クリア] ボタン ボタン イメージ の横にある矢印をクリックし、[すべてクリア] をクリックします。

  3. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 ] をクリックし、[保存] をクリックします。

  4. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 ] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

    ブックを再度開くと、データの最後のセルが、ワークシートの最後のセルとして認識されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×