ワークシートのデータ リストに小計を挿入する

[小計] コマンドを使用して、リストで列の小計と総計を自動的に計算できます。

重要: 小計は、Excel のテーブルではサポートされません。Excel のテーブルで作業している場合、[小計] コマンドは淡色表示されます。テーブルに小計を追加するには、最初にテーブルを通常のデータのセル範囲に変換した後、小計を追加する必要があります。この操作を行うと、データからテーブルの書式以外のすべてのテーブル機能が削除されます。または、ピボットテーブルを作成することができます。

小計を挿入する場合

  • 小計     SUBTOTAL 関数が使用され、合計、平均などの集計関数で計算されます。各列に複数の種類の集計を表示できます。

  • 総計     小計の値からではなく、詳細データから計算されます。たとえば、集計方法として平均を使うと、総計行には小計値の平均ではなく、リスト内のすべての詳細データの平均が表示されます。

自動集計の例

数式を自動的に計算するようにブックを設定している場合、[小計] コマンドを使用すると、詳細データを編集すると同時に小計と総計の値が自動的に再計算されます。また、[小計] コマンドを使用すると、リストにアウトラインが適用され、各小計の詳細行の表示/非表示を切り替えることができます。

注:  小計を含むデータをフィルター処理する場合、小計は非表示になる可能性があります。再表示するには、フィルターをすべて解除します。フィルターの適用に関する詳細については、「クイック スタート: オートフィルターを使用してデータをフィルター処理する」を参照してください。

  1. 小計を計算するデータの範囲の各列で最初の行に列見出しがあること、同じ列には同じ種類のデータが入力されていること、およびセル範囲内に空白行または空白列が含まれていないことを確認します。

  2. 範囲内のセルを 1 つ選択します。

  3. 次のいずれかを行います。

    入れ子になっていない小計を挿入する

    次の例のように、入れ子になっていないデータのグループの小計を挿入できます。

    自動集計の例

    1. "スポーツ" 列を変更するたびに ...

    2. "売上" 列の小計が計算されます。

    1. グループ化するデータが含まれている列を並べ替えるには、目的の列を選択し、[データ] タブの [並べ替えとフィルター] で [昇順] または [降順] をクリックします。

    2. [データ] タブの [アウトライン] グループにある [小計] をクリックします。

      Outlook のリボンの画像

      [集計の設定] ダイアログ ボックスが表示されます。

    3. [グループの基準] ボックスで、小計を計算する列をクリックします。たとえば、上の例の場合、[スポーツ] をクリックします。

    4. [集計の方法] ボックスの一覧で、小計の計算に使用する集計方法をクリックします。たとえば、上の例の場合、[合計] をクリックします。

    5. [集計するフィールド] ボックスの一覧で、小計を計算する値が入力されている各列のチェック ボックスをオンにします。たとえば、上の例の場合、[売上] をクリックします。

    6. 各小計の後に自動改ページを挿入する場合、[グループごとに改ページを挿入する] チェック ボックスをオンにします。

    7. 集計行を詳細行の上に挿入するには、[集計行をデータの下に挿入する] チェック ボックスをオフにします。集計行を詳細行の下に挿入するには、[集計行をデータの下に挿入する] チェック ボックスをオンにします。たとえば、上の例の場合、チェック ボックスをオフにします。

    8. 手順 1. ~ 7. を繰り返して [小計] をもう一度使用し、別の集計方法を使用した小計を追加できることがあります。既存の小計を上書きしないようにするには、[現在の集計表と置き換える] チェック ボックスをオフにします。

    入れ子になった小計を挿入する

    次の例のように、対応する外側のグループ内に、内側の入れ子になったグループの小計を挿入できます。

    外側の小計と入れ子になった小計の例

    1. 外側の "地域" 列が変更されるたびに ...

    2. その地域の売上が集計され、その都度、内側の "スポーツ" 列の売上が集計されます。

    1. グループ化するデータが含まれている列を並べ替えるには、目的の列を選択し、[データ] タブの [並べ替えとフィルター] で [昇順] または [降順] をクリックします。

    2. 外側の小計を挿入します。

      外側の小計を挿入する方法

      1. [データ] タブの [アウトライン] グループにある [小計] をクリックします。

        Outlook のリボンの画像

        [集計の設定] ダイアログ ボックスが表示されます。

      2. [グループの基準] ボックスで、外側の小計を計算する列をクリックします。たとえば、上の例の場合、[地域] をクリックします。

      3. [集計の方法] ボックスの一覧で、小計の計算に使用する集計方法をクリックします。たとえば、上の例の場合、[合計] をクリックします。

      4. [集計するフィールド] ボックスの一覧で、小計を計算する値が入力されている各列のチェック ボックスをオンにします。上の例の場合、"売上" 列のチェック ボックスをオンにします。

      5. 各小計の後に自動改ページを挿入する場合、[グループごとに改ページを挿入する] チェック ボックスをオンにします。

      6. 集計行を詳細行の上に挿入するには、[集計行をデータの下に挿入する] チェック ボックスをオフにします。集計行を詳細行の下に挿入するには、[集計行をデータの下に挿入する] チェック ボックスをオンにします。たとえば、上の例の場合、チェック ボックスをオフにします。

      7. 手順 1. ~ 6. を繰り返して [小計] をもう一度使用し、別の集計方法を使用した小計を追加できることがあります。既存の小計を上書きしないようにするには、[現在の集計表と置き換える] チェック ボックスをオフにします。

    3. 入れ子になった小計を挿入します。

      入れ子になった小計を挿入する方法

      1. [データ] タブの [アウトライン] グループにある [小計] をクリックします。

        Outlook のリボンの画像

        [集計の設定] ダイアログ ボックスが表示されます。

      2. [グループの基準] ボックスで、入れ子になった小計を計算する列をクリックします。たとえば、上の例の場合、[スポーツ] をクリックします。

      3. [集計の方法] ボックスの一覧で、小計の計算に使用する集計方法をクリックします。たとえば、上の例の場合、[合計] をクリックします。

        必要に応じて、その他のオプションを選択します。

      4. [現在の集計表と置き換える] チェック ボックスをオフにします。

    4. さらに入れ子になった小計を設定する場合、一番外側の小計から順番に上の手順を繰り返します。

ヒント: 小計と総計だけを表示するには、行番号の隣にある 1 2 3 (アウトライン記号) をクリックします。各小計の詳細行の表示/非表示を切り替えるには、 プラスマイナス を使用します。

  1. 小計が含まれているセル範囲内のセルを選択します。

  2. [データ] タブの [アウトライン] グループにある [小計] をクリックします。

    Outlook のリボンの画像

  3. [集計の設定] ダイアログ ボックスの [すべて削除] をクリックします。

ページの先頭へ

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×